不動産会社がMEO対策で集客を成功させるコツ6選!始め方や注意点も紹介

口コミアカデミー 0円すべて無料 口コミサイトの運営やノウハウが学べる、店長限定の無料のオンラインスクール

昨今、Googleマップは「お店探し」のツールとして広く使われるようになっています。そうしたなか、実店舗でビジネスをする上で欠かせないのがMEO対策です。これは不動産会社であっても例外ではありません。

MEO対策は、店舗オーナーが管理できる「Googleビジネスプロフィール」を活用します。Googleビジネスプロフィールを適切に管理・運用することでユーザーの目に留まりやすくなり、集客効果が期待できます。

不動産会社がなぜMEO対策を実施したほうがいいのか、また何から始めたら良いのかなどを解説します。

MEOとは

MEOとは、Map Engine Optimizationの略で、「ローカルSEO」や「マップエンジン最適化」とも呼ばれます。MEO対策は一般的に、Googleマップなどで上位表示されるための施策を打ち、ユーザーの目にとまる機会を増やして店舗集客の向上を目指す施策のことを指して使われることが多くなっています。

MEO対策は、「Googleマップや、Google検索に表示される店舗や施設情報」における施策です。これらの情報を整備し、店舗の魅力をGoogleや検索しているユーザーに伝えることで集客につなげることが重要です。なお、Google マップなどに掲載される店舗情報を整備するには Googleビジネスプロフィールを活用します。

無料お役立ち資料 【Googleビジネスプロフィール 基礎から学ぶ!】をダウンロードする→こちらから

GoogleマップGoogle検索を利用してお店や施設の情報を検索するユーザーが増えているいま、飲食店小売店観光施設などの実店舗における重要な集客施策として、MEOが注目されています。

しかしGoogleビジネスプロフィールのダイアモンドプロダクトエキスパートである永山氏は、「MEOの定義は定まっていないので注意が必要」といいます。

MEOは日本で生まれた言葉で、海外では使用されていません。Google公式の言葉でもないため、『Googleマップにおける表示順位を上げること』をMEOと呼ぶ人もいれば、『Googleビジネスプロフィールの項目を設定すること』をMEOと呼ぶ人もいます。たとえば『MEO対策をサポートします』などという営業を受けた場合などは、MEOが何を指しているのかしっかり確認するようにしてください」

<関連記事>

不動産会社がMEOに取り組んだほうがいい理由

不動産会社がMEOに取り組んだほうがいい理由とは何でしょうか。4つのポイントに絞って解説します。

1. 集客の大きな流入経路の1つになる

住みたい物件候補を不動産ポータルサイトで探してサイト上でそのまま不動産会社に問い合わせるユーザーもいれば、住みたいエリアがあり、その地域の不動産会社を探して相談するユーザーもいます。

最近では、Google検索やGoogleマップで「渋谷 不動産会社」などと検索する人も増えています。SNSで店舗を知ったとしても、実際にお店に足を運ぶ場合はGoogleマップなどを使った地図検索は欠かせません。Googleに掲載されている店舗情報は、とくに知名度が低いお店にとっては、自社ホームページやSNSなどよりもユーザーの目に触れる機会が多いといえるでしょう。

ホームページやSNSで集客につなげるにはそれなりの時間と労力が必要です。ホームページはユーザーにとって重要な情報源になりますが、集客につなげるためには、いわゆるSEO対策などによって上位に表示させるための施策が不可欠です。自作すれば無料で制作できますが、ドメイン代などのコストは継続して必要です。業者に依頼するのであれば小規模なホームページでも10万円以上は要します。

SNSは無料で利用できますが、集客するためにはフォロワーを増やしたりたくさんシェアしてもらったり。日々、物件の情報などを発信してアカウントを育てる必要があります。実際にSNSアカウントを運用したことのある方なら、SNSから集客につなげるには、かなりの労力が必要であることが容易に想像がつくはずです。

一方、Google検索やGoogleマップなら、Googleビジネスプロフィールを使って店舗情報を整備するだけで、すぐに集客につながる可能性があり、さらに後半に紹介する6個のコツを実践するだけでさらなる集客効果が期待できます。

