Twitter、Instagramで人気のハッシュタグとは?それぞれに最適なハッシュタグを付けよう

口コミアカデミー 0円すべて無料 口コミサイトの運営やノウハウが学べる、店長限定の無料のオンラインスクール

7月22日、ジャストシステムは、2020年6月に実施した「モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査」の調査結果を発表しました。

それによると、Instagramハッシュタグ検索では「趣味」「グルメ」Twitterハッシュタグ検索では「趣味」「ニュース」が多く検索されていることがわかりました。

本記事では調査結果をもとに、InstagramTwitterそれぞれで最適なハッシュタグの活用方法を解説します。

Instagramで口コミを集める3つの方法

Instagramは、今や日本でも世界でもポピュラーなソーシャルメディアです。事業者にとっても、Instagramの口コミでの集客を期待している方は多いでしょう。今回は、マーケティング施策としてのInstagramの概要や口コミを集める方法を分かりやすく解説します。Instagramとは?機能や他のSNSとの違いをおさらいInstagramは、写真のシェアアプリとして主に10代から20代の女性に人気です。このトピックでは、他のSNSとの違いやInstagram独自の機能などについて解説しま...

Instagramで人気のハッシュタグは「趣味」「グルメ」「旅行・観光」

ジャストシステムの調査は17歳から69歳までの男女1,100名を対象に、ネットリサーチサービスの「Fastask」を利用して行われました。

調査結果によると、Instagramユーザーが使用する検索方法は1位「アカウント検索(60.3%)」、2位「ハッシュタグ検索(56.3%)」、3位「スポット検索(23.3%)」の順となりました。

また、2位のハッシュタグ検索についての設問では、よく使用されるハッシュタグの種類は「趣味(55.9%)」「グルメ(48.0%)」「旅行・観光(45.7%)」と回答されています。

Instagramでハッシュタグを検索する理由は「見るのが楽しい」から

Instagramユーザーがハッシュタグ検索をする理由についての設問では、「見るのが楽しい(53.5%)」「手っ取り早い(52.0%)」「流行やトレンドが分かる(49.2%)」と回答されました。

Instagramは写真の投稿がメインのSNSであり、ユーザーはハッシュタグ検索をした際、文章での情報を手に入れるというよりは他のユーザーが投稿した画像を見ることが多いといえます。

インスタ投稿を工夫して集客につなげる3つの機能とコツ

レモネードバイレモニカ(LEMONADE by lemonica)は、「インスタ映え」で人気を集めるレモネード専門店です。


「インスタ映え」とハッシュタグの相乗効果は大きい

近年、外食時に提供された料理やスイーツの写真をSNSに投稿するという文化が根付いてきています。

料理やスイーツの見た目の華やかさは、特にInstagramでは重要視されており、2017年には「インスタ映え」という流行語まで誕生しました。Instagram投稿するためだけに、流行りのスイーツやドリンクを購入するという人もいるようです。

Instagramユーザー層へ商品をPRしたい場合、商品自体はもちろんのこと店内や商品の陳列にも見た目のインパクトや華やかさを演出するなど、Instagramにアップしたくなるような店舗が効果的です。

たとえば、「八百屋の作る本気のフルーツサンド」が有名な愛知県岡崎市のダイワスーパーでは、フルーツサンドの種類が多く陳列時の色鮮やかさとインパクトの強さから、開店直後のフルーツサンドがぎっしりと並んだ様を狙って、開店前から長蛇の行列ができるほどです。

ダイワスーパー社長のInstagram スクリーンショット
▲[ダイワスーパー社長のInstagram ]:Instagram スクリーンショット
ダイワスーパー社長のInstagramアカウントでは、フルーツサンドのラインナップや販売予定などを、ハッシュタグと位置情報を付けて投稿しています。


フルーツサンド購入者のInstagram スクリーンショット
▲[フルーツサンド購入者がつけたハッシュタグ例 ]:Instagram スクリーンショット
フルーツサンドの購入者がアップした投稿には「#フルーツサンド」というハッシュタグだけでなく、他のグルメ好きが検索するような「#グルメ」や「#スイーツ」、「#行列のできる店」などの既存のハッシュタグも付けられています。

