【Google マップ】インドアビューとは?ストリートビューとの違い・店舗が知るべきその効果、撮影方法について解説

Google マップは世界で使われている地図情報サービスです。その大きな特徴の一つに、ストリートビューと呼ばれる360度パノラマ写真による表示があります。

ストリートビューでは、屋外の360度パノラマ写真だけでなく、施設や店舗の屋内も掲載されています。

屋内のパノラマ写真も現在はストリートビューと呼ばれていますが、以前はインドアビューという名称で区別されていました。

この記事では、インドアビューとストリートビューの違い、以前インドアビューと呼ばれていた屋内のパノラマ写真投稿の方法やメリット、撮影方法や費用の内訳、相場について紹介していきます。

関連記事:もっと活用!Google マイビジネスで追加すべき情報とは?

インドアビューとは?

Google マップで閲覧できるインドアビューとは、屋内で360度パノラマ撮影された写真をつなぎ合わせ、あたかもその場所にいるかのように360度見渡せる機能です。

以前は屋内版ストリートビューとして、インドアビューという名称でサービスを展開していましたが、現在はストリートビューの名称に統一されています。

Google マップへの店舗内部の写真の投稿は、2010年「おみせフォト」という名称で開始しました。

その後、インドアビューと名称変更し、2015年にはストリートビューに改称されました。現在ではインドアビューとストリートビューのサービスは一体化しています。

Googleマップとは?基本的な使い方と店舗集客の活用方法を紹介

Google マップはGoogleの提供する地図情報サービスです。全周囲を画面内で見られるストリートビューなどの機能があります。地図としての役割だけでなく、店舗や施設などのローカルビジネスに付帯する営業時間などの基本情報をビジネスリスティングと呼ばれる形で表示しています。地図を利用する際、同時に必要となる情報にアクセスできるプラットフォームとなっています。基本情報の表示だけでなく、検索した場所へのアクセス方法がわかるルート検索も可能です。ローカルビジネスを展開している事業者にとって、顧客の...


【MEO対策】失敗しない会社選びのポイントとオススメ企業を紹介

地図エンジンにおいて上位の検索結果として表示されるために、MEO対策を行うことが注目されています。より効果的な対策を組む上では代行会社への依頼も有効な選択肢です。しかし、代行会社の選び方にもさまざまなポイントがあり、会社選びを間違えてしまうと十分な結果が得られない可能性もあります。この記事では、MEOの概要、MEO対策会社を選ぶためのポイント、主なMEO対策会社について解説します。関連記事:基礎から学ぶ「Google マイビジネス」まずは店舗を登録して集客につなげようGoogleマップとは...



ストリートビューの屋内(旧インドアビュー)撮影と屋外撮影の違い

しかしながら、現在でもその撮影方法や導入については、屋外を撮影するストリートビューとは事情が異なります。

屋外のストリートビューの場合、Googleによる撮影では撮影用の車両や、手押し車、バイク、スノーモービルなどが使用されています。撮影は、Googleが定める任意のタイミングで実施されます。

ストリートビューの屋内版である旧インドアビューでは、ユーザーやGoogleの認定を受けた認定フォトグラファーにより、ストリートビュー アプリと、対応するパノラマ撮影用の機材を用いて撮影されます。

【Google マップ】ストリートビューの認定パートナーとは?登録手順と店舗集客の活用

店舗集客のためGoogle マイビジネスの活用が一般的になり、近年では360°パノラマ写真のストリートビュー(旧インドアビュー)の登録をする事業者も多くなっています。ストリートビューの登録にはそれに適した写真撮影が必要です。こうしたストリートビューの投稿に詳しく、実績のあるユーザーは、Googleにより「認定パートナー」のバッジの取得を認められています。この記事では、ストリートビューの認定パートナーとはどんなスキルを持っているのか、またGoogle マップのストリートビューは店舗集客にどう...

以下の動画では、2010年にスタートした「おみせフォト」の撮影風景と、360度パノラマビューが実際どのように表示されているかが紹介されています。

屋内のストリートビュー(旧インドアビュー)を撮影、投稿するには?

屋外のストリートビューと異なり、屋内のストリートビュー(旧インドアビュー)については、Googleによる撮影は行われません。

自ら撮影するか、フォトグラファーを手配し、撮影したデータをアプリ経由でGoogle マップに投稿する必要があります。Googleの認定を取得した認定フォトグラファーについては、Googleのサイトから索することもできます。

撮影には約1〜数時間かかります。撮影する施設や店舗の規模や、撮影方法によって時間は異なるので、打ち合わせの際に確認しておくことが望ましいでしょう。

費用は依頼先によって異なりますが、カメラマンとの契約料と、技術料である撮影料を合算して請求額となるのが一般的です。

相場としては契約料が5万円前後で、広さにもよりますが10万円〜20万円程度の予算が必要といわれています。

屋内のストリートビュー(旧インドアビュー)導入のメリットは?

