Googleマップとは?基本的な使い方と店舗集客の活用方法を紹介

Google マップはGoogleの提供する地図情報サービスです。全周囲を画面内で見られるストリートビューなどの機能があります。

地図としての役割だけでなく、店舗や施設などのローカルビジネスに付帯する営業時間などの基本情報をビジネスリスティングと呼ばれる形で表示しています。

地図を利用する際、同時に必要となる情報にアクセスできるプラットフォームとなっています。

基本情報の表示だけでなく、検索した場所へのアクセス方法がわかるルート検索も可能です。ローカルビジネスを展開している事業者にとって、顧客の来店を促進できる可能性も秘めています。

Google マップを活用した集客方法や、Google マップでの自社や自店舗の情報の登録方法などを解説します。

関連記事:基礎から学ぶ「Google マイビジネス」まずは店舗を登録して集客につなげよう

Googleマイビジネスは、2021.11.5よりGoogle ビジネスプロフィールという名称に変更されました。
これに伴い、2022年にスマートフォン向けGoogleマイビジネスのアプリが終了します。
アプリ終了前に、これまでと同じように快適に使えるよう今から準備しておきましょう!

\30秒でダウンロード完了/

無料マニュアルをダウンロードする>>

Google マップとは

Google マップは検索エンジン大手のGoogleが無料でユーザーに提供している地図サービスです。

アプリ版とウェブブラウザ版があり、パソコンやスマートフォン、タブレットなど多種多様なデバイスからの接続に対応しています。

住所検索のほかに、キーワード検索などにも対応しており、各スポットの営業時間やメニューなどを簡単に参照できます。

GPS(位置情報)を利用したルート案内のサービスや、撮影した道路沿いの風景を表示するストリートビューといった視覚的にわかりやすい情報も提供しています。

Googleマップとは?使い方やメリット、ローカルSEO(MEO)対策の方法について

Google マップとは、Googleが提供する地図情報サービスです。Google マップには、ストリートビューや航空写真といった地図としての機能のほかにも、周辺の店舗情報の閲覧・評価、距離の測定など便利な機能も搭載されています。地図エンジンでの検索最適化を意味するローカルSEO(MEO)に取り組む際には、質の高い口コミを獲得することや適切な情報の管理が必要になります。今回はGoogle マップの概要・登録方法・口コミに関する情報・多言語対応について解説します。関連記事:基礎から学ぶ「Go...

Google マップの機能

Google マップには、地図で行きたい場所を表示させるだけでなく様々な機能が搭載されています。このトピックでは、Google マップの代表的な機能を3つご紹介します。

1. 「ルート・乗換」の検索

Google マップでは、現在地や指定した住所から目的地を検索し「ルート・乗換」のボタンをクリックすると、目的地までの経路を提案してくれます。

所要時間や交通費も提示されます。

東京駅までのルート・乗換 Google マップ
▲[東京駅までのルート・乗換]:Google マップより

2. ストリートビュー

ストリートビューはGoogle マップ上で指定した現地の様子を実際の写真として見られるサービスです。

ストリートビュー全周囲方向に向けられた多数のカメラで撮影された画像を合成しているので、オンライン上でまるで現地にいるかのような景色を見ることができます。自分の見たい方向や角度を自由に変更したり、見たい部分を拡大したり縮小したりすることもできます。

Googleではこのストリートビューに対応させた画像を入手するために、専用の車に特殊なカメラを搭載して世界各国を走らせています。

屋外のストリートビューだけでなく、事業者や店舗、施設が撮影した画像をGoogle マップに掲載する屋内のストリートビューも増えつつあります。

関連記事
ストリートビューの認定パートナーとは?

3. 周辺のスポットや店舗の検索

スマートフォンアプリの画面下部にある「周辺のスポット(地名になっている場合あり)」をタップまたは「近くの◯◯」などのような検索をすると、現在地の近くにある店舗が表示されます。

営業時間や評価も表示されるので、近くの店舗が簡単に見つかります。

周辺店舗 検索結果 Google マップより
▲[周辺の店舗の検索結果]:Google マップより

Google マップに店舗情報を登録する方法

店舗をGoogle マップに登録するには、Google アカウントからGoogle マップに「地図に載っていない場所を追加」することで登録されます。すでにユーザーが追加している場合や、ウェブ上の情報からGoogle マップに店舗が登録されている場合もあります。

登録されている店舗の場合、名称や住所、営業時間、写真などが掲載されています。

Google マップに表示されるビジネス情報と呼ばれるこれらの情報は、Google マイビジネスから管理することができます。管理をするためには、店舗のビジネス情報に対して「オーナー確認」を申請します。

オーナー確認が完了すると、店舗に寄せられた口コミの確認や返信、ビジネス情報へユーザーがどのようにアクセスしているかの分析や、一般ユーザーによる情報更新に対する承認といった機能が利用できるようになります。

関連記事
Googleマイビジネスとは?

Google マップやビジネス情報の集客効果

Google マップを活用して店舗集客するためには、ユーザーが検索した際に表示されるビジネス情報が充実していることが重要です。

店舗名や住所の登録だけでなく、営業時間やメニュー、店内写真、口コミなどが充実していると、ユーザーの店舗選びの参考になります。店舗の雰囲気や価格帯、現在地からの距離などもわかるため、利用のハードルが下がります。

Google マップに表示される情報が常に最新情報であれば、来店した際に店舗とGoogle マップで確認した情報とのギャップが埋められ、ユーザーの満足度向上にもつながります。

飲食店などのローカルビジネスのビジネス情報には、投稿された口コミも表示されます。良い口コミは、ユーザーがその店舗を利用する動機付けになります。

関連記事
Googleマイビジネスの口コミ管理

Google マップのユーザーに店舗情報を知らせて集客につなげる

Google マップはGoogleの提供する地図情報サービスで全世界中で展開されています。

目的地までの道のりを調べるという地図本来の機能だけでなく、ストリートビューによる360度全周表示や、各種店舗などのビジネス情報の掲載があり、ユーザーにより詳細に現地の様子を伝えています。

Google マイビジネスに登録し、Google マップ上に表示される自社情報を充実させれば、Google マップやGoogle 検索を利用する見込み客の目に留まる可能性も高まります。ローカルビジネスの潜在顧客の発掘にも活用できるサービスといえるでしょう。

関連記事
ビジネスリスティングとは?

コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

「コロナで売上がガクッと落ちてしまったから新しい集客方法をやらないと…」「自粛で営業時間が頻繁に変わるがネット上の情報が変えられていない…」そんな悩みを「口コミコム」がまとめて解決します!

\10,000店舗以上が導入!詳細はバナーから/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」を運営する株式会社movが提供する口コミ集客支援ツールです。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。