集客したい不動産会社にとっては集客の大きな流入経路の1つになりうるため、ぜひMEO対策に取り組んでみてください。

2. 来店見込みの高いユーザーに店舗情報を届けられる

不動産会社に直接足を運ぶユーザーは、ある程度エリアの候補を決めてから「どの不動産会社に行こうか」と検討する傾向にあります。エリアを絞って検索をしたユーザーのGoogleマップ上に表示された不動産会社は、来店候補にあがりやすくなります。

集客対策として不動産ポータルサイトへ掲載するのと同じく、とくに都市部では多くの不動産会社がMEO対策を実施しています。もちろん基本的な情報を入力するほか、最新情報を発信するだけでもある程度は集客が期待できます。効果的な施策を行うことで、さらに集客の一助になるでしょう。

3. 掲載料0円(無料)で集客できる

不動産ポータルサイトなどに掲載する場合は掲載料金や手数料が発生しますが、Googleビジネスプロフィールは無料で利用できます。

SNSも無料で始められますが、前述した通り、集客するためにはある程度の労力と期間が必要です。MEOであれば無料で始められるだけでなく、ポイントをおさえればすぐに集客効果が期待できることから、集客を強化したい不動産会社はMEO対策をしたほうがいいといえるでしょう。

【Q&A】不動産会社がMEO対策をするデメリットはある?

とりわけデメリットはありませんが、なかには登録作業や発信作業、情報更新することに手間がかかることをデメリットに感じる人もいるようです。

また、しいてデメリットを挙げるなら、Googleビジネスプロフィールでは機能やポリシーなどが頻繁にアップデートされるうえ、その内容をGoogleから公式で発表されないこともあるので、自身で最新情報をキャッチアップするのが困難な点です。なお、口コミラボではMEOの確かな情報を発信しています。すべての情報を鵜呑みにするのではなく、ぜひ口コミラボや、永山氏監修の「口コミアカデミー」でMEOについて学んでみてください。

<関連記事>

無料でできる!不動産会社が知っておきたいMEO対策の始め方

Googleビジネスプロフィールへ登録することがMEO対策のスタートラインです。ここでは、Googleビジネスプロフィールの登録方法を紹介します。まずはGoogleのアカウントを取得してから、以下の流れで登録をしてください。

1. 地点登録されているか確認する

まずはGoogleマップを開き、店舗名などを検索して、地点登録されているかチェックします。これはGoogleや第三者が事前に登録していることがあるためです。

検索後、マップ上に赤いピンがあるかどうかを確認しましょう。

2. オーナー権限を申請する

すでに地点登録されていれば、検索で表示された店舗の「このビジネスのオーナーですか?」をクリックし、オーナー権限を申請します。

地点登録されていなければ、Googleビジネスプロフィールのログイン画面から登録しましょう。

3. Googleから送られてくる確認コードを入力する

続いてはオーナー確認を完了させます。これまではGoogleから郵送されてくるハガキに確認コードが記載されていて、それを入力することでオーナー確認が完了していました。

しかし2024年6月現在、ハガキによるオーナー確認は廃止され、動画によるオーナー確認が主流になっています(チェーン店ですでに他の店舗を登録している場合は、例外的に電話やメールで認証できることがあります)。

オーナーとして承認されたら、ビジネス名や住所、営業時間などの基本情報を登録しましょう。そのほか、口コミへの返信や投稿機能、パフォーマンスなどが利用できるようになります。

Googleビジネスプロフィールの基本的な内容については永山氏が監修した「Googleビジネスプロフィール 基礎から学ぶ!」で詳しく紹介しています。あわせてご確認ください。

無料お役立ち資料 【Googleビジネスプロフィール 基礎から学ぶ!】をダウンロードする→こちらから

不動産会社がMEO対策で集客するコツ6個

最後に、不動産会社がMEO対策で集客するコツを6個紹介します。

1. Googleに掲載される情報を充実させる

ビジネス名や営業時間などの基本情報以外にも、写真や動画などを充実させましょう。ユーザーは不動産会社選びをするにあたって、店舗やスタッフの雰囲気なども重視しています。情報を充実させることでユーザーに店舗の魅力を伝えられ、来店のきっかけになるはずです。

