POSレジシステムの「ユビレジ」とは?できること・プランと料金を解説

ユビレジとは、株式会社ユビレジが開発・提供を行うiPad用のPOSレジシステムです。

ユビレジは全国の30,000以上の飲食店や小売店で利用されており、タブレットで利用できるコンパクトさや、多機能性が特徴です。

主な機能としては、決済処理のほか、売り上げ管理・分析、顧客管理・CRMなどが搭載されており、決済だけにとどまらず売り上げの改善に役立てる機能が多くあります。

本記事では、ユビレジの概要や、ユビレジで利用できる主な機能・サービス、ユビレジの料金形態を紹介します。

ユビレジ | カンタン操作で高性能iPad用POSレジアプリ

iPad(タブレット)用POSレジシステム「ユビレジ」とは?

ユビレジは、iPad端末で利用できるPOSレジのアプリです。

これまでレジスターのハードウェアごと導入されることが多かったPOSレジアプリをタブレット用に展開した製品のため、低コストかつコンパクトな運用が可能です。

ユビレジ公式サイト
▲ユビレジ:公式サイト

飲食店を中心に、小売・サービス業でも

POSとは「Point of Sale(販売時点情報管理)」の略で、POSレジアプリはPOSが意味する「何が、いつ、どこで売れたか」といった販売時点の情報を管理するアプリのことを指します。

ユビレジはPOSレジアプリの一種で、iPadの発売年である2010年にリリースされました。

ユビレジの登録店舗数は3万以上で、飲食業界を中心に、小売・サービス業界で広まっています。

ユビレジには顧客や売り上げ管理機能もついているため、客単価や客数の改善、コストと利益の改善、広告費の改善といった経営戦略を立てる上でも活用できます。

関連記事
飲食店向け「POSレジ」17選まとめ!顧客管理・売上分析がカンタンに。各ツールの機能解説
客単価を上げて売り上げをアップさせる方法 | 値上げせずに売り上げUPを目指すには

<タブレット型POSレジアプリのメリット

レジスターなどのハードウェアごと導入する必要があるタイプのPOSレジに比べると、タブレット型POSレジは既存のiPadなどを活用できるため低コストで導入ができます。

またタブレット型の端末はコンパクトで持ち運びがしやすいため、小規模の店舗やスペースの少ない場所で営業している店舗でも利用しやすいという特徴があります。

多様な周辺機能・サービス

また、ユビレジには様々な連携ができるサービスが用意されており、「ユビレジハンディ」「QRオーダー」「セルフ決済」といったシステムを組み合わせることで店舗にあわせた導入が可能です。

「ユビレジハンディ」は、iPhoneやiPod touchといったiPad以外の端末をオーダーシステム端末にできる機能です。

「QRオーダー」「セルフ決済」は、店員を介さずに、顧客自身がQRコードを利用して注文・決済できるセルフオーダーシステムのことを指します。

関連記事
モバイルオーダーはどんなサービス?メリットとデメリット・主要サービス

ユビレジで利用できる主な機能・サービス

ユビレジには「売り上げ管理・分析」や「顧客管理/CRM」といった決済以外の機能も存在します。

この項目では、レジとしての機能以外にユビレジで利用できる代表的なサービス・機能を紹介します。

機能・サービス1. 売上管理・分析

ユビレジの売上管理・分析機能では、「日別・月別・商品別・部門別・客層別」など、様々な切り口で店舗の売り上げ情報を確認できます。

売り上げの分析結果はレポート形式で表示され、客数や客単価、会計数、支払い方法といった情報を見ることが可能です。

本機能を使うことで、売れ筋とそうでない商品の把握ができ、メニュー商品の内容・価格の変更に役立てられます。

機能・サービス2. 管理 / CRM

また、ユビレジには顧客管理・CRMに対応できる機能も備わっており、Salesforce専用のクラウドサービス「ユビレジ for Salesforce」を導入することで顧客の写真や氏名を登録できます。

