広報と宣伝の違いとは?PRとの違いやSNS活用方法と注意点について

企業、商品、サービスの情報を世の中に広めていくには、「広報」や「宣伝」といった活動が必要ですが、広報と宣伝は混同されがちです。

「広報」と「宣伝」の違いを知ることで、発信したい情報を的確にターゲットに届けることができます。

この記事では、広報と宣伝は何が違うのか、広報の持つ役割について解説します。

また、現代の広報、宣伝において大きな力を持つSNSについても触れ、SNSを活用する際のポイントやメリット、注意点などを解説します。

広報と宣伝の違い

「広報」と「宣伝」違いをそれぞれの意味を確認しながら、その相違点について解説します。

広報とは

広報は、企業やその商品、サービスを社会に正しく理解してもらい、顧客と信頼関係を築き、ファンになってもらうための活動そのものです。つまり、広報の目的は、企業や商品、サービスの社会的認知度の向上にあります。

広報はメディアに依頼した記事や報道を通して情報を発信するため、情報の取り上げ方やそのタイミングについては、基本的にメディア側に主導権があります。メディアに取り上げてもらう際には掲載費がかからないことが多いため、企業は広告や宣伝のように費用をかける必要はありません。

宣伝とは

宣伝は、政治における主張・主義に対して理解を求める「プロパガンダ」から生まれた言葉といわれています。

そのため、宣伝は企業や商品、サービスの内容や効能を顧客に向けて具体的に説明し、理解を深めてもらうためのものという意味を持っています。

また宣伝は企業が自ら発信するもので、自社で宣伝内容やタイミングをコントロールします。

相違点とは

広報と宣伝の違いは、誰が主導権をもっているか、情報を発信する目的は何かという点にあります。前述の通り、広報の場合はどのようなタイミングで、どのような切り口で情報を発信するかはメディア側に委ねられます。

その一方で、宣伝は情報を発信するタイミングも内容も企業側がコントロールします。そのため、宣伝では自社の伝えたい内容を意図的に発信できます。

広報の目的は社会と企業の信頼関係を築くことにありますが、宣伝の場合は企業や商品、サービスをいかに魅力的に見せ、購入に促せるかという販促のための手法です。

広報の取り組みについて

広報は度々「PR」というポジションとも混同されやすい役割です。

さらに広報という1つの言葉のなかにも、さらに「社外向け広報」「社内向け広報」という役割があります。

広報とPRの違いについて、社外広報と社内広報の役割について解説します。

PRとの違いとは

PR(Public Relations)も、宣伝と同様にしばしば広報と混同されます。広報は、一方的に企業側から顧客に向けて情報を広く発信する役割ですが、PRとはこの点に違いがあります。

PRは相互に利益のある関係を築くための戦略的なコミュニケーションのプロセスであり、「双方向のコミュニケーション」と定義されます。双方向のコミュニケーションは、PR側の一方的な情報発信ではなく、顧客側にも情報発信を促すものになります。

上記のように定義される一方で、SNSなどのソーシャルメディアが普及している昨今は、双方向だけでなく多面的になり複雑化しています。

社外向けの広報

社外向けの広報は、テレビ、新聞、雑誌、Webメディアを通して、消費者のみならず業界や投資家、従業員などに向け、認知向上のために活動します。

社外広報のなかでもコーポレート情報を扱う広報担当者であれば、IRといった財務状況の情報の発信や、CSRをホームページで発表することも含まれます。

サービスを扱う広報担当の場合は、新商品やサービス発表のための記者会見などのイベントを開催することもあります。

社内向けの広報

社内向け広報の役割は、社内報や社員イベントを通して事業やCSRといった活動の理解を深めることや、コーポレートメッセージの浸透、社内のコミュニケーションを活性化させる点にあります。

社内向け広報の活動を通して社内のコミュニケーションが活性化されれば、リスクの早期発見や離職率低下につなげられる可能性があります。

そして、社員のコンプライアンスや企業の社会的責任を明確にできるため、企業において重要な役割を担うポジションの1つといえます。

SNSを活用した広報、宣伝

社外に向けて企業や商品、サービスを宣伝するために、多くの企業でSNSの活用が進んでいます。

さまざまなSNSがあるなか、SNSを広報活動に利用する上でのポイントや、メリット、注意点を解説します。

SNSでの広報

さまざまなSNSがありますが、各SNSにはそれぞれの特性があり、広報活動に活用する場合にはその特性に合わせると効果的です。

実世界でのつながりが特徴的なFacebookは、新商品やサービスリリースまでの状況や販売状況の投稿が向いており、文字制限があるTwitterでは開発や製造、販売担当者の短いメッセージの発信が向いています。