屋内のストリートビュー(旧インドアビュー)はストリートビューと異なり、施設や店舗の申請がなければ導入されない上、撮影にはコストもかかるため導入していない店舗も多いでしょう。

しかしインドアビューを導入することにはいくつかのメリットがあることもまた事実です。以下では、主な3つのメリットについて解説します。

1. Google マップ上で目立つ

メリットの1点目は、Googleマップというユーザー数の多いサービスで目立たせられるという点です。

Google マップは国内外・老若男女を問わず多くの人々が利用しています。

そのため、業種やターゲット層にかかわらず、ほぼすべての企業、店舗が屋内のストリートビュー(旧インドアビュー)を利用する意義があるといえます。

調査から数年が経過していますが、2014年のGoogleの調査では、世界における企業や店舗に関する情報検索のうち、44%はGoogleマップを介した検索であるという結果が出ており、この結果はGoogleマップ上で目立つことが大きなプロモーション効果を持つことを示しています。

2. 店内の様子・雰囲気をイメージしてもらいやすくなる

メリットの2点目は、ユーザーに店内の様子や雰囲気をイメージしてもらいやすくなるという点です。

WebサイトやSNSでも画像を掲載することはできますが、屋内のストリートビュー(旧インドアビュー)のような360度パノラマ形式で全体を見渡すことはできません。

また、平面的な画像のみでは全体の広さや内装、雰囲気を知ることが難しいケースもあります。

ユーザー目線で見れば、シチュエーションや同伴者によって、利用する店舗に求める条件が異なります。そのため、店舗選びの際にユーザーに提供できる情報が多ければ、各種条件を満たしているかどうかを判断する材料にもなります。

3. 維持コストがかからない

メリットの3点目はコストについてです。

大手メディアやWebサイトへの広告掲載では、掲載期間に応じて広告料が発生します。

一方、屋内のストリートビュー(旧インドアビュー)では撮影費などのイニシャルコストのみで半永久的に掲載を続けることが可能です。

これだけ大きな影響力を有するGoogle マップへの掲載が、維持コストなしでできるのは非常に大きなメリットです。

屋内のストリートビュー(旧インドアビュー)導入のデメリットは?

複数の大きなメリットを有するGoogle マップの屋内のストリートビュー(旧インドアビュー)機能ですが、デメリットはあるのでしょうか。

続いてはGoogleインドアビューの導入におけるデメリットについて解説していきます。

1. 内装を変えた場合は再度撮影する必要がある

デメリットの一点目に内装変更にともなう再撮影があります。

内装の変更は店の雰囲気を変えたり、特定のターゲット層向けの集客対策をする上で有効な手段の一つですが、屋内のストリートビュー(旧インドアビュー)の掲載以降は、内装変更のたびに再度撮影する必要があります。

内装変更をしたにもかかわらずパノラマ写真の更新をせずに放置したままでは、ユーザーの来店前の想像と実際の店舗の雰囲気にギャップが生じてしまう恐れがあります。

将来的な内装変更の検討がある場合には、変更の可能性や時期、変更時のコストについて考慮した上でパノラマ写真を掲載する必要があります。

2. 検索上位が保証されているわけではない

デメリットの二点目として、費用をかけてパノラマ写真を撮影し、屋内のストリートビュー(旧インドアビュー)として投稿したとしても検索順位の上位表示が保証されないという点があります。

あるユーザーが店舗の周辺で関連するキーワードや業種を検索をしたとしても、屋内のストリートビュー(旧インドアビュー)の写真が登録されているからといって上位の検索結果として表示されるわけではありません。

検索結果の順位は決定は、Googleのアルゴリズムに基づいて最適化されています。

そのため、上位の検索結果として表示させるためには屋内のストリートビュー(旧インドアビュー)への登録のほかに、さまざまなローカルSEOMEO)に取り組む必要があります。

【初心者向け】Googleのアルゴリズムとは?MEO対策の基本を紹介

MEO(Map Engine Optimization/マップエンジン最適化)とは、Googleの地図エンジンのアルゴリズムに最適化するようコンテンツを調整し、インターネット上での露出を増やす施策を指します。 MEO対策を続けることで、ユーザーの位置情報を基にした「ローカル検索」で上位に表示させられるようになります。この記事では、MEOの概要Google地図エンジンのアルゴリズムSEOとの違いMEOのポイントについて解説します。 関連記事:基礎から学ぶ「Google マイビジネス」まずは店...


ローカルSEO(MEO)とは?メリットや効率的な集客アップの方法

集客の際にマップエンジンにおいて検索順位の上位に食い込むためには、ローカルSEO(MEO)を行うことが効果的です。しかし初めてローカルSEO(MEO)に取り組む際には、その仕組みや、何から始めればよいかわからないことも多いでしょう。本記事ではローカルSEO(MEO)の仕組みやメリット、やり方、役立つツールなどについて紹介します。関連記事:基礎から学ぶ「Google マイビジネス」まずは店舗を登録して集客につなげようGoogleマップとは?Googleマイビジネスとは?マップとの違いなぜ今G...


屋内のストリートビュー(旧インドアビュー)導入事例を紹介

続いては屋内のストリートビュー(旧インドアビュー)の実際の導入事例、導入した店舗の経営者目線から見たメリットについて紹介していきます。

下記の動画では、飲食店や美容室での導入事例をもとに、導入実績のある経営者による意見が紹介されています。その効果の大きさや集客力をうかがい知ることができます。


屋内のストリートビュー(旧インドアビュー)はパノラマ写真で施設や店舗の魅力を訴求できる

屋内のストリートビュー(旧インドアビュー)の投稿は、集客の一つの方法として非常に効果的です。

来店したことのないユーザーに対し、店の内観や雰囲気をあたかも店内にいるような構図で伝えるられるという点は、新規顧客の獲得に大きく役立つでしょう。

また、その影響力や集客力もさることながら、初期費用のみで継続的に利用可能というメリットもあります。

Google マップに屋内のストリートビュー(旧インドアビュー)を用意すれば、さらなる集客の拡大が期待できるでしょう。

<参照>

MerkeZine:Googleが無料で撮影してくれる「おみせフォト」申込みページがオープン

コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

「コロナで売上がガクッと落ちてしまったから新しい集客方法をやらないと…」「自粛で営業時間が頻繁に変わるがネット上の情報が変えられていない…」そんな悩みを「口コミコム」がまとめて解決します!

\10,000店舗以上が導入!詳細はバナーから/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」を運営する株式会社movが提供する口コミ集客支援ツールです。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。