【事例あり】Facebookページを店舗集客に活かすには?メリットとデメリット・機能や登録方法を解説

店舗事業者が事業の認知度向上を図るためのさまざまな方法のうち、SNSの運用は広告費をかけずに新規顧客獲得を図ることが可能であるため、活用の幅によっては効率的な店舗運営につながります。

中でもFacebookはページ運用が無料であり、いいね!やコメントに加えてシェア機能も有しているため拡散力にも優れています。また、チェックイン機能なども充実しており、店舗事業者にとっては活用必至の販促ツールであるといえるでしょう。

本記事ではFacebook活用のメリット・デメリットに加えて、集客への有効性やページ作成方法、実際の活用事例について解説します。

※2021年1月、Facebookページへの「いいね!」ボタンの削除が発表されました。今後フォロー機能のみが残り、ページのファンはフォロワー数として表示されます。「いいね!」はフォローに自動的に置き換えられることになっています(2021年1月28日追記)

関連記事
これからの集客
Facebookの効果的な集客方法

Facebookを店舗が利用するメリット・デメリット

Facebookには、無料でアカウント作成やページ作成ができ、ユーザーによる拡散力も期待できるなど、さまざまなメリットがあります。一方で、継続的に手入れをしていかなければならない点には注意が必要です。

メリット1:無料で利用できる

通常、ホームページ制作にあたっては、ドメイン取得やサーバー利用料など、数万から数十万円単位でのまとまった金額が必要となります。それに対してFacebookでは、アカウント登録やページ開設などの費用がかからず、無料で運用ができます。

投稿数にも制限がなく、ページも容易に作成できるため、導入のハードルが低い点は大きなメリットといえるでしょう。

メリット2:拡散力がある

SNSの代表格の一つであるFacebookは、「いいね!」や「コメント」「シェア」などの機能が充実しているため、ユーザーから評価された投稿は自動的に拡散されていく仕組みになっています。

なお、「拡散」には低評価を受けた投稿がユーザーによって炎上してしまうケースも含まれますが、実名登録が基本となっているFacebookでは、そもそも否定的な内容の投稿はされづらい傾向にあるため、炎上の可能性は低いといえるでしょう。

また、新規でコメントを獲得した場合、Facebookからは「新規投稿」という扱いとなり上位表示されるため、ユーザーとの積極的なコミュニケーションによって投稿の拡散力を維持できるようになっています。

デメリット:継続的な運用が必要

無料で利用が可能であり、高い拡散力によって新規顧客獲得に有効性が期待できるFacebookですが、継続的な投稿によって運用していく必要がある点は、場合によってはデメリットとなり得ます。

また、たとえ新規コメント獲得により上位表示されたとしても、情報鮮度が古く、更新頻度が高くない場合は、かえってユーザーからの信ぴょう性を失ってしまう原因になりかねません。

集客に手間をかけたなくない事業者にとっては、継続的な運用にコストやリソースを割けるかどうか、長期的な視野で検討する必要があるといえるでしょう。

Facebookで店舗集客に活用できる機能

ユーザーによる星評価やチェックイン機能、他SNSとの連携など、Facebookが有する機能を最大限に活用することで店舗の認知度向上、ひいては効率的な集客が実現可能となります。それぞれの機能について解説します。

1:ユーザーによる店舗評価

ページタイトル下に表示される星評価は、ユーザーによる星評価の平均値を示しています。

評価が高いほど、Facebook内での信頼性担保につながるだけでなく、評価を見たユーザーの来店意欲を高める効果が期待されます。

2:チェックイン機能

またFacebookでは、ユーザーが持っているモバイルやスマホ端末のGPS機能と連動し、「チェックイン」として訪問場所についての投稿をすることが可能です。

このチェックイン機能は、店舗などの所在地のみならず店舗情報の拡散にもつながります。ユーザーの知人などによる二次来店を呼び込むためには、「チェックイン」投稿者へ割引を適用するなどの施策を実施し、チェックイン投稿の積極的な推進を図ることが重要であるといえるでしょう。

