地方飲食店の集客方法は?東京と違う田舎ならではのコツと成功事例

地方飲食店で来客数を伸ばすためには、本やネットで見られる都市部の集客とはまた違った視点から考えなくてはなりません。

この記事では、地方の場合はどういったことを考え、どんな方法を取ればうまくいくのかについて解説します。地方でも必要な情報発信のコツや、日本の地方エリアに実在する店舗の成功事例なども紹介します。

地方で飲食店の集客を成功させるためには

各所で解説されている都市部の飲食店に向けた集客方法のうち、すべてが地方の飲食店にも該当するとは言い切れません。

人口の違う都市部と地方では集客方法が大きく違います。人口が多い都市部の飲食店は、地方の飲食店に比べると定期的に来てくれるファンの重みが違うのです。本項目では地方飲食店が集客のために意識すべきポイントを解説します。

関連記事
飲食店の集客5つの施策/オンライン・オフライン別集客方法は?グルメサイト掲載やSNS活用、広告出稿などを解説

1. 集客対象について再考する

東京などの飲食店であれば、ターゲットを絞りどのような店舗であるかを明確に示した方が良いとされます。しかし、地方の場合は人口が少ないため、より幅広い層の顧客を獲得しなくてはなりません。あまりターゲットを限定しすぎると、かえって集客につながらなくなっていまします。

また、そのエリアで生活、就労する人だけでなく、観光地での食事に選んでもらえるような環境とメニューの提供も検討するとよいでしょう。

こうした取り組みの中で、住民のうちどのような属性をメインターゲットにするかを見定めて行き、リピーター率の向上や収益の拡大を目指します。

2. その飲食店でしかできないことに目を向ける

人口の少ない地方では、都心部よりも競合が少なく、その地域での唯一のサービスを打ち出しやすいともいえます。こうした独自性は大きな強みとなります。

たとえば地域でもっとも大盛りの飲食店や、もっとも酒類が豊富な飲食店という評判は新規顧客を呼び寄せます。

飲食物だけでなく、店舗の広さなどのスペース、音楽ライブなどの体験を提供するのも良いでしょう。

特にモノではなく、その空間や過ごす時間そのものに価値を見出し対価を支払うコト消費は、近年の消費トレンドです。食事とその場限りのパフォーマンスや演出は顧客に響くでしょう。街灯がないからこそ映える星空など、地方特有の環境を活かした体験は都心部からの消費者にとっては大きな価値があります。

3. 人柄・立地・目的に応じたプランの提供で支持される店舗に

地域の人々が支持したくなるような店づくりも重要なポイントです。提供する料理の本場や国内の有名店で修業したシェフの経歴は信用につながりますし、店主の人柄の良さは地元民に「また来たい」と思わせます。

もし創業前であれば、立地面についても考慮するとよいでしょう。地方は車社会のため、停めやすい駐車場があったり駅やバス停から徒歩圏であったりとアクセスに係るストレスが小さければ、顧客が集まりやすくなります。

また、近くに会社があれば時期に合わせた宴会プラン、住宅地であれば主婦のランチプランなど、顧客のステータスに見合ったプランを提供することも支持を得る方法のひとつです。

4. 固定客やリピーターの確保

マーケティング業界には「1:5の法則」という言葉があります。

飲食店の売上向上のポイントは「新規顧客数」「リピート客数」「客単価」の3つであり、このうち1がリピート客、5が新規顧客にかかるコストを指しています。つまり、リピート客を増やすことが飲食店にとって重要なポイントです。

一度リピーターになれば、顧客自体が店舗を宣伝してくれたり、新規顧客を連れてきてくれたりと広告費の節約につながります。

このようなリピーターを増やすためには、ポイントカードの発行やLINE等での再来店呼びかけ、クーポン発行などが有効です。

関連記事
客単価を上げて売り上げをアップさせる方法 | 値上げせずに売り上げUPを目指すには
飲食店の新規顧客からリピーターになってもらうための方法とは?マーケティングの法則とリピーター獲得の施策について紹介

おすすめの情報発信手段と内容

地方は人口が少ないとはいえ、競合店が少ないとは言い切れません。すでにブランド力のあるチェーン店や複合施設が地方にも出店することもあります。

地方の飲食店は顧客の口コミを分析しながら、適切な情報発信をしなくてはなりません。以下で有効な情報発信の方法を紹介します。

LINEやメルマガで最新情報を届ける

地方飲食店の情報発信において重要なポイントは、発信した情報が集客対象に届いていることです。たとえばメールマガジンに登録してもらい、定期的に顧客に店舗の最新情報を見てもらうことは関係性の持続につながります。

利用者が多いLINEを代用するのも良いでしょう。LINEの場合はともだち登録が手軽なため、メールマガジンより登録顧客が増える可能性もあります。

どちらも集客に有効な手段のため、積極的に取り入れていかない理由がありません。

関連記事
LINEで飲食店の集客力を高めるには?公式アカウントの機能や登録方法を紹介
【基礎編】LINE公式アカウントの使い方、徹底解説!登録手順・使える機能・投稿方法