また、情報を充実させることでキーワード対策にもつながります。どんなに特徴的で魅力のある不動産会社でも、その情報がどこにも掲載されていなければ、検索に引っかかることすらありません。店舗の情報から関連付けられたキーワードと、ユーザーが打ち込むキーワードが一致すればするほど露出が増え、多くの来客につながる可能性が高まります。

キーワードの重要性については、「MEO対策で重要なキーワードの選定方法とは?選ぶときの注意点や具体的な対策方法も紹介」で詳しく紹介しています。あわせてご確認ください。

2. さまざまな写真・動画を掲載する

さまざまな写真を掲載するのが集客を最大化させるセオリーの1つです。店舗の外観や店内だけでなく、スタッフの顔写真など、「親身に相談にのってくれそう」という期待感を持ってもらえるようにさまざまな写真や動画を掲載するようにしてください。​​具体的には、以下のような写真・動画を掲載すると良いでしょう。

  • スタッフの写真:スタッフの個性や親しみやすさなどがアピールできる写真・動画
  • サービスを提供中の写真:接客中や物件を紹介している様子の写真・動画
  • 外観の写真:店舗の正面からだけでなく、さまざまな角度からの写真
  • 店内の写真:店舗の内装や雰囲気が伝わる写真、お客様が来店された際、実際に座る席の写真など

また、物件写真を掲載するのも効果的です。豊富な情報量をアピールできるよう、さまざまな物件の写真や動画を掲載するのが良いでしょう。物件写真の掲載についてGoogle投稿ガイドラインでは禁止していませんが、所有者の同意なしに公開することは認められていません。掲載する際は住民のプライバシーなどにも配慮するようにしてください。

<参照>

Googleビジネスプロフィールヘルプ:ビジネス プロフィールの写真や動画に関するポリシーと投稿に関するコンテンツ ポリシー

3. 最新情報を継続して投稿・更新する

GoogleビジネスプロフィールにはブログやSNSのように情報を発信する投稿機能があります。この投稿機能を使って、店舗最新情報を継続して投稿するようにしましょう。

投稿する内容は不動産会社によって異なりますが、たとえば最新の物件情報はもちろん、「仲介手数料無料」「契約をせかしません!」など、自社の魅力となる内容を投稿するのがおすすめです。

ユーザーにとって役立つ情報を随時更新することで、来店のきっかけにつながるのは想像がつくはずです。また、Goolgeに対しては、投稿の内容や語句に関して関連性が向上し、検索結果にポジティブな影響をもたらします。

Googleは継続的に発信している店舗評価する傾向にあるので、こまめに更新することがおすすめです。とはいえ、投稿回数が多ければ多いほど効果があるわけではないので注意してください。場合によってはスパムと判断される可能性もあります。永山氏の経験則によると、週に1〜2回を目安に投稿するのがおすすめです。

Googleマイビジネス時代、投稿しても1週間経過すると表から表示されなくなる仕様でした。つまり1週間に1回は最新情報投稿しなければ、投稿が何もない状態が生まれてしまったのです。常に最新情報を表示させるため、だいたい週に1〜2回を目安にすることを以前からおすすめしていました。仕様が変わった今でも根本的には変わらず、頻度はそのくらいがおすすめです。いまは1週間経っても表示されなくなるわけではありませんが、根本が変わっているわけではないはずですので、週に1〜2回を目安に投稿するようにおすすめしています」

また、永山氏は注意点として「まったく同じ内容の投稿ガイドライン上NG」という点をあげています。

「以前はこのガイドラインはなかったため、毎日同じ内容をコピペして投稿するお店もあったのですが、現在これを行うと、投稿が否決されたり、ビジネスが停止されたりする可能性があります。それでも日替わり弁当の写真を使い回して投稿するなど、過去と同じ内容を投稿したい場合は、文章表現を変えるなどといった工夫が必要になります」

<関連記事>

4. 口コミで店舗の信頼度向上につなげる

MEO対策では、口コミを集めることがとても重要です。マーケティングリサーチ事業を行うクロス・マーケティングが、全国18~69歳の男女を対象に実施した「オンライン上の口コミ利用に関する実態調査」によると、約8割がオンライン上の口コミを閲覧していることがわかりました。