3:他SNSとの連携

Instagramやtwitterなど他SNSとの連携ができるため、一度いずれかの媒体で投稿をしてしまえば、ボタン一つで他媒体にも同じ内容を投稿できます。

SNSによって、利用目的やターゲット層が大きく異なるため、連携することによってより幅広い層への認知度向上が期待できます。複数のSNS運用を検討している場合は、効率的に運用していくためにも当初から連携の設定をしておくことが効果的です。

Facebookの登録方法・ページ設定

続いて、実際にFacebook上で事業者用ページを作成する方法について解説します。作成されるページは個人アカウントに紐付けられる形となるため、個人アカウントを持っていない場合、まずはそこから作成します。

個人アカウントの作成

Facebook上で事業ページを作成するには、まずは個人アカウントの取得が条件となります。

姓名、メールアドレスまたは携帯番号、パスワード、生年月日、性別を入力し、アカウントを作成します。

Facebookページの作成

個人アカウントでログイン後、右上に表示されるメニューから「作成」、続いて「ページ」をクリックし、ページを作成します。

クリック後、自分の事業へ適したテンプレートデザインを「ビジネス」または「ブランド」のいずれかから選択し、ページ名とカテゴリを入力、最後にプロフィール写真とカバー写真を設定して体裁を整えます。

詳細設定

ページが作成されたことを確認後、ページのカバー写真下部にある3つの点のボタンから「ページ情報を編集」を選択し、編集画面を開きます。ユーザーにとって魅力的なページとなるようサービス詳細について入力します。

具体的には、商品メニューや店舗所在地、営業時間や価格帯、提供する料理のジャンル、駐車場の有無、交通アクセス、対応支払い方法、その他提供しているサービスについて記載します。

なお、商品メニューはPDF形式でのアップロードが可能となっています。

Facebookを活用した店舗集客例

SNSとして拡散力に優れたFacebookは、ユーザーの目に止まりやすい動画の投稿や投稿する画像に統一感を持たせることにより、さらに大きな集客効果が期待できます。

本項では、大手宅配ピザチェーンの「ドミノ・ピザ」、そして沖縄県小浜島のリゾート施設「はいむるぶし」の事例について解説します。

事例1:ドミノ・ピザ(飲食)

日々さまざまな投稿がなされているFacebookでは、画像よりも動画の方が埋もれにくいためにユーザーの目に止まりやすく、「いいね!」や「コメント」「シェア」などのエンゲージメントが向上するという特徴があります。

全店売上高は592億円(2020年6月)を誇り、世界では15,000店舗、日本では682店舗(2020年8月)を展開している大手宅配ピザチェーンの「ドミノ・ピザ」は、Facebook上で画像だけでなく動画を投稿することにより、「焼きたてのピザの香ばしさ」という商品価値を最大に引き出しています。

このように、訴求力のある投稿でユーザーの興味関心を煽ることにより、購買意欲を高める効果が期待されます。

事例2:はいむるぶし 南十字星という名のリゾート(宿泊施設)

一方、沖縄県に属する八重山諸島の小浜島にあるリゾート施設「はいむるぶし」では、あえて施設や料理の写真ではなく、美しい海と海岸線、原生林といった島の自然の写真を主に投稿しています。

これにより、ホテルのみならず小浜島という島全体の認知度や、ユーザーの旅行意欲向上に注力しています。

Facebookページが店舗集客に効果を発揮

無料で登録・ページ作成・運用が可能であり拡散力にも優れたFacebookは、事業の宣伝ツールとして活用することによる商品やサービスの認知度向上に加えて、来店意欲を高める効果が期待されます。

また、「いいね!」や「コメント」「シェア」などを経由したユーザーとのコミュニケーションは全てFacebook上で可視化されるため、運営者の人柄が伝わると共に信頼関係の構築にもつながります。

個人アカウントを取得していればページ作成は容易にできるため、コロナ禍で情報検索量が高まっている現在において活用しない手はないといえるでしょう。

コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

「コロナで売上がガクッと落ちてしまったから新しい集客方法をやらないと…」「自粛で営業時間が頻繁に変わるがネット上の情報が変えられていない…」そんな悩みを「口コミコム」がまとめて解決します!

\7,000店舗以上が導入!詳細はバナーから/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」を運営する株式会社movが提供する口コミ集客支援ツールです。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。