デジタルトランスフォーメーション(DX)のメリット・デメリットを紹介

デジタル化を進めることで業界内の競争において優位性を獲得できるデジタルトランスフォーメーションは、大きな注目を集めています。

本記事ではデジタルトランスフォーメーションについてその概要や必要性について紹介しながら、導入のメリットやデメリットを解説していきます。

デジタルトランスフォーメーションとは?

各方面でデジタル化が重要視される昨今、デジタルトランスフォーメーションを導入する企業が増加しています。

最初にデジタルトランスフォーメーションについてその概要や必要性、実際に導入した企業の事例を紹介していきます。

デジタルトランスフォーメーションの概要

デジタルトランスフォーメーション(Digital transformation、DX)はデータとデジタル技術の活用により業務、組織、企業の風土等を変革し、競争において優位性を確立することを指します。

ここ数年で日常生活を支えるあらゆるサービスや商品のデジタル化が進んでいますが、企業においても同じことがいえます。

加速していく競争社会の中でより優位性を保ちながらビジネスを進めていくには、業務や組織経営、企業の風土づくり等に最先端のデジタル技術を取り入れることが必要となっています。

集客や顧客の満足度向上を考えても、変わりゆく時代に合わせ、デジタル技術を用いたサービスや商品を生み出し続けることが求められています。

デジタルトランスフォーメーションの必要性

近年デジタルトランスフォーメーションの必要性の高まりを受け、各企業でさまざまなシステムやITツールが導入されています。

しかし、今まで利用していたシステムは「レガシーシステム」と呼ばれ、複雑化、ブラックボックス化、老朽化しているとされ問題視されると同時に、その特性から、運用や保守に非常に多くの人出が必要といわれています。

そこで問題にあがっているのが「2025年の崖」と呼ばれる問題です。2025年の崖とは、デジタル化が進むにつれてIT人材不足が進み、さらに基幹システムの老朽化、SAPやERPのサポート終了が重なり、デジタルトランスフォーメーションの実現が遠のくといわれている問題です。

経済産業省ではこの2025年の崖に備えて「DX実現シナリオ」を掲げ、レガシーシステムからの脱却の重要性について言及しています。

デジタルトランスフォーメーションの導入事例

導入が推し進められるデジタルトランスフォーメーションですが、実際に導入している企業も多くあります。

その代表的な存在がAmazonです。Amazonでは顧客のビックデータを用いて「最高の顧客体験」を目指し、デジタルトランスフォーメーションを取り入れたシステムを導入しています。

その代表的な例に「Amazon Echo」があります。Amazon Echoには、Web上で商品を検索しクリックして購入するという手間を削減し、音声のみでの注文を可能にしました。

また「Kindle」という電子書籍専用の端末もAmazonの商品です。Kindleを使うことで紙の書籍を持ち運ぶ必要がなく、デバイス一つで場所を選ばず購入した書籍を読めます。さらに「Fireタブレット」という電子書籍リーダーとタブレットの両方の機能を備えたデバイスも発売され、これ一台で幅広い機能を網羅しています。

デジタルトランスフォーメーション 3つのメリット

時代の変化に伴って導入を進めているデジタルトランスフォーメーションは導入することで多くのメリットがあります。

先述した2025年の崖に対応する以外に、ビジネスにおいてどのような効果が期待できるのか、3つのポイントに焦点を当てて紹介していきます。

1. 効率性・生産性・精度の向上

1つ目に効率性、生産性、精度の向上があげられます。

デジタルトランスフォーメーションを導入し、これまで分散していたワークフローを統合、タスクを自動化することによってより優先度や重要度の高いタスクに集中することで業務効率化が期待できます。

加えて統合されたワークフローを共有することで、チーム内や部署内、ひいては社内で務上のコミュニケーションが円滑に進みます。これによりエンゲージメントの強化が見込めると同時に、生産性の向上にもつながります。

