【初心者向け】Googleのアルゴリズムとは?MEO対策の基本を紹介

口コミアカデミー 0円すべて無料 口コミサイトの運営やノウハウが学べる、店長限定の無料のオンラインスクール

MEO(Map Engine Optimization/マップエンジン最適化)とは、Googleの地図エンジンのアルゴリズムに最適化するようコンテンツを調整し、インターネット上での露出を増やす施策を指します。 MEO対策を続けることで、ユーザーの位置情報を基にした「ローカル検索」で上位に表示させられるようになります。

この記事では、

  • MEOの概要
  • Google地図エンジンのアルゴリズム
  • SEOとの違い
  • MEOのポイント

について解説します。 

関連記事:基礎から学ぶ「Google マイビジネス」まずは店舗を登録して集客につなげよう

Googleマイビジネスは、2021.11.5よりGoogle ビジネスプロフィールという名称に変更されました。
これに伴い、2022年にスマートフォン向けGoogleマイビジネスのアプリが終了します。
アプリ終了前に、これまでと同じように快適に使えるよう今から準備しておきましょう!

\30秒でダウンロード完了/

無料マニュアルをダウンロードする>>

MEO対策の基本

取り組むにあたり、MEOの基本的な部分を理解することが必要です。 とくに「Googleアルゴリズム」「SEOとの違い」はよく把握しておくと良いでしょう。

そもそもMEOとは

MEOとはMap Engine Optimization(マップエンジン最適化)の頭文字をとったもので、Googleマップ向けの地図エンジンにおける最適化を図ることを指します。 

ここでの「最適化」とは、検索結果の上位に表示されることを目指し、当該Webサイトの露出を増やすことを目的としています。 検索結果での露出を増やすことで多くのユーザーの目に触れる環境をつくり、オンラインプロモーションの一環にするのがMEO、SEOの最終目標です。 

Googleアルゴリズムへの対策

Googleは検索エンジンや地図エンジンで検索結果を表示する際、独自のアルゴリズムを導入しています。 

アルゴリズムとはユーザーの検索意図やニーズを汲み取り、求められているものに合致するWebサイトを上位の検索結果として表示するためのもので、定期的にアップデートされています。 アルゴリズムの全貌は公開されていないものの、さまざまな検証により対策方法が一部明らかになっています。 

SEO対策と何が違う?

SEO対策とは、外部リンク獲得のための取り組みやWebコンテンツの内容拡充によって、Google自然検索エンジンで上位表示を目指す施策を指します。一方のMEO対策とは、Google地図エンジンで上位に表示させるための施策のことです。 

自然検索エンジンと地図エンジンでは検索順位を決定するためのアルゴリズムが異なるため、同じキーワードを入力しても、表示される検索結果が異なります。とるべき対策もそれぞれのアルゴリズムに合わせて変える必要があります。 

関連記事
MEO対策とは|意味・集客効果の高い業界・具体的な手法を解説

Googleアルゴリズムを紹介

Googleの地図エンジンのアルゴリズムに対応するためには、情報量、距離、知名度の3つがポイントとなります。 対策のひとつに「距離」が含まれるところが、MEOならではの特徴です。 

以下ではMEOアルゴリズムについて解説します。 

1. 情報の充実

MEO対策を考える上でポイントとなるのが、店舗に関する情報の多さです。 

情報量が多ければ多いほどユーザーは店舗を見つけやすくなり、お店について理解しやすくなります。 

  • 営業時間
  • 定休日
  • ジャンル
  • 席数
  • 料理やお店の写真

など、ユーザーが必要とするであろう情報はできる限り詳細に、たくさん記載するよう心がけましょう。 

また、記載されている情報を統一させることもポイントです。 ホームページやSNS、ブログなどに書かれている店名や電話番号、住所などの表記を統一すると情報の信頼性が高まるため、MEO対策に有効だとされています。

2. 距離

MEO対策の最大のポイントともいえるのが「距離」です。 

位置的要因が重視されるMEOでは、検索しているユーザーの位置情報や、検索キーワードに含まれる地名と店舗の距離によって、検索結果の順位が変動します。 

店舗の住所を変更することはできないため、正しい住所を必ず記載することがポイントです。 Googleマイビジネスでは必須項目とされているため、入力間違いに気を付けましょう。

商圏内にいるユーザーにしっかりとアプローチするために、店舗で運営しているホームページやSNSにも正確な住所を記載します。

3. 知名度

知名度は地図エンジンの検索結果の順位を決める際、情報量や距離とならぶ重要な評価基準です。 よく知られているものほど上位に表示され、あまり知られていないと順位が下がる傾向にあります。 

多数のユーザーからSNSでシェアされたり、いろいろなホームページやブログで紹介されたりすることで、「知名度が高い」と認識されるようになります。

効果的なMEO対策3つ

MEOにおける主なポイントは情報量、距離、知名度の3つですが、具体的にはどのような対策が効果的なのでしょうか。 以下では代表的なMEO対策を紹介します。

1. 口コミを増やす

知名度の高いビジネスであると認識してもらうために、口コミを増やすことが重要です。 

店内での掲示や直接の会話を通じて、店舗の利用客に口コミの投稿を促すと良いでしょう。 

また、寄せられた口コミに必ず返信することが大切です。 アルゴリズムにおける信頼性を高めるだけでなく、その口コミを見たユーザーにも良い印象を与えます。 

良い内容の口コミの方が高評価につながりますが、人工的に投稿を増やすことはガイドラインに反しています。作為的ではない、自然な投稿が増えるような工夫が必要です。

2. 写真や動画の掲載

写真や動画を掲載すると店舗の情報量が増え、ユーザーが求める情報に出会いやすくなります。 外観や店内、サービス概要、おすすめメニューなどがわかるような、さまざまな視覚コンテンツを掲載しましょう。 個室やカウンター席など、座席タイプが複数ある場合には、それぞれの写真を掲載することも効果的です。 Googleストリートビューで店内のパノラマ画像を掲載しても良いでしょう。 

3. 検索キーワード

エリアと業種名の掛け合わせからなる「検索キーワード」と店舗情報の関連性を高めると、検索結果の順位が上がる可能性も高まります。 

Googleマイビジネス内に検索キーワードに関連する語句を盛り込むことによって、検索キーワードと関連性の高いビジネスであることをアピールすることができます。 

関連記事
MEO対策の手法とは
MEO対策のメリットとは?

アルゴリズムを理解して適切な対策を

MEO対策を行う際は、SEOとは異なるアルゴリズムで検索結果の順位が決まっていることを理解し、地図エンジンを意識した対策をとる必要があります。 

アルゴリズムをふまえたMEO対策で商圏内にいるユーザーにアプローチし、ビジネスチャンスを拡大させていきましょう。 

2/29(木)開催「春先に向けたオンライン・オフライン集客施策のポイント」


口コミラボを運営する株式会社movでは、「春先に向けたオンライン・オフライン集客施策のポイント」についての無料オンラインセミナーを開催します。

オフライン施策(チラシ・DM・ポスティング等)や、「比較検討・来店促進」を行うためのオンライン施策について解説いたします。

詳しくはこちら

春の店舗販促の「勝ち筋」を見つける オンライン・オフライン集客で注意すべきポイント

口コミアカデミー 0円すべて無料 口コミサイトの運営やノウハウが学べる、店長限定の無料のオンラインスクール

関連するオススメ記事

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。