集客の3つの悩みと課題別解決策 | MEOの優位性と取り組み方を解説

集客の3つの悩みと課題別解決策 | MEOの優位性と取り組み方を解説

店舗において「集客」は重要な要素で、常につきまとう問題ともいえます。

この悩みを解決する絶対的な正解は1つではなく「集客がうまくいかない」という悩みに包括されているさまざまな問題を把握し、その問題ごとに最適な施策が求められます。

この記事では、店舗の商品やサービスの売り上げ改善につながるように、集客に関する悩みの具体例改善点課題把握、そして解決策を一貫してご紹介します。

店舗集客&売上アップのための方法5選

店舗における集客方法にはチラシやDM、インターネットを利用したO2Oなどさまざまなものがありますが、方法や施策の選択に悩んでしまうこともあるでしょう。この記事では店舗における集客の目的や方法、またどのように集客方法を選択すべきかについて、店舗目線から解説していきます。集客について「集客」について漠然と理解しているつもりでも、なかなか思うように集客できていない企業や店舗は少なくありません。自社や自店に合った集客方法を考える上で、「集客」という言葉の持つ意味と、2つの集客のタイプについて理解す...

これからの集客|WebとSNSの活用、Withコロナ時代の集客方法

近年、新しい集客として注目されているのがWebやSNSを活用した情報発信です。また新型コロナウイルス(COVID-19)の流行で、集客の概念も大きく変化しています。この記事では、WebやSNS集客の概要や活用のポイント、種類別のSNSの特性について解説します。これからの集客の基本現代はネット社会であることに加え、多くの人がスマートフォンを持つようになり、集客の方法も以前とは大きく変化しています。それに伴い、ビジネスにおいてもインターネットを介した情報発信が必要です。以下では、集客の定義やW...

まずは自店舗の抱える課題を見つける

集客をしたいという悩みを抱える店舗は多く見受けられますが、集客がうまくいかないという問題はあまりにも大きな概念といえます。

その中に包括されている諸問題を切り分け、自店舗が抱えている問題を的確に捉えることが悩み解決のファーストステップといえます。

1. 新規顧客が集まらない

新規顧客を集める方法は大きく分けて2つに分けられます。

1つ目は「見込客」を開拓するです。

この方法は自店を多くの人に認知してもらうことが重要です。自店の看板を始めビラやチラシなどの広告、ホームページのような宣伝手段を用いて、地域の潜在的な顧客にどれだけアプローチできるかが重要です。

店舗と見込客との接触する回数や時間を増やすことが求められます。

2つ目は既存客からの口コミによる新規顧客の獲得です。

すでに店舗を利用したことのある顧客の満足度を高め、顧客が友人知人に紹介したくなる店舗に成長することが必要です。

顧客が情報を拡散しやすい環境を作るためにSNSを運用して投稿をしたり、クチコミの投稿に対するインセンティブを設定するなどして、顧客から顧客への紹介を増やしていく施策を打つことがポイントになります。

2. リピーターが増えない

店舗に定着したリピーターは、定期的に店舗を訪れて利用してくれる優良顧客であり、新規顧客に比べて獲得するまでのコストも比較的かからないため、集客を検討する際には重点をおきたいターゲット層です。