フルーツサンド以外のハッシュタグ検索結果の一覧から、投稿者以外の人がこのフルーツサンドの写真を見つけ、来店につながるという流れも考えられます。

写真がメインのInstagramでは、見栄えの良い写真の投稿に「いいね」が付きやすいため、「ハッシュタグ」での検索に最適化することで「インスタ映え」する写真との相乗効果が期待できます。

成功事例から学ぶ飲食店向けInstagram集客方法

SNSは今や集客ツールとして大きな役割を果たしています。 その中でも写真と動画コンテンツの発信する


Twitterはニュースや芸能のハッシュタグが人気

同調査では、Twitterユーザーがよく使用するハッシュタグの種類として「趣味(59.2%)」「ニュース・時事(56.9%)」「芸能・エンタメ(48.9%)」との回答がありました。

ユーザーは、Twitterを「情報を得るツール」として使用していることがわかります。

Twitterでハッシュタグを検索する理由は「最新情報を知れる」から

Twitterユーザーがハッシュタグ検索をする理由についての設問では「最新情報を知れる(59.2%)」「リアルな現状がわかる(50.8%)」「手っ取り早い(50.4%)」との回答でした。

Instagramではハッシュタグがさまざまなインスタ映えする写真コンテンツを楽しむ手段になっているのに対して、Twitterではハッシュタグがリアルタイムでの情報を伝えたり知ったりするための手段になっているようです。

Twitterは「参加型」ハッシュタグを作りやすい

Twitterはリツイートやトレンド、おすすめツイートなど検索以外の各種機能も備わっており、情報の拡散力に長けたSNSメディアです。

そのため、企業側がTwitterでユーザー参加型の企画を立案し、オリジナルのハッシュタグを用いてツイートして、そのツイートがフォロワーなどによってリツイートで拡散されれば、多くのユーザーを巻き込んだ形でのプロモーションを実現することができます。

Twitter マクドナルド
▲マクドナルドの「参加型」ハッシュタグ:Twitterより、口コミラボ編集部スクリーンショット

Twitter:マクドナルドによる投稿

これはマクドナルドの公式アカウントの期間限定の月見メニューを宣伝するツイートです。

公式が設定したハッシュタグ「#月曜日は月見曜日」を付けてマクドナルド公式のツイートにリプライ(返信)をすると、抽選で1,000円分のマックカードが当たるキャンペーンを展開しています。

このツイート自体が月曜日にツイートされているので、毎週月曜日に「#月曜日は月見曜日」のハッシュタグがトレンド入りし、多くの人の目に留まります。

Twitter ケンタッキーフライドチキン
▲ケンタッキーフライドチキンの「参加型」ハッシュタグ:Twitterより、口コミラボ編集部スクリーンショット

Twitter:ケンタッキーフライドチキンによる投稿

ケンタッキーフライドチキンの公式アカウントでは、8月に夏限定のフレーバーレモネードの宣伝としてハッシュタグを活用したキャンペーンを展開していました。

レモネードを飲んだ感想を「#KFCフレーバーレモネード飲んでみた」のハッシュタグとともにツイートしてもらい、そのツイートの中から抽選で300人に3,000円分のKFCカードが当たるというキャンペーンです。

ただリツイートするだけ、ただハッシュタグを付けてリプライするだけでなく、自分の言葉で書いた感想をハッシュタグとともにツイートしてもらうことで、ツイートしてくれた人のタイムラインに投稿されてその人のフォロワーにも商品やキャンペーンの内容を周知させられます。

Twitter集客のコツは?効果的に行う10のコツ&3つの注意点を解説

SNSの普及と消費者の購買行動の変化によって、Twitterに投稿されている情報を元に商品やサービスを認知し、購入する判断する消費者が増加しています。Twitterを活用した集客、販売促進が人気ですが、うまく活用しきれずに、悩みをもつ企業やユーザーも多いようです。しかし、Twitterの運用や集客で分からないことが多いのではないでしょうか。・Twitterで集客したいけど、どのように運用すれば良いの?・Twitterで情報発信をしているけど、フォロワーが増えない・Twitterで集客をして...

