Googleストリートビューを飲食店に導入する方法|特徴・メリットを解説

Googleストリートビューを飲食店に導入する方法|特徴・メリットを解説

顧客が飲食店を選ぶ際には、メニューや口コミなどあらゆる情報をもとに店舗を選びます。その中でも重要な判断基準のひとつとなるのが店舗の雰囲気です。

よりわかりやすく店舗の雰囲気を伝えるための手段として写真が考えられますが、中でもGoogleストリートビューの360°パノラマ写真はより臨場感のある写真で店舗の様子を細部まで顧客に伝えられます。

ほかにも多くのメリットがあるGoogleストリートビューですが、360°パノラマ写真という特殊な写真を利用することから、撮影や公開の方法にも特徴的です。

事前にメリットや公開までの工程を知っておくことが、導入を検討する際の重要な判断基準となります。

Googleストリートビューとは

Googleでは360°パノラマ写真で道路や店内の様子が確認できる「Googleストリートビュー」というサービスを提供しています。

一般的な写真と比べ臨場感があり、より雰囲気を感じられるのがGoogleストリートビューの特徴です。

Googleストリートビューの特徴

Googleストリートビューは、Googleマップ上で道路の様子や沿道の建物の様子を360°見渡せるサービスです。

道路の様子だけでなく、店内や建物内の様子を撮影したパノラマ写真もGoogleマイビジネスに登録することで掲載できるのが特徴です。

360°好きな角度からその場にいるかのような臨場感を味わえ、店内の写真であれば店舗の雰囲気やテーブルやいすの配置まで、従来の写真や口コミでは伝わらなかったことも顧客に発信できます。

来店前に事前に店舗の雰囲気や広さが分かるため、飲食店やホテルだけでなく、美容業界、小売店などあらゆる業種での活躍が期待されます。

さらに掲載したストリートビューを自社のWebサイトに埋め込むことで、パノラマ写真を自社サイトへの掲載も可能です。

Googleストリートビューの埋め込み方法とは?事例を含めて解説

Googleストリートビューは、オンライン上に作成された地図から、実際の風景を見ているような立体的な映像を見ることができる機能です。この記事では、Googleストリートビューをホームページやブログに埋め込むための方法について詳しく解説します。Googleストリートビューとは?Googleストリートビューとは、Googleマップが提供するサービスです。数百枚のパノラマ写真をバーチャルリアリティの技術を使ってつなぎ合わせ、実際にその場にいるような仮想の景色を見ることができます。写真や2Dのマッ...

Googleストリートビューの閲覧方法

Googleマイビジネスに掲載される屋内のGoogleストリートビューは、2つの方法で閲覧できます。

1つがGoogleマップから閲覧する方法です。Googleマップで施設名を検索すると、店内のGoogleストリートビューを登録している店舗や企業では屋内の写真が表示されます。

もう1つがGoogle検索から検索する方法です。Google検索で施設名を検索すると、検索結果画面に該当する情報が表示されます。

この情報内の写真をクリックして360°ビューを選択することで屋内のGoogleストリートビューが閲覧できます。

Googleストリートビュー作成方法|撮影手順、自作と外注比較

Google社が提供するサービス「ストリートビュー」は、ビジネスにも活用でき、自分で撮影した画像を使用し店舗などのアピールも可能です。この記事では、Googleストリートビューを撮影するメリットや自作と代理店に依頼する場合の比較や方法について解説します。Googleストリートビューとはストリートビューは2007年にアメリカの一部都市公開からスタートし、2008年8月に日本主要都市12都市での提供からスタートしました。サービスの改良、追加を繰り返しながら進化し、年代問わず多くの人がGoogl...

