ローカルSEO(MEO)とは?メリットや効率的な集客アップの方法

口コミアカデミー 0円すべて無料 口コミサイトの運営やノウハウが学べる、店長限定の無料のオンラインスクール

集客の際にマップエンジンにおいて検索順位の上位に食い込むためには、ローカルSEOMEO)を行うことが効果的です。しかし初めてローカルSEOMEO)に取り組む際には、その仕組みや、何から始めればよいかわからないことも多いでしょう。

本記事ではローカルSEOMEO)の仕組みやメリット、やり方、役立つツールなどについて紹介します。

関連記事:基礎から学ぶ「Google マイビジネス」まずは店舗を登録して集客につなげよう

Googleマイビジネスは、2021.11.5よりGoogle ビジネスプロフィールという名称に変更されました。
これに伴い、2022年にスマートフォン向けGoogleマイビジネスのアプリが終了します。
アプリ終了前に、これまでと同じように快適に使えるよう今から準備しておきましょう!

\30秒でダウンロード完了/

無料マニュアルをダウンロードする>>

ローカルSEO(MEO)とは

MEO」とは、「Map Engine Optimization(マップエンジン最適化)」の略称で、位置情報や「地域名+キーワード」などの特定の地域や場所を含んだ検索において、検索結果の順位を上げるマーケティング手法であることから「ローカルSEO」とも呼ばれています

ローカルSEOMEOは同じ意味で使われますが、ローカルSEOという言葉が欧米で普及しているのに対しMEOは日本独特の呼び方のようです。

ローカルSEO(MEO)とは

※Googleマイビジネスは、2021.11.5よりGoogle ビジネスプロフィールという名称に変更されました。これに伴い、2022年にスマートフォン向けGoogleマイビジネスのアプリが終了します。アプリ終了前に、これまでと同じように快適に使えるよう今から準備しておきましょう!

MEO対策とは|意味・集客効果の高い業界・具体的な手法を解説

※Googleマイビジネスは、2021.11.5よりGoogle ビジネスプロフィールという名称に変更されました。これに伴い、2022年にスマートフォン向けGoogleマイビジネスのアプリが終了します。アプリ終了前に、これまでと同じように快適に使えるよう今から準備しておきましょう!

ローカルSEO(MEO)の仕組み

検索エンジンとして世界でも圧倒的なシェアを誇るGoogleでは、検索をした際にユーザーが知りたいと思う記事を優先的に検索結果の上位に表示するアルゴリズムを組んでいます。特にユーザーが検索した場所によって検索結果が変わる「ローカル検索」では、関連性、距離、知名度という3つが検索順位の決定に重要な要素です。

関連性は、検索したキーワードとローカルリスティング店舗の登録情報)がどれくらい一致しているかという評価を指します。居酒屋を例に挙げると、ユーザーが個室の落ち着いた雰囲気で食事がしたいと考えている場合「居酒屋 個室」などと検索する可能性が高いです。その際、登録している情報が居酒屋だけの店舗と完全個室居酒屋との表示がある店舗では、後者の方が上位表示される可能性が高まります。

距離はキーワードに含まれる場所から検索結果の店舗までの距離を指します。また、キーワードに場所が含まれない場合、ユーザーの現在地情報からの距離が計算され、検索結果に反映されます。

知名度は、店舗の知名度そのものを指します。多くの人に知られていれば、それだけ上位表示されやすくなります。Googleの口コミ数やスコアも順位を決める要素の一つであり、高評価の口コミを多く集めることで掲載順位を上げることができます。その他にも、Webの自店舗以外の記事上で紹介されリンクが貼られているなど、様々な判断材料があります。

ユーザーの求める検索結果の上位に表示されやすいコンテンツを作成することがサイト集客への近道となり、こうしたアルゴリズムへの対策を「SEO(Search Engine Optimization / 検索エンジン最適化)」と呼び、ローカル検索の対象となる地図エンジン最適化を「MEO」と呼びます。

MEOは、Googleの無料ビジネスサポートサービスである「Googleマイビジネス」を効果的に使うことで対策できます。

Googleマイビジネスでランキング上位になるには?MEO対策について解説

※Googleマイビジネスは、2021.11.5よりGoogle ビジネスプロフィールという名称に変更されました。これに伴い、2022年にスマートフォン向けGoogleマイビジネスのアプリが終了します。アプリ終了前に、これまでと同じように快適に使えるよう今から準備しておきましょう!

