ぐるなびの店舗登録方法|エントリー会員・有料加盟についても解説

飲食店情報を提供しているウェブサイトのぐるなびに店舗を掲載するには、飲食店がぐるなびに対し掲載を申し込む必要があります。ぐるなびの店舗向け会員に申し込むことによって、飲食店は店舗ページをぐるなびに開設できます。

この記事では、ぐるなびの飲食店向けプランの種類、さらに「ぐるなびPRO」という店舗情報を管理するサービスについて解説します。

関連記事
ぐるなびとは?導入のメリットとは
ぐるなびに店舗を登録する
ぐるなびで上位表示されるには?
食べログとぐるなびの違いとは?

ぐるなびに店舗情報を掲載、2種類の会員プラン

ぐるなびには「エントリー会員」と「有料加盟」の2種類のプランが用意されています。

エントリー会員は無料で登録でき、有料加盟は文字通り登録に料金がかかるプランで、それぞれで受けられるサービスや使える機能が異なります。

1. エントリー会員:無料・店舗の簡易情報を掲載

無料で登録できる「エントリー会員」は、店舗の名前や住所、店舗のPRといった情報を掲載、更新でき、これらの情報はぐるなびの検索結果でも表示されます。

加えて、店舗のページへのアクセスに関するデータも取得できるほか、ぐるなびが独自に実施する調査の結果をまとめたレポートが閲覧できるなど、集客に関するデータ収集ができる点が特徴です。これらのデータを自店の集客改善に活かすことでより多くの新規顧客の獲得が期待できます。

また、季節の食材やグッズなどの商品をぐるなびから特別価格で購入することができます。

2. 有料加盟プラン:店舗の詳細情報の掲載やサポートを受けられる

「有料加盟」プランに登録することで、エントリー会員よりもさらにできることが増えます。

その1つが店舗ごとに提案される年間販促計画の利用です。販促計画は「新規顧客の獲得」「業務支援」「顧客の分析と管理」という3つの観点から策定されるため、店舗経営全般のサポートが受けられます。

2つ目がネットからの予約を受け付けられることです。予約受付は24時間対応で、その場で予約が確定する即時予約であるため、顧客の取りこぼしを防げます。さらに予約をした顧客に向けて直接メッセージを送ることもできます。

3つ目が多言語に対応できることです。ぐるなび上の自店舗のページが英語、韓国語、中国語簡体字、中国語繁体字の4言語に対応できるようになります。

ぐるなびにエントリー会員として登録する方法

まず、無料で登録できる「エントリー会員」への登録方法を紹介します。エントリー会員は、すでに店舗情報が掲載されている場合と、これから新しく掲載する場合に分かれていますが、いずれも申請フォームから申し込みが必要です。

1. 新規登録する場合

新しく店舗の情報を登録する場合には、新規登録のページから登録を進めます。まず専用のページから店舗の名前や住所、電話番号などの情報を入力してください。

ぐるなびの登録画面(1)
▲ぐるなびの登録画面(1):口コミラボ編集部スクリーンショット

続いて申し込み者の氏名生年月日などの情報を入力します。

ぐるなびの登録画面(2)
▲ぐるなびの登録画面(2):口コミラボ編集部スクリーンショット

入力が完了したら、会員規約や注意事項を確認後、申請を完了させてください。

ぐるなびの登録画面(3)
▲ぐるなびの登録画面(3):口コミラボ編集部スクリーンショット

申請後ぐるなびにて審査が開始され、審査に通過後「ぐるなびPRO for 飲食店」のIDとパスワードが店舗に郵送されます。登録から受け取りまでは1週間ほどかかるとされています。

