年末に客足が「戻らないと思う」76.3%、飲食店経営者は忘年会シーズンは厳しい状況になると予想

口コミアカデミー 0円すべて無料 口コミサイトの運営やノウハウが学べる、店長限定の無料のオンラインスクール

テイクアウト「パピテク」が飲食店に調査

テイクアウトができる飲食店を探すサービス「ハピテク」を運営する株式会社プレシャスパートナーズは、飲食店の年末の営業や採用などに関し調査を実施し、10月5日に結果を発表しています。

テイクアウトの実施状況の円グラフ 株式会社プレシャスパートナーズ
▲[テイクアウトの実施状況の円グラフ]:株式会社プレシャスパートナーズ

今年テイクアウトを始めたのが5割以上

同調査は、飲食店の経営者・店長931名の回答をまとめています。テイクアウトを「行っている」飲食店は68.5%、「行っていない」は31.5%です。

テイクアウトを「新型コロナウイルスの影響で始めた」との回答は54.7%、「それ以前から始めている」との回答は45.3%となっています。

年末は例年通りの客足が「戻らないと思う」は76.3%で、戻るのがいつ頃になるか聞いたところ、「2021年春頃」と回答した人が28.9%、「2021年夏頃」が27.5%、「2020年冬頃」が18.0%です。

忘年会シーズンの取り組みは?

今年の忘年会シーズンへの取り組みは「特に何もない」が28.2%、「一人用/少人数向け忘年会メニュー」が27.3%、「例年通り」が24.1%です。

アルバイトの採用活動を「していない」は63.3%、「行う予定はない」が61.9%です。

モバイルオーダーを導入しているのは17.0%、キャッシュレス決済は71.9%で、注目している技術やツールも「キャッシュレス決済」が多く36.8%です。

レポートでは、飲食店利用者へのメッセージも掲載されています。

(プレシャスパートナーズ調べ)

外部リンク

株式会社プレシャスパートナーズのプレスリリース
https://www.p-partners.co.jp/news/20201005_news.html

口コミラボ セミナー紹介&最新版MEOまとめ

【24年3月版 Googleマップ・MEO最新情報まとめ】


MEOに関わるサービス「Googleマップ」「Googleビジネスプロフィール」や、各種地図アプリ・口コミサイトは日々更新を続けており、その全容を把握するのは難しくなっています。

そこで口コミラボでは、MEO・口コミマーケティングに役立つ最新ニュースをまとめた「Googleマップ・MEO最新情報まとめ」を毎月発行しています。

本記事では、2024年2月〜3月の情報をまとめたレポートのダイジェストをお届けします。

※ここでの「MEO」とは、Google上の店舗・施設情報の露出回数を増やしたり、来店行動につなげたりすることで、Google経由の集客を最大化させる施策を指します。
※『口コミアカデミー 』にご登録いただくと、レポートの全容を無料でご確認いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。
ビジネスプロフィールにSNSの投稿が表示される / 宿泊施設のGoogleビジネスプロフィールでSNS登録が可能に ほか【24年3月版 Googleマップ・MEO最新情報まとめ】

口コミアカデミー 0円すべて無料 口コミサイトの運営やノウハウが学べる、店長限定の無料のオンラインスクール

関連するオススメ記事

    この記事の筆者

    口コミラボニュース

    口コミラボニュース

    口コミラボ編集部が選んだ、企業の口コミ・MEO対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。