【海外の反応】日本のコンビニに五輪記者「あなたなしに何もできない」と絶賛:コンビニの外国語口コミを分析してわかった重要な事実

東京五輪を報道するため来日した海外メディア関係者が、日本のコンビニエンスストアを大絶賛したことで話題となっています。

海外メディア関係者が、日本のコンビニエンスストアを大絶賛
▲海外メディア関係者が、日本のコンビニエンスストアを大絶賛:Twitterより

Twitter:風のハルキゲニア さん @hkazanoによる投稿

今回特に話題を集めたのは、CBC Newsのオリンピックレポーター Devin Heroux氏の以下のツイートです。

CBC Newsのオリンピックレポーター Devin Heroux氏
▲CBC Newsのオリンピックレポーター Devin Heroux氏のツイート:Twitterより

Twitter:Devin Heroux氏による投稿

開会式後、午前2時以降もコンビニエンスストアが開いていることに驚き、"7-11. What would I do without you.(セブンイレブン、あなたなしでは何もできない。)"と絶賛しています。

コンビニエンスストアの24時間営業は今や日常となっていますが、Devin Heroux氏にとっては新鮮に映ったようです。

果たしてこの反応が一般的なものなのか、他の訪日外国人からも同様に称賛されているのかが気になるところです。

編集部では、実際に会場周辺のセブンイレブンに寄せられている外国語口コミを分析しました。

関連記事
五輪グッズ低迷から一転“爆売れ” 客数10倍に
【海外の反応】五輪開会式、世界のSNS上の反応は
「炎上するくらいなら口コミを集めたくない」…それでも口コミを無視できないワケ

会場周辺の口コミを分析:全体の約6.6%が外国語、評価平均は日本語口コミよりも高い

今回分析したのは、国立代々木競技場・選手村周辺のセブンイレブン 各20店舗(全40店舗)のGoogle マップ上の口コミ全693件です。

全口コミ693件中、外国語でコメントが入っている口コミは46件でした。全体の約6.6%が外国語の口コミであることがわかります。

また、40店舗の口コミ評価(☆)の平均は約3.3点であった一方、外国語の口コミに限って平均値を求めると約3.6点となりました。平均的に日本語の口コミよりも評価が高く、積極的に褒めるような口コミも多く集まっています。

また、口コミの言語は英語が38件、中国語が3件、その他(スペイン語、ポーランド語など)が5件でした。英語が主であるものの、多様な言語で投稿されていることがわかります。

口コミを和訳したものを、いくつか抜粋してご紹介します。

★★★★★
観光客にとても優しい。

★★★☆☆
いつものセブンイレブン。Wi-Fiもあります!

★★★★☆
私の大好きな飲み物がある大きな店。
オーストラリアに戻ってきたとき、セブンイレブンが恋しくなります。

★★★★★
軽食には最高の場所。
私は日本語を話せませんが、店員さんがとても親切で、 お米を包んだスナックがサーモンだと時間をかけて教えてくれました。

なお、今回分析した外国語の口コミ46件の中には、24時間営業であることを褒めるような内容はありませんでした

日本が好きで訪日した人や、在日外国人などであれば「セブンイレブンなどのコンビニエンスストア=24時間営業」という認識はすでに浸透しているのかもしれません。

※今回分析した口コミのうち、オリンピック期間前後の口コミは開会式前に投稿された1件のみであり、CBC News オリンピックレポーターDevin Heroux氏のツイートとは無関係です。

多言語で口コミを集めると、そのキーワードで検索された時に上位表示されやすい:口コミ投稿の促進はインバウンド対策にも!

Google マップなどで行きたい場所を検索することを「ローカル検索」といい、情報整備や発信などを通してローカル検索結果に最適な情報が表示されるようにする(そして来店・予約につなげる)ことを「ローカルSEO」と呼びます。

ローカルSEO対策の一つとして「高評価な口コミを多く集める」というものがあり、これを実施するとユーザーからの信頼感を得られるだけでなく、より多くのキーワードとの関連性が高まります。

そのため多言語での口コミが投稿されていると、その言語で検索された際、検索結果の上位に表示されやすくなり、インバウンド対策として有効です。

たとえばセブンイレブン原宿竹下通り店では、"this is THE best shop for quick snacks(手軽な軽食に最高のお店です)"という口コミが投稿されていました。

そこで"quick snacks Harajuku"と検索すると、上位に表示されています。他の地域では"quick snacks"と検索するとファストフードチェーンなどがヒットしていたため、明らかに口コミの影響です。

外国語口コミによるローカル検索結果への影響
▲外国語口コミによるローカル検索結果への影響

インバウンド回復時、多言語のローカルSEO対策が重要に

このようにさまざまな言語で口コミを集めると、日本語以外の言語でローカル検索された際、表示されるキーワードが増える効果が期待できます。

日本語はもちろん外国語でも口コミを多く集められるよう、多言語でも口コミ投稿をお願いするようなPOPを設置しておくとよいでしょう。

また、ローカル検索における多言語対応としては、Google マイビジネスの「投稿」機能を使い、日本語での投稿に英語などを添えるという方法もあります。

関連記事
Googleマイビジネスの投稿機能を活用する方法

今後ワクチン接種が普及し渡航制限が解除されれば、インバウンド(訪日旅行)が回復し、観光業をはじめとした各業界の復興を後押しする時が来ます。

インバウンド回復時までに、他社よりも早く多言語での情報整備・発信を行っておきましょう。

コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

「コロナで売上がガクッと落ちてしまったから新しい集客方法をやらないと…」「自粛で営業時間が頻繁に変わるがネット上の情報が変えられていない…」そんな悩みを「口コミコム」がまとめて解決します!

\10,000店舗以上が導入!詳細はバナーから/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」を運営する株式会社movが提供する口コミ集客支援ツールです。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。