テイクアウトで売上アップ方法7つ|オンライン・オフラインで集客力を向上させる方法

テイクアウトで売上アップ方法7つ|オンライン・オフラインで集客力を向上させる方法

飲食・フード産業特化の求人サイト「クックビズ」を運営するクックビズ株式会社が2020年7月14日~2020年7月21日に実施した「テイクアウト・デリバリー・EC販売に関するアンケート調査」(有効回答数74)によると、テイクアウトを行っている飲食店は7割を越え、主に自社ホームページや店内外のポスターで集客を行っているようです。

同調査では、テイクアウトを提供している飲食店の半数が直近半年でが売り上げが上昇したと回答しています。

しかしテイクアウトでの売り上げが上がらず、悩む事業者も多いでしょう。

本記事では、テイクアウトの売上アップにつながる方法と今後テイクアウト事業を継続していく上でのポイントを紹介します。

テイクアウトの売上アップ方法:オンライン編

テイクアウトの売上をアップさせるには、オンラインでの呼び込みやコンタクトの取りやすさがポイントになってきます。 そこで、具体的にどのような施策を取るべきかについて解説します。

人気テイクアウトアプリ5選、徹底比較|導入のメリット・費用を解説

新型コロナ感染拡大を受け、新しい生活様式に対応することが求められるようになり、新たにテイクアウトサービスを導入する店舗が増加しています。テイクアウトサービスを運営する上でポイントとなるのが、テイクアウト・事前注文アプリの選択です。店内で食事をせず、密を回避することができるテイクアウトの需要は、これからも続くことが予想されます。そこで、テイクアウト・事前注文アプリの概要とメリット、テイクアウトの今後のニーズを解説するとともに、現在複数の企業から提供されているテイクアウト・事前注文アプリの特徴...

テイクアウト売上アップ方1. Google マイビジネスに登録

Google マイビジネスは、Google マップやGoogle検索システムなどのGoogleサービスにお店の情報を表示し、管理するための無料ツールです。

Google マップ上に店舗が表示されるため、テイクアウト店舗を探しているユーザーへのアプローチ手段にもなります。

Google マイビジネスではWebサイトや電話番号、店舗の営業時間など詳細な設定が可能です。

テイクアウトサービスを開始する際には、テイクアウトに関する情報を掲載すると、よりユーザーの目に留まりやすいでしょう。

【保存版】Googleマイビジネスとは?メリットやローカルSEO対策について解説

Googleマイビジネスに自社の店舗情報を登録すると、店舗の認知拡大や口コミ・ユーザー層の分析など、さまざまな方法で集客効率化へつなげることができます。Googleマイビジネスを運営していく際には、ただ登録するのではなくローカルSEO対策を意識するなど、うまく活用していくことが重要です。この記事では、Googleマイビジネスについて概要から運用方法まで網羅的に紹介します。GoogleマイビジネスとはGoogleマイビジネスとは、Google検索やGoogleマップなど、Google上に無料...

テイクアウト売上アップ方2. SNSで宣伝

SNSの強みは、不特定多数の人の目にふれる拡散性を持っていることと、利用者の多さです。

多くのSNSは無料で手軽に始めることができ、ユーザーから見てもお店の雰囲気や料理を判断できる材料となります。

文字だけの投稿ではなく写真をアップしたり、Webサイトへのリンクを貼り付けたりといった工夫や、投稿する時間を一定にするなどの配慮がテイクアウトの売上アップにもつながります。

テイクアウト売上アップ方3. Webページで差別化

Webページは、写真やレイアウト、デザインなどを工夫して、視覚的にユーザーを惹きつけるサイトを作ることが重要です。

見せ方を工夫することでまったく違った印象を与えることになるので、お店の雰囲気を変化させたい時にも利用できます。

テイクアウト売上アップ方4. 動画で訴求

静止画よりも目に止まりやすい動画でユーザーを引きつける方法もあります。

自宅でできるテイクアウト商品のアレンジレシピの紹介動画やテクアウトメニューを実際に作っている動画などが興味を引きやすいといわれています。

テイクアウトの売上アップ方法:予約制・容器・チラシ

オンラインでの呼び込みやSNSを活用したユーザーの集客以外にも、テイクアウトの売上をアップさせる方法以外にも運用体制や販売容器などの工夫で売上をアップさせる方法があります。

