地域に特化したSEO対策とは?住所を利用したSEO対策で検索上位を狙う

インターネット上で自社の情報を1人でも多くへ届けるためには、検索エンジンにおいて上位表示されるよう結びつけるSEO(検索エンジン最適化)対策が必須です。

SEO対策にはさまざまな方法があります。その中でもローカルSEO対策(MEO対策)」は、検索キーワードに地名が入っている場合や検索する人の位置情報などの、地域情報検索に特化したSEO対策を指します。

本記事では、ローカルSEO対策のために取り組むためにすべきことや、取り組み方法について詳しく解説します。

関連記事
ローカルSEOとは?
【初心者向け】MEO対策とは?

ローカルSEO対策における注意点

ローカルSEO対策は、日本国内では最近取り組みが始まったばかりです。

まずはローカル検索の仕組みやローカルSEO対策を行う必要性、取り組むことでどのようなメリットがあるのかについて詳しく解説します。

住所を利用したSEO対策

たとえば渋谷でラーメン屋を探したい場合、一般的に「渋谷 ラーメン」と「地域+業態(サービス)」で検索されます。このようにユーザーがキーワードに加えて地域を絡めて検索することをローカル検索と呼びます。

ユーザーがローカル検索を行った場合、位置情報も反映されるため、表示されるサイトの順位が変わります。

そのため一般的なSEO対策とは別に、自店舗の情報を検索結果の上位に表示させる対策をする必要があります。これをローカルSEO対策と呼びます。

関連記事
ローカルSEOとは

ローカルSEO対策の必要性

ユーザーが検索エンジンを利用してサイト検索をした場合、表示される順位は一定の計算式(プログラム)に基づいて決定されます。

この計算式はアルゴリズムと呼ばれます。Google社のアルゴリズムの仕組みは公開されていませんが、同社が発表しているポリシーや幹部の発言などを元に、アルゴリズムに含まれていると予測される要素についてさまざまな推測が行われています。

ローカル検索においてアルゴリズムに含まれているのが、検索キーワードとの一致度の高さを示す「関連性」、ユーザーの現在地からの近さを示す「距離」、そして店舗の認知度の高さを示す「知名度」の3要素です。

このように、ユーザーの位置情報や地域との関連性によって掲載順位が変化するため、ローカル検索に特化した対策が必要になります。

ローカルSEOを行う3つのメリット

ローカルSEO対策を行うメリットについて、代表的な3つを紹介します。

1つ目は認知度の向上です。

たとえばユーザーが「渋谷 ラーメン」で検索している場合に、その段階ではユーザーはどの店舗に行くのか決めていない場合や、渋谷のラーメン屋情報を持ち合わせていない可能性が高いです。

そのためローカルSEO対策を行って自社情報が検索上位に表示されるように仕向ければ、店名などの情報がユーザーの目に入る回数が増え、認知度の向上につながります。

2つ目は集客効果が高いことです。

ローカル検索を行うユーザーは、目的が決まっているうえで、利用すべき店舗やサービスを探す場合が多い傾向にあります。そのため、検索結果上位に表示されユーザーの目に留まれば、そのまま集客につながる可能性が高まります。

3つ目は競合が少なく、対策効果が表れやすいことです。

まだローカルSEO対策を行えている企業は少ないため、競合との差別化が図れます。また、ローカル検索を行うユーザーはニーズが明確なため、対策を施した効果がビジネスに直結しやすい傾向にあります。

ローカルSEO対策をする際にやるべきこと

ローカルSEO対策を行うことは、自社の店舗やサービスの知名度、集客力を上げるために有効なだけではなく、効果が結果に結びつきやすいなど、さまざまなメリットがあります。

次に、ローカルSEO対策に取り組むための具体的な方法について詳しく解説します。

Google マイビジネスへの登録

ローカルSEO対策の前提となるのが「Google マイビジネス」への登録です。

Google マイビジネスは無料ツールで、自社の情報を登録することでGoogle検索結果の上部に表示されたり、Googleマップに反映できます。アクセス分析など経営戦略を立てる上で便利な機能も利用できます。

