「#ローソンマチカフェ10周年」がトレンド入りする理由:ローソンのすごすぎるTwitterマーケティングとは

口コミアカデミー 0円すべて無料 口コミサイトの運営やノウハウが学べる、店長限定の無料のオンラインスクール

大手コンビニエンスストア・ローソンの公式アカウントが投稿したハッシュタグ「#ローソンマチカフェ10周年」が、Twitter上でトレンド入りしています。

#ローソンマチカフェ10周年 Twitter トレンド
▲#ローソンマチカフェ10周年がトレンド入り(※1月19日13:00時点で17位):Twitterより、口コミラボ編集部スクリーンショット

「マチカフェ」とは、ローソンのカフェブランドです。ローソン公式アカウントはマチカフェ誕生してから10周年となることを記念し、毎日1万名にコーヒー・カフェラテ無料券を配布するキャンペーンを行っています。

#ローソンマチカフェ10周年 キャンペーン
▲#ローソンマチカフェ10周年 を記念した、毎日1万名にコーヒー・カフェラテ無料券を配布するキャンペーン:Twitterより、口コミラボ編集部スクリーンショット

Twitter:ローソン @akiko_lawsonによる投稿

これまでもローソンは積極的にTwitterを活用したマーケティングを実施してきました。2017年には複数のハッシュタグが「ハッシュタグランキング(ブランド)」にランクインし、Twitterマーケティング公式サイトで「Twitter運用のプロ」とも紹介されています。また、2020年にも「#エルチキ食べたい」が企業のハッシュタグランキングで1位になっています。

圧倒的な強さを誇るローソンTwitterマーケティング。その秘密はどこにあるのでしょうか。

関連記事
Twitter広告の効果を上げる3つのコツ・成功事例を徹底解説
絶対にブロックされたくない!LINE運用の事例解説:ミスタードーナツ・ゴディバ・ローソン

「#ローソンマチカフェ10周年」を含むツイート、97%がポジティブな反応

Yahoo!リアルタイム検索では、あるキーワードをツイートした数とその推移、さらに感情の割合(ポジティブ、ネガティブな反応がそれぞれ何割か)を調べられます。

この機能を使って「#ローソンマチカフェ10周年」というキーワードを含めてツイートした数とその感情の割合を調べたところ、6時間で約11万件ツイートされていることに加え、97%がポジティブなツイートであることがわかりました(※1月19日14:20時点)。

#ローソンマチカフェ10周年 反応
▲「#ローソンマチカフェ10周年」のツイート数は約11万。感情の割合はポジティブが97%:Yahoo!リアルタイム検索より、口コミラボ編集部スクリーンショット

一方、ある飲食チェーンが実施しているキャンペーンのハッシュタグに対する感情の割合は、ポジティブが65%、ネガティブが35%でした。ツイート数の規模が違うため単純比較はできないものの、ローソンのキャンペーンの97%という割合は、かなり高いものだといえます。

Twitter 感情の割合 Yahooリアルタイム検索
▲ある飲食チェーンのキャンペーンに対する感情の割合:Yahoo!リアルタイム検索より、口コミラボ編集部スクリーンショット

また、先ほど引用した無料券配布キャンペーンのツイートのリプライ欄をみてみると、無料券が欲しいといった声に加えて、マチカフェの10周年を祝う声も散見されます。

マチカフェ10周年を祝う声 Twitter
▲マチカフェ10周年を祝う声:Twitterより、口コミラボ編集部スクリーンショット

Twitter:ゆぅさん @11chimin による投稿

これらの反応からは、ローソン公式アカウントとそのキャンペーンに対するユーザーからの好感度の高さが見てとれます。

ローソンは「Twitter運用のプロ」と称されることも

Twitterマーケティング公式サイト内に、2018年5月に行われたTwitter主催のイベントをまとめた記事があります。

その中ではローソンが「Twitter運用のプロ」と称され、Twitterをうまく活用している企業のひとつとして紹介されています。

ローソン Twitter運用のプロ
▲ローソンは「Twitter運用のプロ」と称されることも:Twitterマーケティング公式サイトより、口コミラボ編集部スクリーンショット
その根拠として、2017年のハッシュタグランキング(ブランド)に「#ローソン」「#lチキチーズ無料プレゼント」など、複数の関連ハッシュタグがランクインしていることが挙げられています。

このことから、ローソン公式アカウントは好感度が高いだけでなく、影響力も大きいことがわかります。

2020年の「今年急増したハッシュタグ:企業」でも「#エルチキ食べたい」が1位となっており、ローソンは引き続き企業のTwitter運用を牽引していると言っていいでしょう。

2020 Twitter 今年急増したハッシュタグ 企業
▲2020年の「今年急増したハッシュタグ:企業」:Twitter公式ブログより、口コミラボ編集部スクリーンショット
では、ローソンのTwitter運用はなぜ成功を続けているのでしょうか。そのポイントは2つあります。

1. ローソンは明確な目的意識を持ってTwitterを活用している

Twitterマーケティング公式サイトの記事によれば、ローソンは以下の2つのような理由からTwitterマーケティングに力を入れているといいます。

  1. 「コンビニはどこも同じ」という感覚を持つ人々に対し、ローソンが想起されるようコンビニで物が売れる時間帯に訴求するため
  2. その日の気温や天気、さらには情報番組での紹介といったリアルタイムな状況の変化に合わせた発信ができるため

1に関して、Twitterの利用が伸びる時間帯はコンビニで物が売れる時間帯とシンクロするため、Twitterは重要なメディアなのだといいます。

また2に関しては、リアルタイムな状況の変化にはテレビCMなど柔軟性、即時性の低いメディアでは対応できないため、すぐに訴求できるTwitterを利用しているのだそうです。

