緊急事態宣言、飲食店の売上減少を食い止めるには…今こそ取り組みたいオンライン施策6選

新型コロナウイルスの感染再拡大により、2回目の緊急事態宣言の発令が1月7日に決定されることになりました。

またそれに先駆けて、首都圏の1都3県では、営業時間短縮や外出自粛などを要請する「緊急事態行動」が8日から31日まで実施されます。

今回の緊急事態宣言では、飲食店の営業時間短縮が主要な対策となっており、さらなる売上減少が懸念されます。では、少しでも売上減少を食い止めるためにできることはあるのでしょうか。

関連記事
緊急事態宣言、前回との違いは?
緊急事態宣言、前回どうだった・今回どうなる?今こそ読みたい記事リスト
コロナ第3波「時短要請」が無意味かもしれない理由

緊急事態宣言で、これまで以上に「オンライン」での情報発信が重要に

前回の緊急事態宣言(4月7日〜5月25日)では外出自粛要請、飲食店など店舗に対する休業要請が実施されました。

以下は、日本フードサービス協会の調査による飲食店の業態別売上高をグラフ化したものです。緊急事態宣言の影響で飲食業界全体の売上高が減少していることがわかります。そして今もほとんどの業態で完全回復には至っていません。

飲食店 売上高
▲2020年10月までの飲食店の業態別売上高:口コミラボ編集部作成

今回の緊急事態宣言でも、飲食業界は大きな打撃を受けることが予想されます。

そこで、飲食店の売上減少を少しでも食い止めるためには、オンラインでの積極的な情報発信が必要だと考えます。その理由は3つです。

  1. 事前に目的を決めてから外出するようになるから
  2. これから来店しようとする人に、営業時間などの必要な情報を伝える必要があるから
  3. Google マイビジネスなどのツールは無料で使えて、集客力が高いから

以下で1つずつ解説します。

1. 事前に目的を決めてから外出するようになるから

今回の緊急事態宣言では、1回目と違い外出自粛は20時以降と限定的ですが、それでも外出は減るでしょう。また「緊急事態宣言」という言葉の重みで、制限されていない20時以前の外出や1都3県以外の外出も減るおそれがあります。

当然ながら、外出機会が減少すれば、「外出した先でふらっと飲食店に入る」といったことも減ります。

無闇に移動することを避け、事前に目的を決めてから外出する「目的意識の強い外出」が増えるでしょう。

そのため外出するより前にお店の情報を知ってもらう必要があり、オンラインでの情報発信がより重要になってきます。「安全・安心」を求めるコロナ禍では、家から近い距離にある・行ったことのあるお店が好まれるため、特に地域住民や既存顧客にどれだけアピールできるかが鍵となるでしょう。

2. これから来店しようとする人に、営業時間などの必要な情報を伝える必要があるから

飲食店を探す際、Google マップや食べログ上では営業中だったので行ってみたら休業中だった、という経験をしたことがあるのではないでしょうか。そうなってしまうと、お店に入っていなくても印象は悪くなってしまいますよね。

緊急事態宣言下では営業時間を短縮して営業するお店が増えるため、営業時間外に来店してしまうという問題が発生しやすいと考えられます。

また、これから来店しようとする人は「自分が行こうとする時間にお店が開いているのか」と不安を感じるでしょう。確実に営業しているとわかっているお店と、そうでないお店の2択であれば、前者を選ぶ人が多いはずです。

そのため、お店が営業していることや、営業時間をオンラインでアピールするべきです。仮にこれまで通り営業するとしても、不安を払拭するためにその旨を伝える必要があります。

また、コロナ対策ができているかどうかをアピールすることも今まで以上に重要になります。テイクアウトやデリバリーなどに対応できる場合は、その情報も積極的に発信しましょう。

コロナ禍でやるべき「Googleマイビジネス」更新、3つのポイントを解説:営業時間の変更、健康・安全情報追加、テイクアウト・デリバリー情報追

新型コロナウイルスの感染拡大により、通常と異なる店舗営業になることが増えています。営業時間や実施しているコロナ対策、テイクアウト・デリバリーへの対応の有無などをGoogle マイビジネスに追加すると、ユーザーに選んでもらいやすくなる可能性があります。そこで本記事では、コロナ禍の店舗営業でやるべき「Googleマイビジネス」更新の3つのポイントを紹介します。関連記事Googleマイビジネスをはじめよう!"緊急事態"の今発信すべきは「営業時間」「テイクアウト対応」Google マイビジネスへの...