口コミは第三者の意見であるため、信頼度向上につながり、ユーザーが店舗を訪れるかどうか、検討する際に重要な指標になります。

永山氏によれば「口コミを多く集めることで、お店に紐付く情報が豊富、かつ紐付けが強化され、検索結果にポジティブな影響をもたらす」といいます。その理由として、以下のように説明します。

投稿機能を使って一生懸命投稿しても、検索に引っかからないとご相談いただくケースがあります。もちろん、それで引っかかるようになる改善ケースもあるのですが、どうしても引っかからないこともあります。投稿機能はあくまでお店側の発信情報です。お店とお客様の両方の情報が揃っているほうが、Googleはより強く情報の紐付けを行えるので、口コミでも投稿機能で発信した内容に言及されることで状況が改善する可能性があるのです」

口コミの集め方については、「口コミの集め方 3つのポイント!口コミの重要性、良い口コミを効果的に増やす7つの方法を解説」で詳しく紹介しています。参考にしてください。

<参照>

5. キーワードを選定する

検索される語句を想定してキーワードを洗い出し、戦略に応じて選定するようにしましょう。どんなに魅力的なお店であっても、そもそも検索に引っかからなければ見つけてもらえません。例えば仲介手数料が無料なのに「仲介手数料無料」で検索に引っかからない、または土地を扱っているのに「土地」で検索に引っかからなければ来店に結びつきません。

お店の情報から関連付けられたキーワードと、ユーザーが打ち込むキーワードが一致すればするほど露出が増え、多くの来客につながる可能性が高まるため、MEO対策においてはキーワード選定が重要といわれるのです。

キーワードの選定方法や具体的な対策方法は「MEO対策で重要なキーワードの選定方法とは?選ぶときの注意点や具体的な対策方法も紹介」の記事で詳しく紹介しています。あわせてご確認ください。

6. サイテーションを獲得する

サイテーションは日本語で「言及」や「引用」という意味の言葉で、ウェブサイトで言及されることで、それを検索エンジンが検索結果に紐付けたり、引用されたりすることを指します。たとえばSNSでさまざまなユーザーに店舗商品の名前を言及してもらうことで、サイテーション効果を得て、その結果キーワードとの関連性が高まり、検索結果にいい影響を及ぼします。

お店から情報発信するだけでなく、来店してくれたお客様にSNSでの拡散を呼びかけることで、よりサイテーション効果が期待できるでしょう。

SNSであれば店舗名など、ブログであれば店舗名の他に住所や電話番号などがしっかりと記載されていなければサイテーション効果を得られない可能性があります。その理由として永山氏はこう説明します。

「たとえば『居酒屋永山』というお店があったとします。SNSに投稿するときに『永山で飲んできた』などと投稿する場合が多いのですが、Googleは『居酒屋永山』として認識できないのでサイテーション効果を得られません。しっかりと『居酒屋永山で飲んできた』と、Googleビジネスプロフィールビジネス名に登録してある店舗名で投稿してもらうことが重要です。そのためには、お店が公式に店舗ハッシュタグを決め、それを記載してもらうなどの工夫があると良いでしょう」

MEO対策をする際の注意点

MEO対策をする際には、いくつかの注意点があります。注意すべきポイントを3つ紹介します。

1. ガイドラインを遵守する

いい口コミを自分で投稿するほか、第三者に報酬を支払って口コミ投稿を依頼することはガイドラインに違反するため、禁止されています。高評価の口コミは検索結果にポジティブな影響を与えるために有効ですが、実際に利用したユーザーの投稿でなければなりません。

また、割引やキャンペーンなどで口コミを集めることも禁止されています。Googleは事実に基づいた顧客体験を重視しているため、口コミの集め方には注意しましょう。

レビューの投稿や否定的なレビューの修正または削除と引き換えに、インセンティブ(支払い、割引、無料の商品サービスなど)を提供する行為。

引用:禁止および制限されているコンテンツ

口コミについては、「もう悩まない!『口コミ』との向き合い方」で徹底的に解説しています。永山氏監修の資料で、ネットでは検索できない貴重な情報がふんだんに詰まっています。こちらからダウンロード(無料)してください。