テイクアウト売上アップ方5. 事前予約制にする

飲食店の場合、その時に動ける人数や作れる料理には制限があります。

その中で大量にテイクアウトの注文が来てしまうと、テイクアウトの利用客だけでなく店内で飲食している利用客の時間を奪うことになりかねません。

そこでテイクアウトを事前予約制にすることで、長時間待たせてしまうリスクの回避やそれに伴うクレーム対策にもつながります。

予約はSNSや電話、ウェブサイトなど様々な窓口を設けておくと、気軽に注文できるでしょう。

テイクアウト売上アップ方6. 容器にこだわる

テイクアウトを導入する際は、味はもちろんのことテイクアウト用のフードパックにも気を使うことが重要です。

例えばカレーなら、ご飯にカレーがかかっている状態よりも、カレーとご飯が別々の方が美味しく食べられます。

また女性客をターゲットにする場合には、オシャレなフードパックを選ぶなど料理とお店の雰囲気、客層にあったフードパックを選ぶよいでしょう。

容器以外にも箱や袋に店名を入れることで、購入してくれた人が持ち帰る際に広告効果も生まれます。

テイクアウト売上アップ方7. チラシ・ポップ

チラシやポップを作る場合は、まずターゲットの選定からスタートします。

チラシはお店の魅力やおすすめのメニューなどが書いてあると、利用客目線で見てもお店選びがしやすくなります。

その際にクーポンや割引情報がチラシに掲載されていると、来店意欲がさらに高まります。

またポップを作る時には、「キャッチ―な言葉」で「瞬時に内容を理解できる」ものになるよう心がけると良いでしょう。

「店長イチオシ」、「本日のおすすめメニュー」などと特別感を出すワードをチョイスすることで、興味を惹きつけられます。

テイクアウトを実施するポイント

テイクアウトを行うためのポイントについて解説します。

ポイント1. 食中毒

飲食店でテイクアウトサービスを展開する上でもっとも重要となるのは食中毒対策です。

食中毒の三原則「つけない」「ふやさない」「やっつける」を意識した対策のほか、テイクアウトとして提供する商品の注意書きに消費期限を記載しておく、早めの召し上がりを促すなど、徹底する必要があります。

飲食店が今からテイクアウトサービスを導入するには?メリットや注意点を紹介

新型コロナウイルスの感染拡大やそれに伴う外出自粛の影響を受け、飲食業界では売り上げが減少し、その打開策としてテイクアウトを導入する事業者が増加しています。テイクアウトは店内飲食を避けられるだけでなく、これまで行列ができていて来店機会を逃していた店舗の料理を楽しめるなどのメリットがあります。それに伴い、Googleマップなどのサービスにおいてテイクアウトの有無が表示できるようになったりと環境が整備されてきています。この記事では、テイクアウト導入のメリットや注意点、利用できるサービスについて解...

ポイント2. メニューの考案

テイクアウトメニューを考案する具体的な方法は、以下の方法が考えられます。

  • 看板メニューをそのままテイクアウト商品に移行する
  • テイクアウト限定のメニューを作る
  • 保存の効く商品や配送の形が取れる商品はデリバリーや通販商品としても展開する

テイクアウトで起こり得るトラブルは? 必要な営業許可や防止対策も紹介

新型コロナウイルスによる経済影響、いわゆる「コロナショック」の影響は飲食業界を直撃しています。株式会社ショーケースが飲食経営者に行ったアンケートでは、6割が「このままでは事業継続困難」と答え、活路を見出すため新たな策を模索する店舗が増えています。加えて今後強化・検討したいこととして最多回答の「衛生面の強化」に次ぐ回答が「宅配やテイクアウト強化」です。消費税の増税時に開始された軽減税率制度により需要が増えたテイクアウトが、新型コロナウイルスにより追い風になると同時に、トラブルへの懸念も増えて...

テイクアウトの売上アップにはオンラインでのつながりや利用客の満足度が重要

テイクアウトの売上をアップさせる方法には、大きく分けてオンラインでの集客とオフラインでの集客の2通りがあります。

現在どのような集客方法を行っているのかを整理した上で、自店で取り入れられそうな売上アップの手法を実践すると良いでしょう。

飲食店などの店舗型事業は基本的に来客がメインあり、対面で接客サービスを行います。

テイクアウトはこれまで当たり前だった店内飲食の様子が見えず、「食べている姿が見られない」、「提供した商品の内容が伝わりにくい」、「調理面や衛生面で気を付けることが多い」など、店内飲食での集客とは異なる新たな課題が山積みです。

ただ売上を回復させるための手段としてテイクアウトサービスを捉えるのではなく、オンラインを有効活用し、顧客とのつながりを尊重していくなどの工夫で、飲食店とお客様の新しい関係を築いていくことが重要といえるでしょう。

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。