3. Google マイビジネスなどのツールは無料で使えて、集客力が高いから

Google マイビジネスなどの店舗情報管理ツールやSNSなど、多くのユーザーを抱えていてかつ無料で整備できるツールが多くあります。

Google マップなど地図アプリは近くにあるお店を見つけやすく、見つけたあとはお店までの道もわかるため離脱しづらいという特徴があり、集客力が高いツールだといえます。一方SNSはお店の存在やメニューを周知したり、消費者と直接コミュニケーションを取ったりするのに向いています。

Google マイビジネスやSNSなど、今まで整備できていなかった店舗データを整備するとともに積極的に情報発信することで、お店と消費者との接点が増えて来店してもらいやすくなります。これが、少しでも飲食店の売上減少を食い止めるためにできる施策の一つだといえるでしょう。

なぜ今「Googleマイビジネス」が重要なのか。5つの理由を徹底解説

Google 検索やGoogle マップで位置情報を有効にして「レストラン」と検索したり、「地域名+ホテル」といった "場所"の情報を含むキーワードで検索したりすることを「ローカル検索」と呼びます。近年、ローカル検索で得た情報をもとに、店舗の公式サイトなどを見ずに来店する人が増えてきたといい、ローカル検索で表示されるビジネス情報を管理できるGoogle マイビジネスの重要性が高まっています。そこで本記事では、Google マイビジネスの重要性や、Google マイビジネスを使ってやるべきこ...


コロナ禍の情報発信に使うべき、無料Webツール6選

1. Googleマイビジネス

Google マイビジネスは、Google マップに載っている店舗情報をオーナーが管理できる無料のツールです。

まずは登録し、情報を整備しましょう。

Google マイビジネスの基本的な情報や、登録手順は以下で詳しく解説しています。

関連記事:基礎から学ぶ「Google マイビジネス」まずは店舗を登録して集客につなげよう

基本的な情報を登録できたら、コロナ対策などの情報を積極的に発信します。営業時間などの重要な情報も、変更があればすぐに更新しましょう。

関連記事:もっと活用!Google マイビジネスで追加すべき情報とは?

ただしGoogle マップ上の情報はユーザーやGoogleによって書き換えられる、いわゆる「改ざん」が発生するため、情報を登録するだけでなく、登録した情報が合っているのか引き続き監視する必要があります。

Googleマップの店舗情報「誰でも勝手に書き換えられる」って知ってた?修正する方法を解説

Google マップ上の店舗情報は、店舗のオーナーでない第三者によって「勝手に書き換えられる」可能性があることをご存知でしょうか。正確に言うと、Google アカウントを持っている人であれば、店舗のビジネス プロフィールから「修正の提案」を行うことができ、それをGoogleまたは店舗側が承認すれば掲載される、という仕組みになっています。では、第三者により店舗情報が書き換えられた場合、どのように対応すれば良いのでしょうか。以下で詳しく解説していきます。関連記事悪質なMEO業者に騙されないで!...

2. 飲食店向け口コミサイト

ネット予約など高度な機能は有料のところが多いようですが、メニューなど簡単な店舗情報の登録は無料となっている口コミサイトも多くあります。

例として、主要なグルメサイトの無料掲載申し込みページを以下に挙げます。

飲食店なら店舗会員になるべき!「食べログ」登録のメリット・無料会員と有料会員の違いについて解説

食べログは国内で最も有名なグルメサイトの一つです。同サービスには圧倒的なユーザー数とプレビュー数が集まっており、集客ツールの1つとして飲食店からの注目も集めています。このように人気サービスでありながら、食べログで店舗会員が受けられるサービスや店舗会員の登録方法についてはあまり広く知られてはいません。この記事では、食べログの店舗会員における新規会員登録の方法、店舗会員が受けられるサービスの内容、無料会員と有料会員の違いについて解説します。 関連記事グルメアプリ「食べログ」登録するべき?飲食店...


ぐるなびに店舗を登録する

ぐるなびは、日本では日常的に使われている数ある飲食店ポータルサイトの一つです。外食するお店を選ぶ際に、インターネットで検索するとぐるなびに掲載されている店舗情報が見つかることも少なくありません。ぐるなびでは、飲食店の検索や店舗情報と口コミの閲覧、来店予約機能が利用できます。飲食店はぐるなびに自店の情報を掲載することができれば、これを通じた集客効果を期待できます。自店をぐるなびの店舗会員として登録すると、店舗情報を掲載できるだけでなく、ぐるなびPROという管理メニューがりようできるようになり...


