Amazonでの販促方法|販促支援サービス・出品者での販促手法・Amazon広告について解説

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、非対面で買い物ができるECサイトの需要が伸び、多くの事業者が参入または出店を検討しています。

EC大手であるAmazonジャパンの出店をしている事業者にとっては、さらに売り上げを伸ばすためにどのような販促を行えば良いか悩むことも多いでしょう。

この記事では、Amazonでの販促方法や販促支援サービス広告について解説します。

販売促進の事例

キャンペーンやセールなど、さまざまなプロモーションによって消費者の購買行動を促す販売促進(販促)ですが、間違った方法で販売促進をしていても集客や売上、利益、収益につながりません。この記事では販促の目的、効果、手法や、これまでに企業が行った販促の成功事例について紹介していきます。目次いまさら聞けない販売促進(販促)とは販売促進(販促)とは販促と似ている言葉販売促進の効果集客アップを実現した販促手法3選1.対象や期間を限定する「制度手法」2.景品や特典を設ける「プレミアム手法」3.サンプリング...

Amazonが選ばれる理由

Amazonがユーザーに支持されている理由として、画一化された見やすい商品ページがあげられます。同じ商品に対して複数の出品者がいても、ユーザーは一つのページで商品情報、画像、納期、複数の出品者情報が確認できます。こうしたサービス設計が、ユーザーの利用や購入の理由の一つとなっていると考えられます。

商品情報はモバイル、タブレットなどにも対応しているため、出品者側でページ再作成の手間や追加費用などが発生しません。

Amazonは全出品商品を対象に、検索エンジンで上位に表示されるようSEOに取り組み、検索結果に連動する広告も出稿しています。これによりAmazonへの購入導線を作っていることを公式サイトで説明しています。

さらに、個人ブログや他ホームページでの商品紹介に連動したアフィリエイトや、ユーザーの買い物時の不安解消になるカスタマーレビューなどを基本的な機能として用意しています。

ECサイト3社比較|Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングの特徴

オンラインショッピングが一般的となり、新型コロナウイルスの流行の影響によりECサイト(Electronic Commerce Site)から買い物をする人が増加しています。ECサイトは種類も多く、事業者の中にはどのECサイトに出店すべきか悩む人も多いでしょう。この記事ではECサイトを導入するメリットに触れつつ、日本でユーザーの多いAmazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングの3のECモールについてその特徴や利用時の料金について詳しく解説します。EC導入のメリットインターネットの普及によ...


Amazon出店方法|プランや手数料・出店までの流れから集客方法まで

以前からECサイトでの販売に注目が集まっていましたが、新型コロナウイルスの影響によりさらに関心が高まっています。ECサイトの浸透が進む背景には、Withコロナ時代での売上確保の他にスマートフォンの普及でECサイトを通じてモノを買うことが1つのチャネルとして確立してきていることが考えられます。この記事では、ECサイトプラットフォームの中でも、特に認知度の高いAmazonへの出店方法やプラン・手数料、出店からAmazon内での集客方法までを解説します。Amazon出店のプランと手数料Amazo...

Amazonの商品ページ作成のポイント

Amazon側が提供している販促支援以外に、出品者側が追加で対策をすることで、さらに集客効果が期待できます。

商品ページの工夫やSEOは、費用をかけることなく効果を期待できる可能性があるため、気軽に取り入れられる販促手法です。

今さら聞けない「販売促進(販促)」とは

販売促進とは、売上・利益を増大させるために消費者の購買意欲を刺激するさまざまな施策を実施することです。モノやサービスが飽和し、質の向上や低価格化だけでは消費者の目をひくことが難しくなった現代において、企業や店舗ではこれまで以上に販売促進の重要性が認識されてきています。この記事では、販売促進の意味や販売促進にかかわる「4P」「4C」の概念、そして販売促進の具体的な方法や実際の事例について解説します。目次販売促進とは?「4P」「4C」とは?なぜ販売促進が必要なのか?販売促進の具体的な4つの方法...

1. 顧客目線の情報を記載

Amazonの商品ページはデザインが統一されているため、ページ内の情報が顧客にとって魅力的であるかが重要になります。そのため、記載されている情報が顧客目線の情報かどうかが大切です。

出品側は、セールスポイントだけを載せたくなりますが、必ずしもその情報が顧客に必要な情報とは限りません。

例えばアレルギーを気にする顧客であれば、アレルギー情報が載っていない商品は検討の対象ににくいでしょう。出品商品のどこが検討材料になるかを考え、顧客の判断ポイントを増やすことが購入機会につながります。