リピーターが新規顧客を連れて来てくれることや口コミを投稿してくれるといった副次効果も期待できるため、リピーターをどのように増やしていくかが大事です。

顧客がリピーターになるのは、店舗に対して満足度が高く、行く価値を見出せるからです。

リピーターが思うように増えない場合は、顧客が店舗のどのようなことに不満を感じているのかや、顧客が店舗に対して行く価値を感じているかどうか把握する必要があります。

3. 広告を打っても効果が出ない

広告を打つと一言にいっても、その方法は多くあります。自店舗が訴求したいターゲットと広告媒体がマッチしていない場合、広告の効果を最大化できません。

Web広告やSNSといったオンライン上の広告とビラやチラシ、看板といった広告でもターゲットになる顧客層は大きく異なります。

集客手段はどれかに偏ることなく、多角的に行うことが重要です。

1つの集客手段が焦点を絞る顧客層の集客が悪化しても、複数の手段を持っていれば冗長性を確保でき、安定的な集客が可能になります。

悩み別の解決策を解説

前述のそれぞれの集客に関する悩みに対して、行うべき施策は異なります。

自店舗が新規顧客を集めたいのか、リピーターを増やしたいのか、効果的な宣伝を打ちたいのか、自身で認識することが重要です。

1. 新規顧客を集める方法

新規顧客を集める場合、ターゲットの設定がとても大切です。

何歳くらいなのか、男性なのか女性なのか、どんな職業かなどを細かく設定します。

設定したターゲット像がどのようなメディアを普段使用しているかや、SNSやWeb広告などのオンラインの広告で訴求するべきか、ビラやチラシ、看板などのオフラインの広告で訴求するべきかを検討する必要があります。

新規顧客の獲得を目的とした広告を打つ場合、自店舗の所在するエリア名(地域名)と自店舗が売りとしている「サービスや商品」をセットで記載することで、より印象を強められます。

2. リピーターを増やす方法

一度訪れた顧客が、リピーター化しない場合はいくつかの要因が考えられます。

第一に挙げられるのは「忘れられている」可能性です。

多くの人は一度行った店舗に対して、余程の興味や関心を持ったりメリットを感じなければそのまま忘れていまします。

顧客に自店舗を忘れられないために、リピーター特典やポイントカード用意したり、同業種他店との差別化を図ることが重要です。

そもそも、自店舗への印象が悪かったり、一度目の来店で印象が悪ければ二度目の来店も見込めずリピーターになる可能性も低くなります。

そのため、自店舗の接客や商品、サービスの質を向上させることもポイントです。

オススメ店舗集客アプリ5選!リピーター促進に役立つ機能や集客のコツを3つ紹介

安定した店舗経営のためには、売上を支えるリピート客や固定客を増やすこと、集客を安定化させることが重要です。そのためのコツや、様々な店舗で活用されている「店舗アプリ」とその機能などをご紹介します。店舗アプリとは店舗アプリとは、飲食店や美容院、小売店などが集客のために使うアプリです。集客やリピートを促す機能を数多く搭載しており、いろいろなプラットフォームが存在します。新規集客ではなく、リピーター促進の為のツール店舗で独自のアプリを配信し、顧客にスマートフォンにインストールして利用してもらうもの...

3. 効果的な広告を打つ方法

広告を打つ場合、コストやマンパワーから、無制限に展開することは現実的ではありません。またぎりぎりの予算を設定して、広告費が店舗経営を圧迫してしまっては本末転倒といえるでしょう。

最小のコストで最大の宣伝効果を発揮できるような広告を打つことが重要です。

Google マイビジネスへの登録や、「LINE@」「Facebook」「Twitter」「Instagram」などのSNS、「看板」や「新聞の折り込みチラシ」などの広告などが検討対象となります。

自店舗がターゲットとする顧客像に最適な広告手段の選択が求められます。

おすすめはMEO対策

集客手段の1つとして、近年注目されているGoogle マップ上での検索結果を最適化するMEOについて紹介します。

年々難易度が上昇するSEOと比較した場合、2020年でも着手している事業者は多くないことから、競合との差別化にそれほど苦心せずに済みます。

Googleマイビジネス登録|活用方法とメリット・注意点を徹底解説

Googleマイビジネス(グーグルマイビジネス)とは、Google検索やGoogle マップなどのGoogleが提供するサービス上に店舗や企業のビジネス情報を表示し、管理できるツールです。無料で登録・利用でき、Googleの検索ユーザーを集客する仕組みとして人気を集めています。Googleマイビジネスをどのように利用すれば、インターネット上での集客ができるのでしょうか。この記事ではGoogleマイビジネスの概要、基本機能、登録方法と利用する上でのメリットや注意点について、SNSやホームペー...


