【飲食店】休業情報をGoogleマイビジネスに掲載すべき理由|Googleマイビジネスとは・お勧め理由

【飲食店】休業情報をGoogleマイビジネスに掲載すべき理由|Googleマイビジネスとは・お勧め理由

新型コロナウイルスの感染拡大により、短縮営業や臨時休業を行う飲食店が増加し、緊急事態宣言の解除により営業を再開するなど、通常よりも営業時間の変動が多くなっています。

そのため顧客が来店した際に臨時休業していたり、営業をしているのにその情報が顧客に届かず来店の機会を損失してしまう可能性があります。

このようなことがないように、Googleマイビジネスを活用し、自社情報の最新情報を発信すると良いでしょう。

この記事では、Googleマイビジネスの概要や、Googleマイビジネスを用いた臨時休業やテイクアウト・デリバリーの告知の方法について解説します。

休業・制限営業のお知らせの仕方

新型コロナウイルスの感染拡大により、臨時休業や営業時間の制限を行なっている飲食店があります。各飲食店のTwitterや公式サイトでは、情報発信を行なっている様子がみられます。以下で詳しく解説します。

Twitterで発信

Twitterアカウントを運用している飲食店の中には、ツイートを通して臨時休業を発信する店舗もあり、ハッシュタグ「#臨時休業のお知らせ」を付けて発信しています。

臨時休業する期間や営業再開のめどはもちろんのこと、緊急連絡先も合わせて発信している店舗もあり、リアルタイムに情報を周知することができます。

大手チェーン店では公式サイトから発信

全国に店舗を展開する大手チェーンの飲食店は、公式サイトで臨時休業や営業短縮を発信しています。

たとえば、ガストやジョナサンを展開する「すかいらーくグループ」では、公式サイト上の一番目に入る部分に「安心安全をお届けするために すかいらーくグループの新型コロナウイルスへの取り組み」といったバナーを表示しています。

バナーをクリックすると「新型コロナウイルス感染拡大に伴う対応について」のリリースのページに遷移し、店舗営業に関するお知らせや感染症拡大防止の取り組みが確認できます。

Googleマイビジネスとは?

飲食店の中には、Googleマイビジネスを導入している店舗もあります。Googleマイビジネスを活用することで、新規顧客の獲得やリピーター拡大が見込めます。

以下では、Googleマイビジネスの概要について解説します。

Googleマイビジネスとは?

Googleマイビジネスは、Google検索やGoogleマップなどに自社のビジネスや店舗の情報を表示し、管理できるGoogle社が無料で提供するサービスです。

検索エンジンで飲食店の名前を検索すると、検索結果画面に店舗の基本情報や写真、地図などが表示されます。

Googleマイビジネスは、これらの情報を登録・管理できるサービスです。店舗の概要をわかりやすく記載したり、魅力的な商品・サービスの写真を掲載することで、顧客の関心を引くことができます。

また、「青山 イタリアン」のように顧客が店舗に関するキーワードを検索した際には、近隣の店舗として検索結果に表示されるため、見込み顧客を獲得することにもつながります。

Googleによると、Googleでの飲食店に関する検索はひと月に50億件も行われているため、Googleマイビジネスの活用は集客に有効活用できると考えられます。

「Google マイビジネス」でオーナー確認をする方法

Webでの宣伝方法の一つとして、Google マイビジネスの注目が集まっています。Google マイビシネスを活用しMEO対策をしたいと考えている事業者も多いでしょう。しかし、「具体的に何がいいのかや登録方法がわからない」という事業者が多いのではないでしょうか。そこで、今回の記事はGoogleマイビジネスの登録から活用術まで分かりやすく解説します。登録方法 1:Google マップで店舗情報が見れる場合Google マイビジネスは、店舗情報を入力しオーナー確認を行うことが最初のステップです...