2. MEOの支援会社に依頼する際は慎重に

事業規模、エリア、業種業態によっては、より有効な施策を打つためにMEOの実績とノウハウを持ったMEO対策の支援業者へ依頼することも選択肢の1つです。

ただし、昨今のMEO対策への需要の高まりに伴い、MEOのノウハウがないのに営業活動を行う悪質な業者も増えています。よくある悪質な手口については「悪質なMEO業者が増えている?被害を受けないための注意点と業者の選び方」の記事で紹介しています。依頼する場合には、業者選びのポイントをおさえて慎重に検討するようにしましょう。

3. 順位がすべてではない

MEO対策を「順位を上げること」と捉えている人が多くいます。しかし、順位がすべてではないので注意が必要です。たとえばGoogleマップで「渋谷 不動産会社」と調べて、1位や2位に表示されている不動産会社を選んで来店する人はどれくらいいるでしょうか。多くの場合はリストアップされたたくさんの不動産会社のなかから、さまざまな条件を比較して来店するでしょう。

確かに1位と40位では来店数に開きが出てくるかもしれませんが、1位と9位では、「順位が高いから」という理由で来店数に開きが出てくるわけではないはずです。順位を上げることよりも、情報を充実させることなどに注力しましょう。

4. 不動産物件そのものはGoogleビジネスプロフィールに登録できない

なかには、マンションやアパートなどの物件そのものをGoogleビジネスプロフィールに登録し、集客しようと考えている不動産会社もあるのではないでしょうか。

しかしGoogleビジネスプロフィールは、不動産会社がサービスを提供する店舗の情報を登録するためのものであり、管理している不動産物件の情報を登録することはできません。

ビジネス プロフィールを掲載できないビジネス
別荘、モデル住宅、アパートの空き部屋などの不動産賃貸物件や販売物件。ただし、販売または賃貸業務を行うオフィスはオーナー確認の対象になります。
引用:ビジネスの適格性とオーナー権限に関するガイドライン

販売または賃貸業務を行うオフィスの登録は可能ですが、不動産賃貸物件や販売物件はGoogleビジネスプロフィールの登録対象外です。注意しましょう。

不動産会社が集客力をアップするためにはMEO対策は必須!

不動産ビジネスにおいて、MEO対策がいかに重要なのかをお伝えしてきました。今よりももっと集客力をアップし、売上向上につなげるためにはMEO対策は必須です。

しかし、「もっと本格的にMEO対策を実施したい」「自分でMEO対策するにはどうしたらいいんだろう……」と悩む人も少なくないはずです。そんな方には永山氏監修の「Googleビジネスプロフィール 基礎から学ぶ!」がピッタリです。

ネットには掲載されていない貴重な情報も惜しみなく紹介しています。ぜひチェックしてみてください

口コミラボ 最新版MEOまとめ

【24年6月版 Googleマップ・MEOまとめ】

MEOに関わるサービス「Googleマップ」「Googleビジネスプロフィール」や、各種地図アプリ・口コミサイトは日々更新を続けており、その全容を把握するのは難しくなっています。

そこで口コミラボでは、MEO・口コミマーケティングに役立つ最新ニュースをまとめた「Googleマップ・MEO最新情報まとめ」を毎月発行しています。

本記事では、2024年5月〜6月の情報をまとめたレポートのダイジェストをお届けします。

※ここでの「MEO」とは、Google上の店舗・施設情報の露出回数を増やしたり、来店行動につなげたりすることで、Google経由の集客を最大化させる施策を指します。
※『口コミアカデミー 』にご登録いただくと、レポートの全容を無料でご確認いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。
Google口コミの「ステマ」に措置命令 / Googleビジネスプロフィール 開業前登録に要注意【2024年6月版 Googleマップ・MEOまとめ】


口コミアカデミー 0円すべて無料 口コミサイトの運営やノウハウが学べる、店長限定の無料のオンラインスクール

関連するオススメ記事

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。