2. 誇大表現をしていないか、表現は適切か

表品ページをユーザーが見たときに、ユーザーが押し売りをされているように感じないか、表現は適切かなども大切です。

商品をアピールするため「最高級」「最高品質」など誇大表現を使用したくなりますが、客観的な情報がなければユーザーに信頼されません。

他にも「期間限定セール」をうたいながら長期間、値引き後の価格で商品を販売するなど、顧客の信用低下につながるため一時的な売り上げ作りだけでなく、長期的なブランディング作りの認識が重要です。

3. 商品紹介の情報量は適切か

3つ目のポイントは商品ページの情報量が適切であるかです。この情報量とは紹介文などの文字情報だけでなく、画像や動画なども含まれます。

商品によって掲載したほうがいい情報は異なり、布製品であれば素材の詳細、電化製品では接続端子の種類などが必要です。

顧客にとって魅力的な情報つくりは手間がかかりますが、丁寧なページつくりは結果的に購入機会の向上になります。

4. SEOを意識する

Amazon内での検索結果において、2ページ目以降の閲覧率は下がることがわかっており、上位のページに表示されるような取り組みが重要になります。顧客が出品商品を検索する際に使用するキーワードを理解し、商品ページに記載することで、Amazonが関連性の高い商品と認識し検索結果の上位に入ることが期待できます。

  1. 商品名
  2. 商品説明の箇条書き
  3. 商品紹介コンテンツ
  4. 検索キーワード
  5. 商品説明文

上記の箇所にキーワードを入れ込むとにより、関連性をアピールできますが、例えば、「このスニーカーは10代に人気のスニーカーで、サイズも豊富なスニーカーです。」など1か所に同じキーワードを過剰に複数入れても効果はないため、各箇所に確実にひとつキーワードを盛り込んだほうが良いといわれています。

Amazon内でのSEOにはキーワード以外にも、直近売り上げや、コンバージョン率、在庫保持率、価格も関係しています。また、カスタマーレビューの高評価が信頼性の高さの表れとして、コンバージョン率アップにもなり、結果SEOになります。

検索結果で上位表示させるには

検索エンジンの検索結果の上位に表示されるウェブサイトは、大きなプレビュー数を獲得できます。そのため、コンテンツが検索結果の上位に表示されることは、インターネット上で認知を拡大したり集客を増大させることに非常に効果があります。こうしたことは理解できても、具体的にどのような方法で検索結果の上位に表示させることができるのかについては、わからないという方も少なくありません。この記事では、Googleの検索サービスで検索結果の上位に表示させるためのSEO対策の方法、メリットとデメリットについて解説し...

Amazon広告の活用で販売促進

Amazonではサイト内商品をアピールするためさまざまな広告タイプを用意しています。

Amazon広告は、ユーザーが関連商品を検索した際など、購買の動機づけができるタイミングで表示されるため、販売商品を効率的にPRできます。

Amazon広告のメリット

Amazon広告のメリットは大きく3つあげられます。

1つ目は、購買意欲の高い層にアプローチが可能という点です。先述の通り、顧客は検索時、購入希望カテゴリまたは具体的なアイテムを決定している場合が多く、広告掲載との親和性が高くなります。

2つ目は他の広告に比べ費用対効果が高い点です。漠然と商品を調べられる検索エンジンに対し、購入を前提にしたAmazonでは購入導線が作りやすくなります。

3つ目は購入回数が増えるほど、検索結果上位に表示されるようになる点です。Amazonでは購入数が多い商品ほど、検索エンジンで上位表示されるため、広告出稿で商品が売れれば売れるほど、結果的に広告を出さなくとも商品がユーザーの目にとまるようになります。

Amazon広告の種類

ブランディングや認知獲得のための広告のほかに、ユーザー検索キーワードと連動できる広告であるAMS(Amazon Marketing Services)があり、AMS広告には3つの種類があります。

  1. スポンサープロダクト広告
  2. スポンサーブランド広告
  3. 商品ディスプレイ広告

スポンサープロダクト広告」と「スポンサーブランド広告」は、どちらも検索キーワードからターゲティングできますが、広告掲載場所が異なります。プロダクト広告は検索結果画面の下部に表示され、ブランド広告は検索結果の上部に表示されます。

商品ディスプレイ広告」は、関連商品の詳細ページに掲載されるため、商品や関心によるターゲティングが可能です。

3種のAMS広告の中で、一番出稿量が多いものが「スポンサープロダクト広告」といわれています。

番外編:Amazonポイントを設定し購入動機付け

広告ではありませんが、Amazon独自のサービスを活用して消費者の購入を後押しする方法にAmzaonポイントがあります。

Amazonポイントとは、商品購入時にもらえるポイントで、1ポイント=1円で使用できます。この設定ポイント数は出品者が設定でき、ポイントの有無で顧客の商品購入時に数ある出品店舗から選択する決定打にもなり得ます。