読者目線で役に立つコンテンツ

FacebookやTwitter、InstagramなどのSNSやブログの投稿内容は、読者にとって有益な情報かどうかを意識するとよいでしょう。

飲食店であればテイクアウトした商品のおいしい食べ方や、飲み物をグラスに注ぐ際のちょっとしたコツなど、専門的な知識を共有するような内容も有効です。料理の写真や、店内環境、接客の雰囲気が伝わるような内容も新規顧客の獲得につながります。

FacebookなどのSNSでは広告も比較的簡単に利用できます。限定のクーポンを配布するのも良いでしょう。

関連記事
【基礎編】Twitter広告の使い方、徹底解説!メリット・広告の種類・費用・投稿方法
【応用編】Twitter広告を使いこなす!効果を上げる3つのコツ:効果測定・注意点・事例まで徹底解説

ローカルSEO(MEO)を意識

新規顧客は飲食店を探す際、Web上の口コミや店舗情報を参考にすることが珍しくありません。ウェブブラウザでの検索の場合、Google マップの情報が上部に展開されることもあるため、ここに反映される店舗情報を管理することも重要です。

たとえば店舗の基本情報の正確性や表示に不具合はないか、寄せられている口コミに不都合なものや悪質なものはないかなど、情報を正確で良い状態に保っておく必要があります。地元の顧客だけでなく、観光客への宣伝にもつながるでしょう。

関連記事
ローカルSEOとは?お客様から選ばれるお店になる方法【ローカルSEO対策チェックリストつき】

口コミを生み出す発信内容

TwitterやInstagramなど高い拡散力が見込めるSNSを利用するだけでは、店舗の魅力を感じてもらうことはできません。

発信する情報には口コミを生み出すようなインパクトを持たせることが重要です。

たとえば料理の写真を載せるのであれば、集客対象の気を引くような見た目をアピールするのが有効です。取り扱いの有る日本酒をうんちくとともに紹介したり、店主の経歴を掲載するのも読む人の注意を引きます。VIP向け会員サービスなどの特別な情報も有効です。

地方飲食店の集客成功事例

各地の飲食店が実際に行った、集客の成功した事例をピックアップして紹介します。

地域の特性を深堀りするなど、成功した事例の多くが現在おかれた状況を活用した集客を行っています。

地方飲食店の成功事例1. 地元民が必要とする店づくり

秋田県の人口1万人に満たない自治体にある店舗は、最初は焼肉専門店だったそうです。

しかし、過疎化が進む地方自治体は高齢者の割合が多いため、焼肉のような胃もたれしやすい料理だけでは売上の向上が見込めません。

そこで専門外の料理も提供し居酒屋としても利用できるように方向転換したところ、売上が倍増しました。地元民からのニーズを把握し、需要に応える店づくりの成功例と言えるでしょう。

<参照>第4回 繁盛店を作るなら地方に限る! | 繁盛店仕掛人に聞く「平成の時代に繁盛する個店の絶対条件とは?」 株式会社エイアンドティー.ティ代表取締役 上木草平氏 | 特集 | 外食産業の活性化を支援するサイト

地方飲食店の成功事例2. スタッフ用クーポンを活用

新潟県の居酒屋はスタッフ向けの10%キャッシュバッククーポンを配布しています。

このクーポンはスタッフ自身だけでなく、スタッフの友人や知人にも使ってもらえる仕組みになっており、スタッフに声がけすれば割引券がもらえます。

友人や知人の働く店舗であることから予約のハードルが下がるというメリットもありますし、コロナ禍でも友人知人の飲食店なら安心できるという理由で来客があるなど、スタッフ向けクーポンでありながら集客につながっています。

<参照>マネしたくなる成功事例!地方で人材確保、集客アップに役立つ飲食店の取り組み【オンライン座談会Vol.27】 | クックビズ総研

地方飲食店の成功事例3. 地域の食材にこだわる

地方の飲食店が取り組みやすい事例として、地域の食材を利用したメニューで特別感を出すという方法があります。

たとえば近所の農場から直接仕入れた新鮮食材を売りにしても良いですし、地域全体で宣伝している特産品を使っていることをアピールしても良いでしょう。

地域の食材を使用する奈良県の飲食店はこの要素に加えて雑貨店を併設し、イベントなどを行うことで観光客からの支持も得たとのことです。

<参照>くるみの木

地方飲食店には地方の事情に沿った集客計画・施策

売上を増やすための一つの手段として、集客があります。都市部とはまた違った集客が必要とされる地方飲食店では、地方ならではの集客施策での魅力の打ち出し方があります。

新規顧客とリピーターの獲得が重要な点は都心部と変わりませんが、都心部からの観光客が顧客になることもあります。地元の環境を意識した店づくりや、正確な情報を届ける工夫といったポイントを意識するとよいでしょう。

コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

「コロナで売上がガクッと落ちてしまったから新しい集客方法をやらないと…」「自粛で営業時間が頻繁に変わるがネット上の情報が変えられていない…」そんな悩みを「口コミコム」がまとめて解決します!

\10,000店舗以上が導入!詳細はバナーから/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」を運営する株式会社movが提供する口コミ集客支援ツールです。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。