画像を利用した投稿が向いているInstagramでは、商品やサービスの関連画像や使用イメージの画像とともにメッセージを投稿するのが有効です。そして、YouTubeは、新商品・サービスの開発秘話の動画やCMなどのメイキング動画を発信することに利用できます。

社内では、コミュニケ―ションを活性化させるためにSNSを活用する方法など、SNSには多様な活用方法があります。

SNSでの宣伝

複数のSNSを運用し、商品やサービスをアピールすることは、販売チャンネルの多様化につながります。

SNSを通した宣伝には、企業や商品、サービスの知名度アップのために、拡散を狙う方法があります。SNSでのキャンペーン企画は、その情報を多くの人が閲覧するSNS上で発信することで拡散が起こりやすくなるため、宣伝に有効です。

投稿の内容は、SNSユーザーに体験を共有させるような投稿が理想的です。投稿内容を吟味することも、SNSを宣伝方法に活用する上でのポイントです。

口コミマーケティングとは?具体的な手法と成功事例、注意すべきポイントを解説

口コミマーケティングはインフルエンサーなどを活用し、商品やサービスの口コミを意図的に広げることで、消費活動を活発化させるといった仕掛けが特徴となる施策です。今回は、口コミマーケティングについて、具体的な手法や成功事例、注意ポイントといった基本情報を解説します。口コミマーケティングとは口コミマーケティングの定義をふまえ、効果的とされる口コミマーケティングの手法も合わせて紹介します。戦略的に口コミを拡散させるマーケティング手法口コミマーケティングとは、販売したい商品やサービスに関する口コミを意...

SNS運用にあたっての注意点

SNSの運営において、1番気を付けなければならないのは「炎上」です。投稿の内容によっては、集中的に批判を浴び、収束できなくなるケースもあります。

普段から投稿内容に気を付けていても、万が一、事故や事件、社員の不祥事などにより炎上してしまった場合は、対応速度と誠意が炎上収束の鍵となります。最近はネット監視予防システムなどが登場しており、このようなシステムの導入も炎上対策には効果的です。

SNSでの宣伝はすぐ効果を得られるわけではありません。そのため、SNSの運用は中長期的な視点をもって実践するということも、注意点の1つです。

レピュテーションとは?ブランドとの違いやリスク回避、マネジメント事例紹介

レピュテーションとは英訳で「世評・評判・評価」などの使われ、マーケティング用語でも同様の意味合いで使われています。レピュテーションはブランディングや企業への信用に大きく影響します。しかし「レピュテーションがよくわからない」「レピュテーションをよくするにはどうすればいいか」などの疑問も多いでしょう。この記事では、マーケティング用語としてのレピュテーションについて解説します。レピュテーションとはレピュテーションのマネジメントについて理解する前に、レピュテーションについてレピュテーションとはそも...

【バイトテロ】学生アルバイトの不適切動画で炎上、全ての飲食店に起こりうるリスクと対策方法を解説

「バイトテロ」は、飲食店などでアルバイトが不適切な画像や動画を撮影し、SNSなどにアップロードすることを指します。一旦バイトテロが発生すると、SNSで瞬く間に拡散され、店の衛生面や管理体制に対する信用を大きく失墜させることもあります。この記事では、バイトテロが発生する背景と、バイトテロを未然に防ぐための対策について紹介します。度々起こるバイトテロTwitterやInstagramなどのSNSが広まるにつれて、個人が影響力の大きなコンテンツを気軽に発信できるようになりました。バイトテロの動画...

広報と宣伝は目的の違いによって効果的に

企業や商品、サービスを世の中に広めていくためには、広報や宣伝は欠かせません。広報と宣伝の両方を駆使し、顧客にアプローチしている企業もたくさんありますが、この2つには情報を誰に伝えたいのか、どのような方向性で情報を伝えたいのかという点に違いがあります。

自社のターゲットは誰なのか、この側面を明確にしたうえで、広報なのか、宣伝なのかを決定するのが良いでしょう。

そして、現代の広報、宣伝活動にはSNSも大きな役割を果たしています。SNSの使い分けと長期的な運営が集客成功につながるため、根気強く継続するための体制を整えることも大切です。

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。