特に販売を注力したい商品やインプレッション数が多いにもかかわらず、クリック数が少ない商品にはポイント付与することで他社との差別化になるため効果的です。

付与ポイント数は、同カテゴリの競合商品のポイント率や値引き金額を参考に決めると、販促費用や売り上げとのバランスが取れた施策になるでしょう。

Amazonの販促支援

Amazonは強大な集客力をもち、PCからは月間約1,600万人、モバイル端末からは約3,300万人が訪れています。

この集客力を購入につなげられるよう、Amazonは、見やすい商品ページやSEO(検索エンジン最適化)、SEM(検索連動型広告)などのサポートをしています。

海外版Amazonへの出店を無料で支援

海外からの日本商品購入の需要は高く、経済産業省によると、2018年のアメリカからの購入額は8,200億円で、日本国内購入額の3.3倍となりました。

Amazonは、北米、欧州、インド、オーストラリアなどで展開しており、現地サービスに登録すれば日本企業も出店が可能です。しかし言語や需要のあるマーケットの違いなどが、出品の壁になっています。

Amazonジャパンでは、こうした問題を解決すべく、専門チームを立ち上げ、海外Amazonでの登録方法、販促などの相談に日本語で対応し、出品企業の販路開拓につなげています。

新型コロナで越境EC市場が拡大、消費行動の変化と巣篭もり消費が後押し

新型コロナウイルスによる売り上げ減少に苦しむ小売店事業の打開策として、越境ECが注目されています。日本企業にとって海外に向けたビジネスはより身近なものになってきていますが、新型コロナウイルスによって越境EC市場にどのような影響があったのか、また実際に収益として売り上げが見込めるのか気になる点ではないでしょうか。この記事では、今後の海外戦略へのカギとなる越境ECの基本や新型コロナウイルス(COVID-19)でどのような変化があったのか、今後の展望ついて詳しく解説します。越境ECの基本日本でも...

銀座に期間限定バーをオープン

Amazonでは2014年より酒類の販売を開始しました。2017年10月には、Amazon内で販売する酒類のプロモーションとして、銀座に期間限定バー店舗をオープンさせました。

このバーにはメニューがなく、来店客が店頭のタブレット端末で6つの質問に応えると、回答にあったワインやカクテルが提供されます。店内にはサイトで取り扱う数万点の酒類商品から約5,000点の酒が展示されました。

Amazonは、世界各国で実店舗でのプロモーションをしています。日本でも酒販売以外にAmazonプライムが体験できる実店舗や、クレジットカード決済サービス「アマゾンペイ」の実店舗導入などのプロモーションを実施しています。

こうした取り組みにより、オフライン、オンラインの垣根を超えたサービス体験を提供しています。

新型コロナで「置き配」誕生

新型コロナウイルスの感染予防対策のため、非接触サービスの需要が伸び、Amazonは宅配の受け取り時の接触を減らすべく「置き配」を新たにスタートさせました。

購入者が自宅への配送時に「置き配」を選択し、どの場所に荷物を置いておくのかを選ぶことができます。

選択できる項目は下記の通りです。

  • 宅配ボックス
  • ガスメーターボックス
  • 玄関
  • 自転車のかご
  • 車庫
  • 建物内受付/管理人

このサービスにより、ユーザーがより安心・安全にAmazonから商品を購入することができ、販売に関わる事業者の感染リスクを軽減しています。

Amazon出店方法|プランや手数料・出店までの流れから集客方法まで

以前からECサイトでの販売に注目が集まっていましたが、新型コロナウイルスの影響によりさらに関心が高まっています。ECサイトの浸透が進む背景には、Withコロナ時代での売上確保の他にスマートフォンの普及でECサイトを通じてモノを買うことが1つのチャネルとして確立してきていることが考えられます。この記事では、ECサイトプラットフォームの中でも、特に認知度の高いAmazonへの出店方法やプラン・手数料、出店からAmazon内での集客方法までを解説します。Amazon出店のプランと手数料Amazo...

Amazonの販促手法は適切に選び売り上げアップを

Amazonでは、オンラインオフラインの垣根を超え、多様な購入機会や新サービスを提供してきました。今回のコロナウイルスの感染拡大を受け、「置き配」を30都道府県でサービス標準化するなど新しい取り組みが実施されています。

置き配とは、商品配達時に顧客の在宅、不在にかかわらず、サイン不要で商品を指定場所に置いて配達が完了するサービスです。

日本ならびに世界情勢や生活様式に合わせサービスを柔軟に変化させるAmazonに対する需要は、今後も高まっていくことが予想されます。

EC市場は拡大し続けており、参入する出店者が売上げを確保するにはさまざまな工夫が必要になってきます。

Amazonでの販売に有効なあらゆる販促手法を理解し、適切な方法を選択し実施することで、Amazonでの売り上げアップや購入導線の確保が実現できるでしょう。

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。