飲食店のDXにおける課題は?デジタルツール導入は6割、「ローカルビジネス登録サービスの活用」は26.6%が実施(リクルート調べ)

株式会社リクルートが運営する外食市場に関する調査・研究機関「ホットペッパーグルメ外食総研」は7月8日、全国の飲食店経営者を対象として実施したDXに関するアンケート調査の結果を発表しました。

この調査からは、飲食店におけるDXの現状と課題がみえてきます。

関連記事
DX成功事例5選:老舗飲食店「ゑびや大食堂」など
観光庁がDX推進、「XRテーマパーク」など新たな観光コンテンツを創出する5事業採択

デジタルツールをすでに導入している飲食店は62.3%

同調査によると、いわゆる「デジタルツール」をすでに導入している飲食店は62.3%にも及びます。

ただしこの中にはキャッシュレス決済など多くの店舗が導入しているツールも含まれており、導入されているツールは限定的という結果も出ています。

飲食店 DX 動向
▲デジタルツールをすでに導入している飲食店は62.3%:ホットペッパーグルメ外食総研

最も導入されているのは「キャッシュレス決済」で43.9%、「ローカルビジネス登録サービスの活用」は26.6%

では導入されているツールを詳しくみてみましょう。

最も導入されているのは「キャッシュレス決済」で、43.9%となっています。その後に「自社ホームページの制作」「ローカルビジネス登録サービスの活用」が続きます。

飲食店 DX 動向
▲最も導入されているのは「キャッシュレス決済」で43.9%、「ローカルビジネス登録サービスの活用」は26.6%:ホットペッパーグルメ外食総研

注目すべきは「ローカルビジネス登録サービスの活用」の26.6%です。

ローカルビジネス登録サービスの定義については地図アプリなどでの自店舗の表示」とあるため、Google マイビジネスやYahoo!プレイスなど地図アプリへの登録ツールを指すものと考えられます。

これらは無料で利用できることもあり、今後さらに導入する店舗が増えそうです。

6月は日経クロストレンド(https://xtrend.nikkei.com/atcl/contents/18/00472/00001/)など大手メディアが相次いで「MEO対策(ここでは主にGoogle マイビジネスを活用した店舗情報の整備を指す)」について取り上げました。

店舗集客の手法として注目度が高まっていることがわかります。

DXに興味・関心を持つ層の約半数は「コロナ禍期間で興味を持った」

現在DXに興味を抱いている飲食店経営者のうち、およそ半数はコロナ禍(2020年4月以降)に興味を持ったと回答しています。

飲食店の多くがコロナ禍で売上が減少するなどの影響を受けていることから、デジタルツールの導入により売上アップもしくはコスト削減などの効果を得たいと考えているようです。

飲食店 DX 動向
▲DXに興味・関心を持つ層の約半数は「コロナ禍期間で興味を持った」:ホットペッパーグルメ外食総研
飲食店 DX 動向
▲コロナ禍以降の経営課題:ホットペッパーグルメ外食総研

ただし「経営課題がある」と回答したうちの 57.9%は、デジタルツールでは「解決したい経営課題がない」とも回答しているそうです。

デジタルツールで経営課題を解決できるという認識の不足や、デジタルツールに対する知識に乏しいこと、使いこなせる人材の不足などが背景にあると考えられるということです。

飲食店 DX 動向
▲「経営課題がある」と回答したうちの 57.9%は、デジタルツールでは「解決したい経営課題がない」とも回答:ホットペッパーグルメ外食総研

コロナ禍で多くの経営課題を抱えている飲食店。デジタルツールの開発や導入支援などを行う企業では、こうした飲食店に対し情報提供や価値提供ができるかがカギとなります。

飲食店においてはデジタルツールについての知識をつける、費用対効果を考えて導入するツールを検討するといった行動が求められることになりそうです。

【口コミを売上に変える!】最新セミナー&レポートのご紹介

口コミラボでは、集客・Webマーケティングに課題を抱える店舗のご担当者様向けに

「口コミを集めて売上につなげたい」
「ネガティブな口コミが投稿された…どう対処すればいい?」
Googleマップや口コミ管理をもっとカンタンにしたい」

といったお悩み・課題解決を支援すべく、最新レポートの公開やセミナーの実施などを行っております。

Googleビジネスプロフィール&MEO、1時間で"ゼロ"から攻略!


Googleマップ上の店舗・施設情報を管理するツール「Googleビジネスプロフィール」や、Googleビジネスプロフィールなどを用いて店舗・施設情報を最適化する施策「MEO」について、

「よく知らない」
「ゼロから教えてほしい」

という方向けに、セミナーを実施いたします!日程は9月28日(水)15時〜16時です。

セミナーに申し込む(無料)

“ここでしか学べない“Googleビジネスプロフィールの最新ノウハウを無料で提供中!

仕込みの合間に通うお店の学校「口コミアカデミー」では、GoogleマップGoogleビジネスプロフィールの教科書を無料で公開いたしました!

Googleビジネスプロフィール ダイアモンドプロダクトエキスパートとしてGoogleから公式に認められている永山氏監修のもと作成した、“ここでしか学べない“内容となっております。

飲食店・観光施設・小売店・宿泊施設などの店長や店舗マーケター向けに、最新のWeb集客手法を【無料】でご提供いたします。

「Googleマップの教科書」を見てみる

【最新】Googleマップ・ビジネスプロフィール更新情報レポート


毎月GoogleマップGoogleビジネスプロフィール(マイビジネス)などの最新情報をお届けする「MEO・口コミマーケまとめ 【2022年7月版】」です。

Googleビジネスプロフィール(マイビジネス)をはじめ、ローカル検索対策や口コミマーケティングに役立つ情報が満載です!ぜひご一読ください。

Googleマップ・MEOの最新情報を知る【資料DL】

ネガティブな口コミへの対処法


Googleマップなどの口コミは、ネガティブな意見が入ることも・・・。

  • 批判的な口コミが入ってしまった。どうしよう・・・
  • 悪い口コミは消せないの?
  • 返信するときはどういう風に書いたらいい?

本資料では、このようなギモン・お悩みにお答えします。

ネガティブ口コミへの対応方法を知る【資料DL】

Googleビジネスプロフィールの「インサイト」活用マニュアル


Googleビジネスプロフィールの「インサイト」は、Googleのローカル(地域)検索で「検索者がどれくらい見ているか」「どれくらい行動に移したか」など、ここでしか見られない情報が集まっている解析データです。

そんな「インサイト」を活用するためのマニュアルを作成しました!

Googleビジネスプロフィールのインサイトについて知る【資料DL】

関連するオススメ記事

    この記事の筆者

    口コミラボ編集部

    口コミラボ編集部

    口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。