このように、ローソンは「なんとなく拡散されやすそうだからTwitterを使う」のではなく、「このためにTwitterを使う」という明確な目的意識を持ってTwitterを活用していることがわかります。

2. ローソンはTwitterでの発信がより効果的になるよう工夫している

ローソンは「カンバセーショナルカード」というTwitter広告の機能を使ってキャンペーンに参加してもらえるよう工夫しています。

またTwitterのキャンペーンがより認知されるよう、テレビ番組との連動企画も実施したようです。

クリックすると定型文でツイートできる「カンバセーショナルカード」を活用

先ほど紹介した「#ローソンマチカフェ10周年」のツイートでは、ツイート下部の「Tweet #ローソンマチカフェ10周年」と表示されている箇所をクリックすると、ハッシュタグ付きの定型文で投稿できます。

この機能は「カンバセーショナルカード」といい、一度クリックするだけで簡単に投稿できるため、Twitter広告を見た利用者がその内容についてツイートするよう促進できます。

企業によるキャンペーンは「RTすると〇〇がもらえる!」などとリツイートを促すものが多いようですが、「ツイートすると〇〇がもらえる!」という条件にして自分でツイートしてもらう方が「キャンペーンに参加した」という気持ちを持ってもらいやすいと考えられます。また、ローソンのツイートのようにトレンド入りもねらえます。

今回の「#ローソンマチカフェ10周年」のキャンペーンでローソンは、カンバセーショナルカードをユーザーに気軽にツイートしてもらうための仕組みとして活用しました。その結果、キャンペーン開始から数えて約14万件ツイートされるという効果を得ています(※1月19日17:00時点)。

めざましテレビとの連動企画で「メディアミックス」

Twitterマーケティング公式サイトの記事によれば、フジテレビ系列の情報番組「めざましテレビ」内の「めざましじゃんけん」というコーナーとコラボし、じゃんけん参加者に抽選でローソンのコーヒーのクーポンが当たるというキャンペーンを行ったといいます。

その結果、キャンペーン期間の5日間で数百万の応募があったようです。ローソンの公式アカウントだけでなく、フジテレビの公式アカウントや参加者もツイートしたことで相乗効果が生まれ、Twitterのキャンペーンが大きく認知されることとなりました。

まとめ:ローソンのTwitter運用に学ぶ

ローソンTwitter運用から学べることは2つです。

まず、「無料だから」「拡散されるから」という理由で安易にTwitterを使うのではなく、どう使えば効果的なのかを考えることです。

そもそもTwitterは自社のサービスプロモーションするのに適しているのか、というところから検討する必要があるといえます。たとえばタピオカなど「インスタ映え」するようなメニューを提供する飲食店であれば、Instagramメニューの鮮やかな写真を投稿するといった手法の方が合っているかもしれません。

ローソンのようにTwitterの特徴と自社の強みを照らし合わせ、最適な運用を行うと良いでしょう。

もう1つは、カンバセーショナルカードなどのTwitterの機能を知り、発信に活かすことです。ローソンのようなTwitter運用で成功している事例から、どんな機能を使いどのように発信すれば良いのかが見えてきます。そこから学んで自社の発信に活かすと良いでしょう。

口コミラボ 最新セミナー紹介&最新版MEOまとめ

口コミコム トレンドLIVE! Vol.2 〜Google、口コミなどのマーケティング最新情報をお届け〜

今、Web施策として注目されている「Googleマップ」や「口コミ」

これらをマーケティングに活用するために知っておくべき情報や、話題のニュースに関連した最新情報をお届けするトークシリーズ「口コミコム トレンドLIVE!」の第二弾!

第二弾となる今回は…

  • ローカル検索対策の最前線TIPS
  • エキスパートが語る、Googleマップの注目問題
  • Google・口コミ関連最新トレンドニュース 2024年6月版

など、今話題となっているGoogle口コミのあるべき姿や、施設運営者としての口コミへの向き合い方についてお伝えします。

登壇するのは、口コミコム のアドバイザーであり、Googleのダイアモンドプロダクトエキスパートとしても活動中の永山卓也氏。Googleマップや口コミ対応などに詳しい永山氏から、最新のニュースやマーケティングノウハウについてわかりやすく解説いただきます!

詳しくはこちらをご覧ください。
口コミコム トレンドLIVE! Vol.2 〜Google、口コミなどのマーケティング最新情報をお届け〜

【24年5月版 Googleマップ・MEO最新情報まとめ】

MEOに関わるサービス「Googleマップ」「Googleビジネスプロフィール」や、各種地図アプリ・口コミサイトは日々更新を続けており、その全容を把握するのは難しくなっています。

そこで口コミラボでは、MEO・口コミマーケティングに役立つ最新ニュースをまとめた「Googleマップ・MEO最新情報まとめ」を毎月発行しています。

本記事では、2024年4月〜5月の情報をまとめたレポートのダイジェストをお届けします。

※ここでの「MEO」とは、Google上の店舗・施設情報の露出回数を増やしたり、来店行動につなげたりすることで、Google経由の集客を最大化させる施策を指します。
※『口コミアカデミー 』にご登録いただくと、レポートの全容を無料でご確認いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。
Googleビジネスプロフィール「チャット機能(メッセージ)」終了、7月末で / ビジネス情報の停止報告相次ぐ、「非店舗型」ビジネスでは要注意【2024年5月版 Googleマップ・MEOまとめ】


口コミアカデミー 0円すべて無料 口コミサイトの運営やノウハウが学べる、店長限定の無料のオンラインスクール

関連するオススメ記事

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。