Local Organic(ローカルオーガニック)とは?これから使われるかもしれないローカル検索関連用語を解説

口コミアカデミー 0円すべて無料 口コミサイトの運営やノウハウが学べる、店長限定の無料のオンラインスクール

Local Organic(ローカルオーガニック)とは、店舗・施設・場所を検索する「ローカル検索」における検索結果画面の一部で、Webページが一覧になっている箇所を指します。

2021年12月時点で日本国内ではほとんど使われていない用語ですが、これから使われるかもしれないローカル検索関連用語として解説していきます。

関連記事
ローカル検索の順位に最も影響するのは?2021年ローカル検索分析レポートを解説

Local Organic(ローカルオーガニック)とは

Local Organic(ローカルオーガニック)とは、「ローカル検索」をした際に表示されるWebページの一覧です。

ローカル検索と通常の検索の大きな違いは、いわゆる「ローカルパック」の表示の有無です。

Googleは、ユーザーが「どこかに行きたい、場所を知りたいと思っている」というニーズを読み取り、地図とともに3つの店舗・施設の情報を表示しています。この時のユーザーの検索行動が「ローカル検索」、表示される地図と店舗・施設情報が「ローカルパック」です。

ローカルパックとは
▲ローカルパック

一方で、ローカル検索にも通常の検索と同様、Webページを一覧で表示している箇所があり、「ローカルパック」の下に表示されることが多くなっています。

これが「ローカル検索に表示されているオーガニック*検索結果画面」という意味で、「Local Organic(ローカルオーガニック)」と海外で呼ばれているようです。

*オーガニック…通常の検索結果のうち、広告枠を除いたWebページの一覧のこと。

Local Organic ローカルオーガニック
▲Local Organic(ローカルオーガニック)


Local Organic(ローカルオーガニック)で上位表示するには?

特に美容室や観光地など、単価が高く吟味した上で選ばれることの多い業種の場合、Local Organicに表示されているかどうかも重視すべきでしょう。では、Local Organicで上位表示するにはどうすればいいのでしょうか。

まずはLocal Organicのデータを見てみよう

Local Organicをはじめ、Google検索の表示順位はGoogle独自のアルゴリズムにより決定されています。

アルゴリズムは一般には公開されていないため正確なところはわかりませんが、海外の最新調査をもとに「こういった施策が有効であろう」というものを紹介します(※参照 Whitespark:The 2021 Local Search Ranking Factors)。

調査によると、Local Organicでは1位:Webページの内部対策、2位:被リンク、3位:ユーザー行動の順に重要であるという結果が出たといいます。

Webページの内部対策はタイトル中のキーワードが検索キーワードと一致しているかや、ドメインの強さなどが含まれます。被リンクは、他のサイトに貼られたリンクからのページ流入や、リンク先のドメインの強さなどが当たります。さらに、ユーザー行動はクリック率や滞在時間などが含まれます。

現在、Local Organicのうち特にビッグキーワード(検索される回数が非常に多いキーワード)では、大部分を口コミサイトの施設情報一覧ページが占めている印象があります。食べログぐるなびや、リクルート運営のホットペッパーグルメ・ビューティーなどは特にドメインが強いため、上位に上がりやすくなっているのです。

Local Organicで上位表示する施策とは

Local Organicでは、(通常の検索結果と同様)ドメインの強さが大きく影響することがわかりました。では、ドメインの強いサイトを持っていない店舗・施設がLocal Organicで上位表示するにはどうすればいいのでしょうか。

まず、お店として狙いたいキーワードをいくつか選びます(例えば「地域名+業種」「地域名+店の名前」など)。その上で、Local Organic上にどんなサイトが表示されているかを見てみましょう。

先ほど挙げた口コミサイト、さらに公的機関・有名な企業のサイトなどは非常にドメインが強く、それを抜かして上位に表示させることは難しくなります(これも通常の検索結果と同じです)。

その場合は上位表示されている口コミサイト上に店名が掲載されているかどうかを確認し、掲載できていないのであれば掲載を、掲載しているのに上位表示されない場合は広告を検討したり、口コミを集めるなどして上位に表示されるような工夫をしたりします。

一方、比較的検索されづらく、ドメインが強くなさそうなサイトが並んでいるキーワードなら、自店舗のサイトでも上位に表示できるかもしれません。ブログなどを活用して、ユーザーニーズに合ったコンテンツを作成してみましょう。

関連記事
4ステップでわかるローカルコンテンツの作り方

【口コミを売上に変える!】最新セミナー&レポートのご紹介

口コミラボでは、集客・Webマーケティングに課題を抱える店舗のご担当者様向けに

「口コミを集めて売上につなげたい」
「ネガティブな口コミが投稿された…どう対処すればいい?」
Googleマップや口コミ管理をもっとカンタンにしたい」

といったお悩み・課題解決を支援すべく、最新レポートの公開やセミナーの実施などを行っております。

【最新】Googleマップ・Googleビジネスプロフィール更新情報レポート


毎月GoogleマップGoogleビジネスプロフィール(マイビジネス)などの最新情報をお届けする「MEO・口コミマーケまとめ 【2022年10月版】」です。

  • Googleビジネスプロフィールの属性から「健康と安全」に関する項目が削除
  • Googleマップに「アクティビティの予約・販売リンク」実装へ

Googleビジネスプロフィール(マイビジネス)をはじめ、ローカル検索対策や口コミマーケティングに役立つ情報が満載です!ぜひご一読ください。

Googleマップ・MEOの最新情報を知る【資料DL】

年末年始までにやるべきWeb活用の授業【12/7開催 Retty × 口コミコムセミナー】


2022年も早いもので、もう12月となりました。忘年会・新年会のシーズンが目前に迫っています。年末年始の繁忙期に備え、Web上で正しい店舗情報は発信できているでしょうか。

そこで口コミラボ運営会社の株式会社movは、Retty株式会社(以下Retty)と共催で、主に飲食店の集客・マーケティングご担当者様を対象としたセミナー「まだ間に合う!"年末年始直前"にやるべきWeb活用の授業」を開催いたします。

日程は12月7日(水)15:00 〜 16:00、参加費は無料です。


セミナーに申し込む(無料)

“ここでしか学べない“Googleビジネスプロフィールの最新ノウハウを無料で提供中!

仕込みの合間に通うお店の学校「口コミアカデミー」では、GoogleマップGoogleビジネスプロフィールの教科書を無料で公開いたしました!

Googleビジネスプロフィール ダイアモンドプロダクトエキスパートとしてGoogleから公式に認められている永山氏監修のもと作成した、“ここでしか学べない“内容となっております。

飲食店・観光施設・小売店・宿泊施設などの店長や店舗マーケター向けに、最新のWeb集客手法を【無料】でご提供いたします。

「Googleマップの教科書」を見てみる

ネガティブな口コミへの対処法

Googleマップなどの口コミは、ネガティブな意見が入ることも・・・。

  • 批判的な口コミが入ってしまった。どうしよう・・・
  • 悪い口コミは消せないの?
  • 返信するときはどういう風に書いたらいい?

本資料では、このようなギモン・お悩みにお答えします。

ネガティブ口コミへの対応方法を知る【資料DL】
口コミアカデミー 0円すべて無料 口コミサイトの運営やノウハウが学べる、店長限定の無料のオンラインスクール

関連するオススメ記事

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。