Googleビジネスプロフィール(マイビジネス)に再登録する方法、注意点を解説

GoogleビジネスプロフィールGoogleマイビジネス)では、施設や店舗の名称、住所、電話番号といった基本情報だけでなく、最新情報投稿したり、ユーザーから口コミが投稿されたりといった機能が備わっています。

しかし、一度登録したものの、ログインできなくなったため再登録したいという方もいるでしょう。

本記事では、Googleビジネスプロフィールの再登録や削除について、注意点や手順を解説します。

Googleビジネスプロフィール(旧:Googleマイビジネス)は再登録できる?

一度登録したGoogleビジネスプロフィールにログインできなくなり、再登録したいという方のために、Googleビジネスプロフィールが再登録できるかについて、また再登録する際の注意点について解説します。

再度オーナー確認をする

一度登録したGoogleビジネスプロフィールにログインできなくなった場合は、再度「オーナー確認」の手続きをとります。

ここで新しく店舗を登録してしまうと、Googleに「重複」と判定され、解消されるまでGoogleビジネスプロフィールの編集ができなくなることがあります。

重複と判定されなかったとしても、Googleマップ上に複数の情報が乱立する状態は適切ではありません。重複して登録してしまった場合はいずれかの情報を削除しましょう。

関連記事
Googleマイビジネス登録方法 ステップ別解説
重複したビジネス情報を統合・削除する方法

第三者がオーナーとなっている場合は

施設や店舗の情報をGoogleビジネスプロフィールにて管理しようとしたとき、すでに第三者によってオーナー確認が済まされており、オーナーとして管理ができなくなってしまっている場合があります。

まず、店舗やブランド本部のスタッフなどにオーナー確認を済ませている人がいないか確認しましょう。この場合、オーナー権限を付与してもらうことでGoogleビジネスプロフィールを管理することができます。

そうでない場合はアクセス権限のリクエストを実施することで、新たにオーナー確認を進めます。

関連記事
オーナー確認が上手くいかない時の7つの原因・対処法:すでに管理者がいる場合

再登録しても、投稿された口コミを一新することはできない

特定の口コミを消したいという理由から、再登録することを考える施設や店舗もあるかもしれません。

しかしGoogle上には以前のGoogleビジネスプロフィール上に投稿された口コミがデータとして残っており、再登録しても以前登録していた際の口コミが引き継がれたりするため、再登録によって特定の口コミを残したり、削除したりといったことは基本的に「できない」と認識しておきましょう。

「リスティングを削除」と「閉業マークの違い」

Googleビジネスプロフィールには、「リスティング削除」と「閉業」の処理がそれぞれあります。リスティングを削除した場合は、登録した情報や施設や店舗の投稿、口コミといったすべての情報にいったんアクセスできなくなる状態になります(先述の通り、表示されないだけでGoogle上のデータには残ります)。

一方閉業の場合は、情報は削除されません。これまでの投稿管理者権限も残ります。ユーザーとしては「お店がやっているのかやっていないのか」を知りたいというニーズがあるため、情報そのものを削除してしまうよりは「閉業している」ということを示すのが良いでしょう。

関連記事
閉店した店をGoogleマップから削除したい…対処法を解説

コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

「コロナで売上がガクッと落ちてしまったから新しい集客方法をやらないと…」「自粛で営業時間が頻繁に変わるがネット上の情報が変えられていない…」そんな悩みを「口コミコム」がまとめて解決します!

\10,000店舗以上が導入!詳細はバナーから/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」を運営する株式会社movが提供する口コミ集客支援ツールです。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。