コンバージョン(Conversion)とは、Webサイト上で最終的に獲得した成果のことを指すマーケティング用語です。CVと略して呼ばれることも多々あります。

元々の語義としては、「変換」「転換」「転化」といった意味があります。

主に商品の購入、資料請求、問い合わせ、会員登録などをコンバージョンとして設定する場合が多く、これを設定することで、Webサイトにおける施策の効果測定が可能となります。

また、Webサイトへのアクセス数のうち、コンバージョンに結びついた割合をコンバージョン率(Conversion Rate:CVR)と呼びます。コンバージョン率は、以下の式で求められます。

<関連記事>


口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に
 

役にたったら
いいね!してください