インドアビューとの違い

インドアビューとは、ストリートビューの屋内版です。

本来ストリートビューはGoogleが2007年より撮影を開始し、Googleマップ上で道路を360°見渡せるのサービスとして順次スタートしました。

それに続き、インドアビューは2010年に店内や施設内を360°パノラマ写真で撮影した「おみせフォト」としてサービスがスタートし、2014年に「インドアビュー」という名称に変更されました。

2015年にインドアビューとストリートビューが統合され、現在は両者を合わせて「Googleストリートビュー」と呼ばれています。

Googleインドアビューとは?費用・撮影&導入方法・ストリートビューとの違い・3つのメリット&2つのデメリットを解説

Googleマップは世界規模でユーザーを抱える大規模マップツールですが、その大きな特徴の一つが「ストリートビュー」と呼ばれる360度パノラマ写真による地図表示です。ストリートビューでは、屋外の360度パノラマ写真を閲覧できますが、Googleマップには施設や店舗の屋内を360度パノラマ写真で閲覧できる「インドアビュー」という機能もあります。この記事では、インドアビューとストリートビューの違い、インドアビューの導入方法と導入のメリット、撮影方法や費用の内訳、相場について紹介していきます。Go...

飲食店がGoogleストリートビューを使用するメリット

店内の雰囲気や広さが顧客の飲食店選びの重要な判断基準である以上、飲食店においてGoogleストリートビューの活用は欠かせません。

飲食店がGoogleストリートビュー使用するメリットとして、店内の雰囲気を細部まで伝えられることや、MEOに有効であることが挙げられます。

【初心者向け】MEO対策の基本とGoogleマイビジネスのアルゴリズムに対応する方法

MEO(Map Engine Optimization/マップエンジン最適化)とは、Googleの地図エンジンのアルゴリズムに最適化するようコンテンツを調整し、インターネット上での露出を増やす施策を指します。 MEO対策を続けることで、ユーザーの位置情報を基にした「ローカル検索」で上位に表示させられるようになります。この記事では、MEOの概要Google地図エンジンのアルゴリズムSEOとの違いMEOのポイントについて解説します。 MEO対策の基本取り組むにあたり、MEOの基本的な部分を理解...

店内の様子やデザインまで伝えられる

1つ目のメリットは、店内の様子を細部まで伝えられることです。飲食店を選ぶ際に提供メニューと同様重要な判断基準になっているのが店内の雰囲気です。

特に会社の重要な会食や記念日など特別な日の食事は、失敗を避けるために下調べが欠かせません。そこで顧客に活用されるのがGoogleストリートビューです。

店内を360°撮影したパノラマ写真を見ることで、実際に店内を下見しているような体験ができます。

これにより、顧客は現地に下見に行くことなくWeb上で下調べを完了させられるため、店内の様子をスムーズに把握でき、利用につながる可能性があります。

このように、Googleストリートビューは、店舗の雰囲気を細部まで伝えられ、新規顧客を獲得できると期待できます。

MEOにも有効

MEO(Map Engine Optimization)とはマップエンジン最適化のことで、Googleマップなどで検索した際により上位に表示される仕組みです。

検索で上位に表示されることで多くの人の目に留まるため、店舗の認知度の向上や、新規顧客の獲得につながります。

Googleでは、Googleマイビジネス内の情報やコンテンツを充実させることで、ユーザーがキーワードと地域名で検索したときに上位に表示される可能性が高くなると公表しています。

さらにGoogleマイビジネスに掲載されるあらゆる情報の中でも、Googleストリートビューは視覚的に際立つため、ほかの店舗や企業との差別化が可能です。

実際に、Googleストリートビューを掲載した後にMEOの順位が上がったという声もあがっています。

またインドアビューの導入後に口コミの投稿数が増加したという声もあります。顧客がその店舗を来店するかを決めるのに口コミは重要な判断要素となります。

口コミが少ない店舗よりも多い店舗の方が、多くの人が訪れている印象を与えられるだけでなく、口コミの信頼度も上がります。

Googleストリートビューの飲食店への導入方法

飲食店がGoogleストリートビューを導入するには、いくつかの手順をこなさなければなりません。

特に360°パノラマ写真の撮影には専用の機材や技術が必要なため、事前の準備や下調べ、準備の期間が必要です。

Googleマイビジネスを開設する

まずはGoogleマイビジネスを開設してください。

撮影後の360°写真はこのGoogleマイビジネスに掲載されるため、事前にGoogleマイビジネスを開設する必要があります。開設は非常に簡単で、Googleアカウントのメールアドレスまたは電話番号、登録したい店舗のビジネス名・国・住所・電話番号・カテゴリ・WebサイトURLなどを入力し、10分ほどで開設できます。