同機能では、どのような顧客が何の商品を購入したのかといった、リピート率・購入回数に関わる情報の確認が可能です。

顧客管理機能を利用することで、ターゲットとなる層の嗜好を詳しく把握できます。

関連記事
CRMとは?導入のタイミングとメリットデメリット、オススメツール10選

機能・サービス3. キャッシュレス決済

ユビレジは、現金やクレジットカードといった支払い方法だけではなく、QRコード決済、電子マネーといったキャッシュレス決済サービスと多数連携しています。

現金だけを決済方法とすると、取り扱う金額も大きくなり、点検業務や締め作業といった人の手を使って行う業務が煩雑化しがちです。

しかしこうした機能を活用して現金以外の決済方法を提供することにより、レジ業務の簡略化や集客効果が見込めます。

関連記事
キャッシュレス決済サービス6種類まとめ!オンライン決済サービス・決済ツールも紹介

機能・サービス4. 外部連携機能

さらにユビレジでは、株式会社ユビレジの他、さまざまな企業が開発・提供するシステムと外部連携ができます。

例えば、楽天の「楽天ポイントカード」と連携すると、ポイント処理がレジから簡単にできるようになります。

また、先述の顧客管理に利用できる「ユビレジ for Salesforce」や、「セルフオーダーシステム」「ユビレジ セルフ決済」なども外部連携機能の例に挙げられます。

関連記事
店舗が楽天ポイントを有効活用するには?加盟店によるポイント負担など注意点も紹介

導入にいくらかかる?ユビレジの料金形態

ユビレジには「ユビレジ お試しプラン」と、「ユビレジ プレミアムプラン」の2種類があります。

この項目では、ユビレジの導入にかかる金額や、料金形態を紹介します。

※価格はすべて税別

<参照>
ユビレジの機能 | ユビレジ - カンタン操作で高性能iPad用POSレジアプリ
利用料金 | ユビレジ - カンタン操作で高性能iPad用POSレジアプリ

無料プラン「ユビレジ お試しプラン」

「ユビレジ お試しプラン」は、無料で利用できるプランです。

利用できる機能には制限がありますが、試験的に使って機能や使い方を知りたいという場合に効果的です。

お試しプランを利用するには、ユビレジ公式サイトの「利用料金・導入について」ページから「ユビレジ お試しプラン」を選択し、申し込みフォームに入力する必要があります。

なお、手持ちのiPadがある場合は申し込み後に発行されるアカウントを使ってすぐ利用開始できますが、iPadがない場合は端末を無料でレンタルすることも可能です。

有料プラン「ユビレジ プレミアムプラン」

「ユビレジ プレミアムプラン」は、月額6,900円で利用できる有料プランです。

プレミアムプランの場合、「レジ機能」「キャッシュレス機能」「売上管理・分析」「顧客管理」といった、ユビレジで提供されている機能の全てを利用できます。

また、利用料金は年払いで支払うこともでき、年払いの場合は5%の割引が適用されます。

なお、公式サイトの「利用料金」ページによると、複数店舗の経営者に向けて最適な機能やサービスを提案するプランもありますが、このプランについての詳細は問合せが必要です。

飲食店向け・小売店向けオプションがある

飲食店や小売店で主に利用されているユビレジには、それぞれの店舗のニーズに応えた「飲食店向けオプション」「小売店向けオプション」というオプションプランも存在します。

飲食店向けオプションは、ユビレジと、iPad以外の端末をオーダーシステム端末にできる「ユビレジ ハンディ」をセットにしたもので、利用には月額8,400円がかかります。

小売店向けオプション、ユビレジと、原価管理・受発注などを行える「ユビレジ 在庫管理」をセットにしたもので、月額料金は11,400円です。

なお、単体の場合「ユビレジ ハンディ」は月額1,500円、「ユビレジ 在庫管理」は月額4,500円がかかります。

会計業務の改善・売り上げ分析に使えるPOSレジアプリ「ユビレジ」

iPadに導入して利用するPOSレジアプリ「ユビレジ」は、ハードウェアごと導入するタイプのレジに比べると場所を取らず、低コストで導入できるといったメリットがあります。

またユビレジには、POSレジアプリとしての基本的な決済機能だけではなく、顧客管理機能や売り上げのレポーティング機能などがあります。

これらの機能を利用することで、レジ周りの業務改善だけではなく、メニュー商品の分析と改善に役立てることができるでしょう。

コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

「コロナで売上がガクッと落ちてしまったから新しい集客方法をやらないと…」「自粛で営業時間が頻繁に変わるがネット上の情報が変えられていない…」そんな悩みを「口コミコム」がまとめて解決します!

\10,000店舗以上が導入!詳細はバナーから/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」を運営する株式会社movが提供する口コミ集客支援ツールです。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。

<参照>

ユビレジ:ユビレジの機能
ユビレジ:利用料金
ユビレジ:なぜ多くの店舗がユビレジを選ぶのか

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。