【初心者向け】Googleのアルゴリズムとは?MEO対策の基本を紹介

MEO(Map Engine Optimization/マップエンジン最適化)とは、Googleの地図エンジンのアルゴリズムに最適化するようコンテンツを調整し、インターネット上での露出を増やす施策を指します。 MEO対策を続けることで、ユーザーの位置情報を基にした「ローカル検索」で上位に表示させられるようになります。

ローカルSEO(MEO)のメリットとは

MEO対策を行いGoogle上で検索上位3位以内に入ると、検索結果上部に表示されるとGoogleマップ検索結果枠に店舗周辺の地図とGoogleマイビジネスの情報が表示されます。上位表示されると、ニーズを持つユーザーが店舗情報を見つけやすくなり、検索によるサイト(Googleマイビジネス)への集客増加が見込める、という効果があります。

ローカルSEOMEO)を行うメリットは3つあります。

1つ目は集客に直結しやすいということです。ローカル検索では、ユーザーは地名などのキーワードを入れて検索するため、もともと自店舗の近くにいるか、自店舗のあるエリアを目的としていることが多くSEO対策より集客が成功する可能性が高いと考えられます。

2つ目に店舗の雰囲気を伝えやすいというメリットがあります。Googleマイビジネスに登録することで、Google ストリートビュー(インドアビュー)を導入できるようになります。店内を360°掲載できるため、ユーザーは実際に店舗に訪れる前に店内の様子を知ることができ、雰囲気などから興味を持ってもらい、来店につなげることもできます。

3つ目に、競合相手が少ないことが挙げられます。SEO対策はGoogleの検索結果全てに対して上位を目指さなければならないのに対し、ローカルSEOローカル検索が対象のため、競争相手が近郊の競合店舗のみに絞られます。

MEO対策のメリット・デメリットとは?上位表示の仕組みや具体的なやり方を解説

ローカルSEO(MEO)とSEO、リスティング広告との違い

上記でも少し触れていますが、MEOとSEOの最大の違いは、表示最適化の対象が異なることです。SEOはキーワード検索の表示最適化を図ることであるのに対し、MEOローカル検索の表示最適化を図ることを指します。

また、ローカル検索は、ユーザーのいる位置によって検索結果が変わる点が特徴です。

MEOの意味とは?SEOとの違いや上位表示のための具体的な対策について紹介

MEO(Google Mapの地図エンジンで最適化を図ること)が店舗の集客対策として注目されています。SEOとともに語られることが多い言葉ですが、MEO対策を行うにあたり、それぞれの特徴や違いを理解することは重要です。この記事では、MEOの概要、SEOとの違い、MEO対策を行うメリットや具体的な対策方法について解説します。関連記事:基礎から学ぶ「Google マイビジネス」まずは店舗を登録して集客につなげようGoogleマップとは?Googleマイビジネスとは?マップとの違いなぜ今Goog...

リスティング広告MEOの違いは、広告かどうかという点にあります。リスティング広告とは、検索の際に検索結果の上方と下方に広告を表示する機能のことです。広告費を支払い広告を設定し、設定したキーワードが検索された際に検索結果ページの上方、下方に広告が表示される仕組みです。

Googleでの検索だけでなくYahoo!などの検索エンジンにもリスティング広告サービスがあります。ユーザーが広告をクリックした数に応じて掲載しているサイトに費用が発生します。

対してMEOは、広告費をかけずに無料のGoogleマイビジネスを活用することで対策ができます。

MEOとリスティング広告の違いは?MEO対策をすべき4つの理由

オンラインマーケティングの話題で頻出する単語に「MEO」と「リスティング広告」があります。店舗の情報をユーザーの目につきやすい場所に表示させる点は共通していますが、その手法は似て非なるものです。混同されてしまうこともある両者の違いや、MEOへの取り組み方について紹介します。関連記事:基礎から学ぶ「Google マイビジネス」まずは店舗を登録して集客につなげようGoogleマップとは?Googleマイビジネスとは?マップとの違いなぜ今Googleマイビジネスが重要なのか。5つの理由Googl...