「Retty」に店舗を登録して集客につなげるには?日本最大級・実名型グルメサービス・店舗ページ・登録のメリットを解説

飲食店を検索する際に、店舗の情報がたくさん掲載されたグルメサイトにアクセスして探すという人も多いのではないでしょうか。ぐるなびや食べログ、ホットペッパーグルメが代表的なサービスでしょう。近年、こうした老舗グルメサイトに加えて、注目度が高まっているグルメサイトが「Retty」です。Rettyの特徴は「実名SNS型サイト」という点にあります。今回は、Rettyへの登録方法や、登録するメリットなどについて詳しく見ていきましょう。実名型グルメサイトRettyとは?登録するには?Rettyは、「Re...


ホットペッパーグルメに店舗を登録するには

ホットペッパーグルメは国内の大手グルメサイトです。飲食店は、このサービスに店舗を会員登録できます。会員登録すると、販促ツールの利用やネット予約ページの設置などの会員サービスが利用できるようになります。また、ユーザー数や予約数においても確かな実績を有するホットペッパーグルメに店舗情報を掲載することで集客効果が見込めるでしょう。この記事では、ホットペッパーグルメの登録方法やサービス内容について解説します。 関連記事ネット予約可能店舗数No.1のホットペッパーグルメホットペッパーはリクルートが運...

3. Yahoo版Googleマイビジネス「Yahoo!プレイス」

Yahoo!版GoogleマイビジネスともいわれるYahoo!プレイスは、Yahoo!ロコ(施設情報サイト)上に店舗の公式情報を無料で掲載できるツールです。

スマートフォンでの検索エンジンのシェア率をみてみると、Googleが70%以上で1位ではあるものの、Yahoo!も約25%と決して少ない割合ではありません。4人に1人が使っている計算になります。

Yahoo!検索で「ラーメン 渋谷」など場所に関連する検索を行うと、以下の画像のようにYahoo!ロコ上の店舗情報やマップ(※)が表示されることがあります。徐々にGoogle 検索と似たような機能が実装されているようです。

※Yahoo!地図。モバイルではYahoo!MAPと呼ばれる

Yahoo! ローカル検索
▲Yahoo!検索で「ラーメン 渋谷」と検索した結果:口コミラボ編集部スクリーンショット

Yahoo!検索でお店を見つけた人のために、Google マップだけでなくYahoo!ロコにも店舗情報を掲載しておきましょう。

Yahoo!プレイスの基本的な情報や、登録方法は以下で解説しています。

Yahoo!プレイスの費用と登録|ロコとの関係とGoogleマイビジネスの違い

Yahoo!プレイスは、Yahoo!JAPANの地図情報サービス「Yahoo!ロコ」や、検索エンジンの「Yahoo!検索」などと連携して使える入稿ツールです。Yahoo!プレイスでは登録と利用に料金がかからず、インターネット上での申し込みと審査を経て利用を開始できます。Googleの「Googleマイビジネス」と機能や料金面で共通する点が多いことから、両者は比べ合わされることが多々あります。なかでもYahoo!プレイスの場合は、40代以降のミドルシニア〜シニア世代の利用者が多く、こうした世...

4. LINE公式アカウント

LINE公式アカウントは、LINEの「タイムライン」に情報を投稿したり、ユーザーに直接メッセージを送信したりできるビジネス向けアカウントのことです。

LINE公式アカウントの基本的な情報や、登録方法は以下で解説しています。

【基礎編】LINE公式アカウントの使い方、徹底解説!登録手順・使える機能・投稿方法

LINE公式アカウントとは、日本国内で多くの人々が使っているメッセージアプリ「LINE」において、企業などが情報を発信する際に使える機能のことです。「タイムライン」に情報を投稿できるほか、ユーザーに自社のアカウントを友だち追加してもらえれば、直接メッセージを送信できます。現在LINE公式アカウントをビジネスで活用している企業・店舗は約37万以上で、LINE公式アカウントの友だちになった多くのユーザーが、店舗のキャンペーンやクーポンの利用などの消費行動をとっています。本記事では、LINE公式...

LINE公式アカウントをさらに活用したい場合は、以下の記事がオススメです。事例つきでわかりやすく解説しています。

絶対にブロックされたくない!公式LINEで友だち追加後すぐにやるべき3つのポイントとは?