また店舗が実在しているかどうか確認できない場合には、営業許可証のコピーなどの書類提出が求められることがあります。

事前に準備期間を見積もり、必要な書類を揃えておくことで、手続きをスムーズに進められます。

2. すでに店舗情報が存在する場合

すでに何らかの方法で店舗情報が掲載されている場合には、登録申請のページから店舗名や住所を検索します。

ぐるなびの登録画面(4)
▲ぐるなびの登録画面(4):口コミラボ編集部スクリーンショット

検索して表示される結果のページから、右側の「エントリー会員に申請」というリンクをクリックすることで申請手続きを進められます。

ぐるなびの登録画面(5)
▲ぐるなびの登録画面(5):口コミラボ編集部スクリーンショット

申請手続きでは、店舗の情報はすでに入力されているため、申請者の情報の入力や注意事項の確認を行います。その後の手順は新しくエントリー会員に登録する場合と同様です。

有料加盟の手続きは資料請求・お問い合わせから

「有料加盟」への登録手続きは資料請求・問い合わせのページから必要な情報を入力することで進められます。まずは、資料の送付先の情報を入力します。

ぐるなびの登録画面(6)
▲ぐるなびの登録画面(6):口コミラボ編集部スクリーンショット

その後、店舗情報問い合わせの内容といった情報を入力し申請することで登録できます。

ぐるなびの登録画面(7)
▲ぐるなびの登録画面(7):口コミラボ編集部スクリーンショット

店舗の情報を管理できる「ぐるなびPRO」とは

ぐるなびに登録することで、「ぐるなびPRO」という飲食店支援サービスが利用可能になります。

ぐるなびPROは、ぐるなび上の店舗情報の管理以外にも飲食店経営に役立つさまざまな情報の収集が行え、エントリー会員でも利用できるサービスです。サービス内容について解説します。

様々な角度から店舗経営を支援

大規模に店舗を経営している飲食店であれば集客や経営のノウハウを蓄積させている店舗もあるでしょう。しかし個人経営の店舗や、小規模な店舗では集客がうまくいかない理由や予約管理がうまくいかない理由について分析するのが難しい場合も少なくありません。

ぐるなびPROでは、そうした店舗に向けて、店舗の課題リサーチや情報提供、研修機会やツールの提供を通じて多角的なサポートを行っています。

利用できる代表的なサポートは以下の通りです。

  • 人材の採用や育成に関するサポート
  • 販促や新規顧客、リピーターの獲得に関するサポート
  • 予約や売上管理に関するサポート
  • 発注管理に関するサポート
  • 決済手段に関するサポート

その他にも、店舗は経営に必要なあらゆるサポートを受けることができます。

飲食店向けの講座「ぐるなび大学」を利用できる

ぐるなびPROでは、飲食店向けに開講されている「ぐるなび大学」という講座も受講可能です。ぐるなび大学とは、飲食店の経営や集客、その他の課題解決についての情報を提供しているセミナーです。

ぐるなび大学では、ぐるなびが抱える多くのユーザーのビッグデータから得られた、経営のヒントを学ぶことができます。店舗の規模や立地に適した受講スタイルを選べることも特徴の一つです。

また、実際に飲食店経営に成功したオーナーの話も聞けるため、データのみならず現場の生の声を参考にしながら店舗経営ができます。

ぐるなびへの店舗登録は飲食店への集客促進手段

ぐるなびに店舗登録する場合には、無料の「エントリー会員」と有料の「有料加盟」の2種類のプランから適切なプランを選べます。

エントリー会員でも有料会員が利用できるサービスの一部を利用できるようになっており、目的次第ではエントリー会員で十分というケースもあるかもしれません。エントリー会員の場合は専用サイトのフォームから申請し、有料加盟の場合は資料請求から申請を進めます。

飲食店でぐるなびへの登録を検討する際には、店舗の目標を明確化し、費用対効果も十分に考慮した上でプランを選ぶことが重要です。

<参照>

ぐるなびぐるなび掲載のご案内

ぐるなびPRO for 飲食店:エントリー会員募集

ぐるなびPRO:ぐるなびPROとは

ぐるなび大学:ぐるなび大学とは

コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

「コロナで売上がガクッと落ちてしまったから新しい集客方法をやらないと…」「自粛で営業時間が頻繁に変わるがネット上の情報が変えられていない…」そんな悩みを「口コミコム」がまとめて解決します!

\7,000店舗以上が導入!詳細はバナーから/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」を運営する株式会社movが提供する口コミ集客支援ツールです。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。

店舗・施設を登録しよう!口コミサイト・OTAのリンク集

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。