さらにデジタルにより勧められた自動化は、ミスや漏れといったヒューマンエラーを防ぎ、業務の精度向上にも効果があります。

2. 市場の変化に柔軟な対応ができる

デジタルトランスフォーメーションを導入することで市場の変化に柔軟に対応できるようになります。

例えば、今回の新型コロナウイルスの感染拡大により、多くの業界で市場の変化やこれまでとは違ったビジネスモデルへの変化を余儀なくされています。

もともとITツールなどの活用でデジタルトランスフォーメーションが進んでいた企業とそうでない企業とでは、業務への影響の差が大きくなっています。

他にも民泊サービスとして多くの人に利用されているAirbnbもその一つです。

従来宿泊業界は、ホテルや旅館といった特定の資格を持つ施設のみが宿泊場所を提供していましたが、Airbnbが宿泊業界に参入したことにより宿泊市場が大きく変化しました。

デジタルかが進むにつれてこのようなディスラプションがあらゆる市場で起こると予測されてます。ディスラプションに備えデジタルトランスフォーメーションを導入しシステム環境を整えることで、大きな市場変化にも柔軟に対応できます。

3. 新商品・サービスの開発

デジタルトランスフォーメーションの目指すところは業務や組織のデジタル化ではなく、その先にある新しいサービスや商品、ビジネスモデルの開発にもあります。

すでにクラウド、ビックデータアナリティクス、AIやIoTを活用して新たな商品やサービス、ビジネスモデルが誕生しています。

実際にデジタルトランスフォーメーションを導入した企業の中には、自社商品に取り付けたセンサーで情報を収集しています。集めたビックデータはアナリティクスやAIで分析し得られた結果を活用して、定期的メンテナンスレスといったサービスを提供しています。

より詳しく分析されてできた新しい商品やシステムの開発は、顧客満足度の向上や集客につながります。

デジタルトランスフォーメーション 2つのデメリット

業務の効率化や新商品の開発に役立つ一方で、デジタルトランスフォーメーションの導入にはデメリットも存在します。

メリットだけでなくデメリットも理解し、導入について多面的に検討することで、導入の効果を最大限引き出せます。

ここでは2つのデメリットについて解説します。

1. コストがかかり、すぐには効果がでない場合も

デジタルトランスフォーメーションの導入には大規模なコストがかかります。

加えて結果が出るまでに時間がかかる場合もあるので、長期的な資金の確保が必要です。

実際にデジタルトランスフォーメーションを導入している企業の中にも、業績として結果が出ていない企業も多いのが現状です。4割の企業がデジタルトランスフォーメーションがもっとも効果を発揮するまでに3~5年かかると考えられています。

その点から、導入にあたっては事業計画、コスト計画ともに長期的な目線での計画が必要不可欠です。

2. 既存システムからの移行が困難

すでに別のシステムを導入している企業では新しく導入を進めることが難しいケースもあります。

特に、社内で修正やアップデートが統一されてない場合は、社内の全データを統一するところから始めなければなりません。導入までにシステム導入までに多くの準備が必要であることはデメリットの1つです。

業務プロセスが変わってしまうこともあるので、システムを通した社内全体での連携をうまく取れない場合には、なかなか導入まで踏み切れないことも考えられます。

このように既存のシステムからの移行には、システムを管理する部署だけでなく社内全体の協力も求められます。

デジタルトランスフォーメーションで業務の効率化や新サービスの開発を

デジタルトランスフォーメーションを導入することで、より幅広いデータ収集と画期的なデジタル技術を活用できます。導入により業務、組織、企業の風土等を変革し、競争において優位性の確立を目指せます。

その他にも、業務の効率化、生産性、制度の向上が期待されるだけでなく、市場の変化への柔軟な対応、新商品への開発において大きな力を発揮します。

その一方でコスト面やシステム移行に関して大きな労力がかかるのも事実です。

メリットだけでなくデメリットも含め多角的に比較し導入の方法やタイミングについて見極めることが必要です。

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。