MEOとは

SEOはGoogle 検索において、キーワードに対して自店舗が検索結果の上位に表示されやすくなるように最適化することを指します。

SEOに対してMEOは、「Googleマップ」で検索した場合に、検索結果の上位に表示されやすくなるように最適化することです。

地域名+キーワードで検索をかけると、その地域のマップが表示され、キーワードに沿った店舗が表示されます。

近年はこのGoogle マップを利用して店舗を探す人が増えたため、集客に有効な手段となっています。

MEOに取り組むべき理由

MEOを実施する事で、Google検索やGoogleマップでの検索結果の上位に表示されやすくなります。

近年はスマートフォンの普及が進み、現地でスマートフォンで検索する場合や、そのままスマホを見ながら店舗に移動する人が増えました。

このようなスタイルの変化に伴って、Google検索の上位に表示されることは多くの人の目に触れやすくなり、そのまま店舗への流入も期待できるようになりました。

SEOが社会に普及したことで難易度が上昇しており、その影響で相対的にMEOが次に新しい施策として台頭してきています。

MEOとは実際に何をすること?

MEOの具体的な方法としてはまずGoogle マイビジネスへの登録が挙げられます。

Google マイビジネスに登録する事で、自店舗の情報をGoogle 検索やGoogle マップ上に掲載できるようになります。

登録にはGoogle アカウントが必要になるため、合わせて取得することが必要です。Gmailを利用している場合には、すでにGoogle アカウントを持っていることになります。

Google マイビジネスの開設後は、掲載情報のこまめな更新と、口コミに対する返信などが大切になってきます。

営業時間や、飲食店の場合はメニューを変更した場合にこまめに更新することが必要です。ユーザーの情報収集や店舗利用の検討に役立ちます。

店舗やメニューの写真なども掲載すると、実際の来店をイメージしやすくなり、訴求力の強化を図れるでしょう

また、ネガティブな口コミに対しても誠意のある返信をすることで、悪印象を軽減できます。

集客の悩みは原因の究明から解決策を導く

集客がうまくいかないという状況は、自店舗の状況を的確に把握できていない可能性が原因といえます。

新規顧客が獲得できないのか、リピート客が増えないのか、広告を打っても効果が出ないのかによって取るべき施策は異なります。

自店舗が集客について抱えている問題について追及することが重要です。

この記事ではGoogle マイビジネスを利用したGoogle マップでのMEOについて一部解説しましたが、これ以外にも低コストで取り組み可能な施策は豊富に存在します。

集客方法は1つの手段に偏らず多角的に行うことで、1つの集客手段の効果が低下しても安定的な集客を期待できます。

Googleインドアビューとは?費用・撮影&導入方法・ストリートビューとの違い・3つのメリット&2つのデメリットを解説

Googleマップは世界規模でユーザーを抱える大規模マップツールですが、その大きな特徴の一つが「ストリートビュー」と呼ばれる360度パノラマ写真による地図表示です。ストリートビューでは、屋外の360度パノラマ写真を閲覧できますが、Googleマップには施設や店舗の屋内を360度パノラマ写真で閲覧できる「インドアビュー」という機能もあります。この記事では、インドアビューとストリートビューの違い、インドアビューの導入方法と導入のメリット、撮影方法や費用の内訳、相場について紹介していきます。Go...

Googleストリートビュー作成方法|撮影手順、自作と外注比較

Google社が提供するサービス「ストリートビュー」は、ビジネスにも活用でき、自分で撮影した画像を使用し店舗などのアピールも可能です。この記事では、Googleストリートビューを撮影するメリットや自作と代理店に依頼する場合の比較や方法について解説します。Googleストリートビューとはストリートビューは2007年にアメリカの一部都市公開からスタートし、2008年8月に日本主要都市12都市での提供からスタートしました。サービスの改良、追加を繰り返しながら進化し、年代問わず多くの人がGoogl...


口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。