ローカルSEO(MEO)の方法

GoogleマップローカルSEOMEO)を行うにはGoogleマイビジネスへの登録が必要となります。

ここからはGoogleマイビジネスの登録方法について紹介します。

Googleマイビジネスへの登録

Googleマップに自店舗を登録するにはGoogleマイビジネスへの登録が必要となります。登録する際には、Googleアカウントを取得していることが前提となります。

Googleアカウントの取得方法についてはここでは省略します。

まず、Googleマイビジネスを開き、右上にある「利用開始」をクリックします。すると、「ビジネス名を入力してください。」という画面が現れます。入力後、「ユーザーが実際に訪れることができる場所を追加しますか」という言葉が出てきたら、「はい」を選択します。

次は住所登録になります。ビジネス拠点の住所を登録してください。

その後、ビジネスカテゴリの選択と連絡先の登録になります。電話番号だけでなく公式サイトのURLも登録できます。

入力が完了するとGoogleから確認コードが書かれたハガキが郵送で届き、届いたコードを入力すると登録が完了します。確認コードの入力には有効期限があるためハガキが届き次第すぐに入力しましょう。

Googleマップ登録方法と手順

Googleマイビジネスに登録をすることによって、Googleマップにお店の情報が掲載されるため、多くのユーザーの目にとまるようになります。しかしGoogleマップにどのように登録をしたらいいのかわからないという人も多いのではないでしょうか。この記事では、Googleマップの登録方法と活用方法について詳しく紹介します。

ローカルSEO(MEO)役立つツール・本・企業紹介

ここからはローカルSEOMEO)を行うときに役立つ様々なものを紹介していきます。

ローカルSEO(MEO)に役立つツール

ローカルSEOMEO)に取り組む際に、まずは自店舗が地図エンジン内で検索順位の何番目に表示されるか把握しておきましょう。その際に必要となるのが「順位チェックツール」です。

無料のものから有料のものまで様々なツールがあるため、その中から合うものを選ぶ必要があります。

以下の記事では6種類のツールを紹介しています。

お探しのページは見つかりませんでした(404 ERROR)

店舗ビジネスの集客・マーケティング担当者様向けのニュースメディア「口コミラボ」。近年、ウェブ上でのレピュテーション・マネジメントが重要性を増していることから、GoogleマイビジネスなどのローカルSEO(MEO対策)などの口コミ集客ノウハウを中心とした情報を配信しております。また、集客・経営のハウツーや、業界動向などに関わるコンテンツも充実しています。

ローカルSEO(MEO)に役立つ本

続いてはローカルSEOMEO)の対策本です。

本の種類も初心者向けにわかりやすく解説しているものから上級者向けのものまで様々なため、間違ったレベルのものを選んでしまうとうまく活用できない恐れがあります。

以下では初心者におすすめの対策本を紹介しています。

【初心者向け】MEO対策のオススメ本3選|初心者が心配しない本選びと始めるメリットとは?

主にGoogle マップにおいて、検索された時に上位表示となるように最適化を行うMEO(Map Engine Optimization)ですが、どのように取り組むべきかわからないという経営者も少なくないでしょう。またMEOに関する知識や対策を知るに、本を購入しようと思ってもたくさんの種類がありどれを手にとって良いか悩む方も多いでしょう。この記事では、MEOに関するオススメの本、MEOの概要、メリットについて解説します。関連記事:基礎から学ぶ「Google マイビジネス」まずは店舗を登録して...

ローカルSEO(MEO)に役立つ企業

ローカルSEOMEO)の代行会社について説明します。自社で対策を行う十分なリソースを確保できない場合は、代行会社を活用してMEO対策を行うことも手段の一つです。しかし、代行会社も様々あるため、会社選びに失敗してしまうとうまく集客に繋がらない恐れがあります。

企業を選ぶ際は、会社の実績、料金プラン、順位チェックツールの3点に注意して選ぶと良いでしょう。

以下の記事ではポイントの詳細や代行会社3選を紹介しています。

【MEO対策】失敗しない会社選びのポイントとオススメ企業を紹介

地図エンジンにおいて上位の検索結果として表示されるために、

失敗しないローカルSEO(MEO)業者の選び方

上記でも示した通り、インターネットでの集客を利用する人が増える中、代行会社の数も増えています。きちんと対策をしてくれる会社はたくさんありますが、中には悪質な業者も紛れています。