Googleマイビジネスができる3つのこと

Googleマイビジネスでは以下の3つの特徴により店舗への集客の活用できます。

まず1つ目に、Googleマイビジネスに登録しておくと、オンライン上で店舗の情報をGoogle map上に無料で公開できます。情報の編集も可能なため、休業や閉店など店舗の情報が変更になったときでも迅速にユーザーに対して知らせることができるのです。

2つ目として、ユーザーと交流ができるという特徴があります。利用した顧客は店舗の口コミを書くことができるのですが、実際に寄せられた口コミに対して、返信することも可能であり、ユーザーと双方向的なコミュニケーションを取ることができます。

そして3つ目は、ホームページがなくても新規顧客にアピールができるという点です。Googleマイビジネスを利用することで営業時間や電話番号、店舗の住所、料理の写真といった店舗の詳細な情報を公開できます。Googleマイビジネス上で十分な情報を伝えられることから、ホームページを持たなくても新規顧客の獲得が可能です。

Googleマイビジネスを使うメリット

新型コロナウイルス対策の一環として、全都道府県に対し緊急事態宣言が発令されました。飲食店の中には、臨時休業を決めた店舗やテイクアウト・デリバリーのサービスを開始した店舗も多いと考えられます。

以下では、Googleマイビジネスを活用した臨時休業・テイクアウト・デリバリーの告知について解説します。

臨時休業・テイクアウト・デリバリーの情報もお知らせできる

Googleマイビジネスでは、Googleの検索結果上に住所などの店舗の基本的な情報だけでなく、臨時休業やテイクアウト、デリバリーの情報も掲載できるため、簡単に正確な情報を伝えることができます。

臨時休業する場合、Googleマイビジネスで「休業マークを付ける」と設定できます。検索結果には「臨時休業」と表示されるため、顧客が間違えて来店することを防ぐことができるでしょう。

テイクアウトやデリバリーを開始した場合は、店舗の概要を表す「属性」の編集画面で「テイクアウト」「デリバリー」を追加します。

現在Google マップでは、検索ボックスの下に「テイクアウト」や「デリバリー」のボタンがあらかじめ設定されており、ユーザーはそこから検索しやすくなっているため、正しい情報を入れておくことで新規顧客の獲得が見込めます。

SNSではなくGoogleマイビジネスで情報発信する理由

それぞれTwitterなどのSNSアカウントを持っている飲食店も多い一方で、顧客への周知にはGoogleマイビジネスの活用がおすすめだといえます。

BrightLocalが実施したGoogleマイビジネスの集客貢献度に関する調査によると、Googleマイビジネスに掲載しているローカルビジネス企業は、平均毎月1,009回、1日にすると33回も検索ユーザーの目に触れるようになると判明しています。

そのうち84%が、「青山 イタリアン」のような一般名詞での検索により発見されたものであり、残りの16%が企業や店舗の名前を直接検索したことで見つけられています。

また、アウンコンサルティングの調査によると、Googleは日本での検索エンジンの利用のシェア1位を占めています。Googleマイビジネスへの掲載を通じ、シェア1位のGoogle検索サービスに表示させることにより、より多くの人に情報が届けられると考えられます。

営業情報を的確に多くの人に伝えて、不要不急の外出を減らす

新型コロナウイルス対策の感染拡大に伴い、全都道府県に対し緊急事態宣言が発令されました。しかし5月14日には39県で緊急事態宣言が解除され、5月21日には関西の2府1県で緊急事態宣言が解除されました。

今後は休業要請の緩和がさらに進むと考えられますが、感染者数によっては再び営業自粛を政府や地方自治体から要請される可能性もあります。

このような状況を踏まえ、営業時間や営業スタイルなどを柔軟に対応できるようにし、顧客に向けて情報発信をする必要があります。

顧客が臨時休業をしていることを知らずに来店した場合、次に来店する意欲が削がれる可能性があります。

そのようなことが発生しないように、今回ご紹介したGoogleマイビジネスを活用した情報発信を行いビジネスチャンスを逃さない工夫が重要です。

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。