Googleマイビジネスの「サイト管理者」廃止へ | 他の権限との違い・確認すべきこと

Googleマイビジネスは複数のGoogleアカウントで管理できます。ユーザーごとに異なる管理者権限を設定でき、その権限のひとつが「サイト管理者」です。

2021年10月24日以降、このサイト管理者」が廃止され、自動的に「管理者」に移行します。「管理者」のほうが、今回廃止される「サイト管理者」よりも管理できる内容が多くなっています。

今回廃止されるGoogleマイビジネスの「サイト管理者」。管理者、オーナーとどう違う?

Googleマイビジネスを管理できる権限のレベルは「オーナー」「管理者」「サイト管理者」の3つにわけられます。

まず「オーナー」はGoogleマイビジネスを最初に登録したアカウントに割り振られる権限です。他のアカウントを追加したり、Googleマイビジネスのアカウントを削除したりできるのはオーナーのみとなっています。アカウントそのものの管理からGoogleマイビジネスを運用まで、すべての権限をもちます。

オーナーの中で1人「メインのオーナー」を設定します。なお、「メインのオーナー」が自分自身をGoogleマイビジネスのユーザーから削除するには、他のユーザーを「メインのオーナー」に設定する必要があります。

管理者」については、アカウントを管理する権限をもたないものの、Googleによる変更の承認、すべてのビジネス情報の編集や投稿の作成、口コミの返信など、実務的な運用ができるようになっています。

最後に今回廃止される「サイト管理者」ですが、「管理者」と比較して付与される権限はかなり限定的といえます。編集できるビジネス情報は一部に限られ(メッセージ機能は使えず、ビジネス名・カテゴリ・ウェブサイト・閉業マークの設定等ができない)、対応できるのは投稿の作成や口コミ返信のみです。

まとめると、以下のようになります。

オーナー、管理者、サイト管理者の権限
▲オーナー、管理者、サイト管理者の権限

なお、より詳しい権限の内容については以下Googleマイビジネス ヘルプページをご覧ください。

いま一度、各ユーザーの権限を確認しよう。「管理者」権限を与えて問題ない?

10月24日以降、「サイト管理者」は「管理者」に昇格し、ユーザー管理以外の情報を編集できるようになります。

自身のGoogleマイビジネスで「サイト管理者」となっているユーザーを確認し、管理者とのしての権限を与えても問題ないか確認しておきましょう。

コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

「コロナで売上がガクッと落ちてしまったから新しい集客方法をやらないと…」「自粛で営業時間が頻繁に変わるがネット上の情報が変えられていない…」そんな悩みを「口コミコム」がまとめて解決します!

\10,000店舗以上が導入!詳細はバナーから/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」を運営する株式会社movが提供する口コミ集客支援ツールです。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。