LINE公式アカウントは、国内のLINEユーザー8,400万人にアプローチできる優れたツールです。アカウント自体は無料で手軽に作成できることから、多くの企業が導入しています。しかし、スタンプ無料配布や来店時のクーポンをきっかけに友だち追加されても、すぐにブロックされてしまうことも多いのではないでしょうか。本記事では、公式アカウントをブロックされないためのコツを、事例とともに解説します。目次リッチメッセージ・リッチメニューを使いこなそう1.テキストメッセージ2.リンク付きの画像を送れる「リッ...

5. Instagram

InstagramやTwitterなどのSNSは、お店のメニューを周知したり、消費者と直接コミュニケーションを取ったりするのに最適なツールです。

また、SNS上で多くのユーザーから支持されれば、Googleでの評価も上がるといわれています。Google マイビジネスなど他のツールと同時に情報発信を進めましょう。

SNSのなかでもInstagramは、メニューやお店の内装・外観といった見た目が重視される飲食店のプロモーションと好相性だといえます。

Instagramを使った飲食店での集客方法は、以下の記事で詳しく解説しています。

成功事例から学ぶ飲食店向けInstagram集客方法

SNSは今や集客ツールとして大きな役割を果たしています。その中でも写真と動画コンテンツの発信するInstagramの利用者は年々増加しており、発信されたコンテンツが世の中に与える影響力は大きくなっています。この記事ではInstagramを活用した効果的な集客方法とInstagramを活用して集客に成功事例について紹介します。Instgramで集客を行うメリットInstagramでの集客が効果的な施策として、多くの事業者が活用しています。Instagramを活用した集客のメリットについて、改...

Instagramでは、位置情報や場所の名前で検索できる機能があります。Google マップなどのマップアプリと同様、場所の情報と結びついているので、集客につながりやすいといえるでしょう。

#レモネードバイレモニカ に学ぶ、Instagram検索の最適化手法3選:位置情報とハッシュタグを使いこなせ!

レモネードバイレモニカ(LEMONADE by lemonica)は、「インスタ映え」で人気を集めるレモネード専門店です。▲[レモネードバイレモニカ 渋谷ストリーム店]:編集部撮影レモネードが鮮やかな黄色で目を引くことに加え、店内の装飾もおしゃれで、来店者自ら写真を撮ってInstagramにアップしたくなる工夫が凝らされています。▲[レモネードバイレモニカ Instagram公式アカウント]また店舗公式アカウントは、位置情報やハッシュタグをつけて投稿することで検索にヒットしやすくする工夫を...

6. Apple版Googleマイビジネス「Apple Maps Connect」

Apple版GoogleマイビジネスともいわれるApple Maps Connectは、iPhoneで使える「マップ」アプリ上の店舗情報を管理できるツールです。

現時点では電話番号、Webサイト、営業時間などの基本的な情報しか掲載できないようですが、iPhoneユーザーのうち23%が「マップ」アプリを使っているため、こちらも整備しておくと良いでしょう。

iPhoneの「マップ」に関する基本的な情報は、以下の記事で詳しく解説しています。

iPhoneの「マップ」vs「Googleマップ」徹底比較!新機能「Look Around・Flyover」も解説

iPhoneなどiOS端末で使える地図アプリ「マップ(Apple Maps)」は、2012年から開発から提供されているApple独自の地図サービスで、日本を含む世界各国で利用できます。iPhoneの「マップ」には、道路の周囲を見渡せる「Look Around」や、都市の地図が3Dで閲覧できる「Flyover」、そしてビジネス情報を登録できる「Apple Maps Connect」など、Googleマップと競合する機能が数多く搭載されています。本記事では、iPhoneの「マップ」と「Goog...

ピンチの今こそ、無料でできるオンライン施策を

コロナ禍で生き残るためには、ブランディングなど、中長期的な施策が必要になってくるかもしれません。

しかし緊急事態宣言が発令されようとしている今、短期的に・効率的に売上を伸ばしたいと考えている飲食店が多いはずです。

本記事で紹介したような無料でできるオンライン施策を実施することで、少しでも売上の減少を食い止めていきましょう。

コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

「コロナで売上がガクッと落ちてしまったから新しい集客方法をやらないと…」「自粛で営業時間が頻繁に変わるがネット上の情報が変えられていない…」そんな悩みを「口コミコム」がまとめて解決します!

\7,000店舗以上が導入!詳細はバナーから/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」を運営する株式会社movが提供する口コミ集客支援ツールです。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。