Googleマイビジネスとは?登録・活用方法とメリット・注意点を徹底解説

Googleマイビジネス(グーグルマイビジネス)とは、Google検索やGoogle マップなどのGoogleが提供するサービス上に店舗や企業のビジネス情報を表示し、管理できるツールです。無料で登録・利用でき、Googleの検索ユーザーを集客する仕組みとして人気を集めています。Googleマイビジネスをどのように利用すれば、インターネット上での集客ができるのでしょうか。この記事ではGoogleマイビジネスの概要、基本機能、登録方法と利用する上でのメリットや注意点について、SNSやホームペー...

店内の撮影

次に掲載する写真を撮影します。写真の撮影には自身で撮影する方法、代理店に依頼する方法、ストリートビュー認定フォトグラファーに依頼する方法の3通りがあります。

自身で撮影する場合には機材を購入、レンタルする必要があります。そういった手間を省きたい場合はMEOにも対応してくれる代理店を活用できます。

ストリートビュー認定フォトグラファーとは、公開している360°パノラマ写真が50枚を超え認定を受けたワンランク上の投稿者で、Googleのリストに登録されています。

認定を受けているフォトグラファーは所定の投稿枚数を投稿しているものの、プロの写真家ではない場合もあるので注意が必要です。

Googleストリートビューの認定パートナーとは?登録手順と店舗集客の活用

店舗集客のためGoogleマイビジネスの活用が一般的になり、近年では360°パノラマ写真のGoogleストリートビュー(旧インドアビュー)の登録をする事業者も多くなっています。Googleストリートビューの登録にはそれに適した写真撮影が必要であり、「認定パートナー」という一定の条件をクリアしたフォトグラファーがいます。この記事では、Googleストリートビューの認定パートナーとはどんなスキルを持っているのかや店舗集客の活用方法について解説します。Googleストリートビューの認定フォトグラ...

撮影画像を360度バーチャル画像に加工・公開

自身で撮影する際にはストリートビューアプリと接続し、設定したうえで撮影しなければなりません。

写真の加工や転送、埋め込みといった公開までの工程も自身でストリートビューアプリから行います。

代理店や認定フォトグラファーに撮影や公開を依頼している場合は、これらの工程をすべて代理店や認定フォトグラファーが行うため、店舗側でしなければならないことはありません。

Googleストリートビュー(旧インドアビュー)導入費用

Googleストリートビューは、あたかもその場所にいるかのように道路や建物の様子を見られるサービスです、様々な目的のもとに、これを使って現地の様子を確認するユーザーは少なくありません。ストリートビューというと屋外の様子を想起する方も多いかと思いますが、現在この名称は建物の内側の画像も意味しています。Googleストリートビューのうち屋内を映したものは、初期は「おみせフォト」の名称でサービスを展開していました。その後「Googleインドアビュー」へと名称変更し、2015年には「Googleス...

ストリートビューで店内の雰囲気を公開して集客力UP

Googleストリートビューを利用すると、360°パノラマ写真で口コミや写真では伝わらなかった店内の雰囲気がや様子をよりわかりやすく伝えられます。

ほかにもマップ検索で上位に表示されやすくするための取り組みであるMEOにも有効で、Googleストリートビューを掲載しマップ検索で上位に表示されることで、新規顧客への訴求効果や集客に期待できます。

撮影には専用の機材が必要ですが、購入やレンタルをせずとも代理店や認定フォトグラファーといった撮影や公開を代行してくれるサービスがあるため、機材や技術がなくともストリートビューを導入できます。

顧客は口コミや店舗の雰囲気などあらゆる情報をもとに来店する店舗を選びます。公開する情報の幅を広げるためにも、飲食店にとってGoogleストリートビューの導入は集客力をあげる有効な手段のひとつとなります。

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。