Google マイビジネスに登録した内容がマップ検索に影響するため、ローカルSEO対策においてとても重要な役割をはたしています。

関連記事
【保存版】Googleマイビジネス登録方法

Google マイビジネスの情報を充実させる

ここまで、ユーザーがローカル検索をした場合、Google社のアルゴリズムに関わる3つの要素があると解説しました。

その中の関連性は、Googleマイビジネスに登録した情報が充実しているほど、ユーザーが打ち込んだ検索ワードとのを関連性が高まりやすいと指摘されています。

関連性をなるべく高めるために、Google マイビジネスに登録する際は住所、電話番号、カテゴリ、属性のような基本的な情報を漏れなく入力することが必要です。また、ユーザーが投稿する口コミの管理や返信、写真の追加、情報は常にアップデートして最新の状態にしておきましょう。

関連記事
Googleマイビジネスに写真を追加する方法

サイテーションをする

Googleのアルゴリズムは推測の域を出ない要素が数多くありますが、その中で有力とされている要素に「サイテーション」があります。

サイテーションはそもそも「引用」「言及」を意味する言葉です。リンクなしでテキストの形でWebに記載されている状態のことを指します。

サイテーションが行われていると認定される要素にNAPがあります。これは「Name」「Address」「Phone」の頭文字をとって作られた造語です。

これに自社の公式サイトのURLを加えた4つの要素が他のwebサイトやブログ、SNSや口コミなどで書き込まれ、サイテーションが行われていると認識されます。

そのため、これらの要素を漏れなく正確に登録することが大切です。

関連記事
サイテーションとは

ローカルSEO対策における注意点

最後に、作業を行う際に注意すべき点について解説します。

ここで解説するポイントは意外と徹底されていないものが多いです。わずかな差が結果として大きな差になって表れてしまうことにつながるため注意が必要です。

無効な住所を掲載しない

Googleマイビジネスに掲載する住所に関して、「Googleに掲載するローカル ビジネス情報のガイドライン」には以下のように明記されています。

Google マイビジネスのリスティングは、顧客が訪れることのできる実在の店舗や拠点、または顧客のいる場所に出向くことができるビジネス向けにのみ作成することができます。

引用元:「Googleに掲載するローカル ビジネス情報のガイドライン」

ローカルSEO対策において、記載されている住所を見てユーザーが訪問できるように正確な住所を記載するのが基本です。

しかし、住所が空欄になっていたり、店舗ではなく遠隔地にある本社の住所が記載されているものなども散見されます。

ビル内にある店舗であれば住所だけではなくビル名や階数も明記するなど、住所はできるだけ細かく、正確に記載する必要があります。

NAPを統一させる

Google マイビジネスや自社の公式サイトを含めNAPの統一」はとても重要です。NAPの統一とは、会社や店舗の名称、住所、電話番号の表記が全て統一されていることを指します。

たとえば店名が「ボストンビール」と記載されているものと「ボストン・ビール」と記載されるものがあった場合、本来は同じ店舗であっても、別の店舗と判断されてしまう場合があります。

このようにサイト内や媒体別で表記を混在させてしまうと、同一の情報と判断されずに関連性の評価が低下し、サイテーションのカウントがされないため、検索順位を決める際に大きなマイナス要因となります。

関連記事
NAPの統一方法やメリットとは

地域に特化したSEO対策で、集客向上へ

パソコンで検索するのが主流だった時代には、検索をかけるユーザーと検索エリアのシンクロ率は必ずしも高くありませんでした。

しかしスマートフォンの普及により、現在地を基準として近くの店舗や施設を探すために検索をかける「ローカル検索」の利用率が飛躍的に向上しました。さらにこうしたユーザーは、これから向かう店舗を探しているため、検索結果から集客に結びつく確率も高いのが特徴です。

ローカル検索と一般検索では、表示順位を決めるためのアルゴリズムの要素が異なるとされています。そのため地域に特化したSEO対策をしていくことで効果が期待できます。

コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

「コロナで売上がガクッと落ちてしまったから新しい集客方法をやらないと…」「自粛で営業時間が頻繁に変わるがネット上の情報が変えられていない…」そんな悩みを「口コミコム」がまとめて解決します!

\7,000店舗以上が導入!詳細はバナーから/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」を運営する株式会社movが提供する口コミ集客支援ツールです。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。