選び方を失敗してしまうと他の代行会社と比べて料金を高く取られてしまうことや、ガイドラインで禁止されている方法を取ることで依頼している事業者側がペナルティを負うこととなってしまう場合もあります。

以下の記事では実際に会った悪質な事例や、悪質な業者の見分け方について詳しく解説しています。

増えるMEO対策の営業、悪質な業者を見抜くには?注意すべきポイントを解説

飲食店をはじめ、各種の店舗から注目を集めているMEOですが、悪質な業者が多いこと言われています。そのような業者を避けるためには、MEOについてしっかりと理解しておく必要があります。そこで今回はMEOの悪質な業者を見抜く方法について紹介します。関連記事:基礎から学ぶ「Google マイビジネス」まずは店舗を登録して集客につなげようGoogleマップとは?Googleマイビジネスとは?マップとの違いなぜ今Googleマイビジネスが重要なのか。5つの理由Googleマイビジネスの登録手順、徹底解...

悪質なMEO業者が増えている?被害を受けないための注意点と業者の選び方

※Googleマイビジネスは、2021.11.5よりGoogle ビジネスプロフィールという名称に変更されました。これに伴い、2022年にスマートフォン向けGoogleマイビジネスのアプリが終了します。アプリ終了前に、これまでと同じように快適に使えるよう今から準備しておきましょう!

ローカルSEO(MEO)についてある程度理解したうえで対策を

ローカルSEOMEO)は近年注目されている集客対策の一つであり、成功すれば多くの集客が見込めるでしょう。

しかし、ローカルSEOMEO)の知識が全くないまま対策を始めても効果は得られにくく、また、悪質な業者を見抜けなかった場合には利益が半減してしまう可能性があります。

紹介した記事を参考に、ローカルSEOMEO)についての知識をある程度深めたうえで対策すると良いでしょう。

口コミラボ 最新セミナー紹介&最新版MEOまとめ

口コミコム トレンドLIVE! Vol.2 〜Google、口コミなどのマーケティング最新情報をお届け〜

今、Web施策として注目されている「Googleマップ」や「口コミ」

これらをマーケティングに活用するために知っておくべき情報や、話題のニュースに関連した最新情報をお届けするトークシリーズ「口コミコム トレンドLIVE!」の第二弾!

第二弾となる今回は…

  • ローカル検索対策の最前線TIPS
  • エキスパートが語る、Googleマップの注目問題
  • Google・口コミ関連最新トレンドニュース 2024年6月版

など、今話題となっているGoogle口コミのあるべき姿や、施設運営者としての口コミへの向き合い方についてお伝えします。

登壇するのは、口コミコム のアドバイザーであり、Googleのダイアモンドプロダクトエキスパートとしても活動中の永山卓也氏。Googleマップや口コミ対応などに詳しい永山氏から、最新のニュースやマーケティングノウハウについてわかりやすく解説いただきます!

詳しくはこちらをご覧ください。
口コミコム トレンドLIVE! Vol.2 〜Google、口コミなどのマーケティング最新情報をお届け〜

【24年5月版 Googleマップ・MEO最新情報まとめ】

MEOに関わるサービス「Googleマップ」「Googleビジネスプロフィール」や、各種地図アプリ・口コミサイトは日々更新を続けており、その全容を把握するのは難しくなっています。

そこで口コミラボでは、MEO・口コミマーケティングに役立つ最新ニュースをまとめた「Googleマップ・MEO最新情報まとめ」を毎月発行しています。

本記事では、2024年4月〜5月の情報をまとめたレポートのダイジェストをお届けします。

※ここでの「MEO」とは、Google上の店舗・施設情報の露出回数を増やしたり、来店行動につなげたりすることで、Google経由の集客を最大化させる施策を指します。
※『口コミアカデミー 』にご登録いただくと、レポートの全容を無料でご確認いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。
Googleビジネスプロフィール「チャット機能(メッセージ)」終了、7月末で / ビジネス情報の停止報告相次ぐ、「非店舗型」ビジネスでは要注意【2024年5月版 Googleマップ・MEOまとめ】

口コミアカデミー 0円すべて無料 口コミサイトの運営やノウハウが学べる、店長限定の無料のオンラインスクール

関連するオススメ記事

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。