今年初、ディナーの来店数がランチを上回る 忘年会・クリスマス需要で

口コミアカデミー 0円すべて無料 口コミサイトの運営やノウハウが学べる、店長限定の無料のオンラインスクール

株式会社テーブルチェックが12月14日に発表した飲食店の来店客数データによると、2021年になって初めて、ディナーの客足がランチを上回ったことが判明しました。

ディナー需要に回復の兆し

2021年1月に二回目の緊急事態宣言が発令されて以降、ほぼ全期間においてディナーの時間帯は時短営業が要請されていました。

そのため今年はディナーとランチの来店人数の逆転現象が継続していました。

しかし東京都内の自粛要請が解除されてから約1ヶ月半が経ち、12月13日に発表されたデータにてディナーの客足がランチを上回る結果を記録しました。

要因としては忘年会やクリスマスなどのイベントが重なり、ディナー予約が増加したことが考えられます。

2019年比では47.7%減

飲食店では一般的に、ランチよりもディナーの客単価の方が高い傾向にあるため、ディナー需要に回復の兆しがみられたことは、飲食店にとっては明るいニュースです。

しかし2019年と比べると未だ47.7%減という数字になっており、本来の集客状態に戻ったとは言いがたい状況にあるようです。

また他の調査では、ディナー需要には回復がみられていないとするデータもあります(飲食店客数 3週ぶり減少…オミクロン株の危機感、夜間需要の戻り鈍く)。オミクロン株への警戒感が強まる中、飲食業界の完全な回復にはまだ時間がかかるといえそうです。

口コミラボ 最新版MEOまとめ

【24年4月版 Googleマップ・MEO最新情報まとめ】

MEOに関わるサービス「Googleマップ」「Googleビジネスプロフィール」や、各種地図アプリ・口コミサイトは日々更新を続けており、その全容を把握するのは難しくなっています。

そこで口コミラボでは、MEO・口コミマーケティングに役立つ最新ニュースをまとめた「Googleマップ・MEO最新情報まとめ」を毎月発行しています。

本記事では、2024年3月〜4月の情報をまとめたレポートのダイジェストをお届けします。

※ここでの「MEO」とは、Google上の店舗・施設情報の露出回数を増やしたり、来店行動につなげたりすることで、Google経由の集客を最大化させる施策を指します。
※『口コミアカデミー 』にご登録いただくと、レポートの全容を無料でご確認いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。
Googleビジネスプロフィール、アカウント停止→復活の流れをエキスパートが解説 / コアアプデ後のアクセス減、Googleからアドバイス 他 【24年4月版 Googleマップ・MEO最新情報まとめ】


<参考>
TableCheck:【週次更新】コロナ禍における飲食店の来店・予約件数推移

口コミアカデミー 0円すべて無料 口コミサイトの運営やノウハウが学べる、店長限定の無料のオンラインスクール

関連するオススメ記事

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。