InstagramとTwitter、それぞれの特徴に合わせたSNS運営を

InstagramTwitterで公式アカウントを作成してPRに活用していく場合、それぞれのSNSの特徴に合わせたハッシュタグの使い分けが必須です。

Instagramではオリジナルのハッシュタグを設定するよりも、既存で人気のあるハッシュタグに多く引っかかるようにして、その検索結果から料理や商品の「インスタ映え」する写真によって多くの人の目に留まるようにすることが重要です。

一方Twitterでは、企業オリジナルのハッシュタグをつけてツイートする、プレゼントが当たるキャンペーンを実施するなど、拡散をねらった運用を行うと効果的です。

多くの人が共有・参加するタイミングでPRをし、ユーザーのタイムライン上やトレンド入りさせることによって、より多くの人へ周知できます。

InstagramTwitterはそれぞれ写真・動画・文章の投稿ができるSNSですが、あくまでInstagramは画像が主体で、Twitterは文章が主体のツールです。SNSを利用したPRをする際には、その使われ方の違いを理解し、それぞれのSNSの特徴に合わせた運用・企画にする必要があるでしょう。

SNSマーケティングのポイントとは|UGCを促しユーザーと接点をもつコツ・事例

Facebook(フェイスブック)、


<参照>

PR TIMES:Instagramでハッシュタグ検索するのは、「趣味」と「グルメ」

流通ニュース:インスタ映えする投稿/食べ物や食事に「いいね!」が付きやすい傾向

ナカメディア:東京上陸!行列店「ダイワスーパーのフルーツサンド」が中目黒で食べられる!【ダイワ 中目黒店】

口コミラボ 最新セミナー紹介&最新版MEOまとめ

口コミコム トレンドLIVE! Vol.2 〜Google、口コミなどのマーケティング最新情報をお届け〜

今、Web施策として注目されている「Googleマップ」や「口コミ」

これらをマーケティングに活用するために知っておくべき情報や、話題のニュースに関連した最新情報をお届けするトークシリーズ「口コミコム トレンドLIVE!」の第二弾!

第二弾となる今回は…

  • ローカル検索対策の最前線TIPS
  • エキスパートが語る、Googleマップの注目問題
  • Google・口コミ関連最新トレンドニュース 2024年6月版

など、今話題となっているGoogle口コミのあるべき姿や、施設運営者としての口コミへの向き合い方についてお伝えします。

登壇するのは、口コミコム のアドバイザーであり、Googleのダイアモンドプロダクトエキスパートとしても活動中の永山卓也氏。Googleマップや口コミ対応などに詳しい永山氏から、最新のニュースやマーケティングノウハウについてわかりやすく解説いただきます!

詳しくはこちらをご覧ください。
口コミコム トレンドLIVE! Vol.2 〜Google、口コミなどのマーケティング最新情報をお届け〜

【24年5月版 Googleマップ・MEO最新情報まとめ】

MEOに関わるサービス「Googleマップ」「Googleビジネスプロフィール」や、各種地図アプリ・口コミサイトは日々更新を続けており、その全容を把握するのは難しくなっています。

そこで口コミラボでは、MEO・口コミマーケティングに役立つ最新ニュースをまとめた「Googleマップ・MEO最新情報まとめ」を毎月発行しています。

本記事では、2024年4月〜5月の情報をまとめたレポートのダイジェストをお届けします。

※ここでの「MEO」とは、Google上の店舗・施設情報の露出回数を増やしたり、来店行動につなげたりすることで、Google経由の集客を最大化させる施策を指します。
※『口コミアカデミー 』にご登録いただくと、レポートの全容を無料でご確認いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。
Googleビジネスプロフィール「チャット機能(メッセージ)」終了、7月末で / ビジネス情報の停止報告相次ぐ、「非店舗型」ビジネスでは要注意【2024年5月版 Googleマップ・MEOまとめ】

口コミアカデミー 0円すべて無料 口コミサイトの運営やノウハウが学べる、店長限定の無料のオンラインスクール

関連するオススメ記事

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。