口コミの投稿者は「身バレ」する?店舗側が投稿者特定のためにできる措置とは

Googleマップに口コミを投稿した際、書いた本人は「身バレ」、つまり誰が投稿したか店舗側にバレてしまうのでしょうか?解説していきます。

関連記事
1万6,000件の炎上口コミが「消滅」…台湾Googleマップで起きた不可解な現象

Googleの口コミ投稿者は「身バレ」する?

Googleアカウントを使って口コミ投稿した場合、投稿者の「身バレ」につながるのでしょうか。

基本的に身元が分かることはない

Googleアカウントを使った口コミ投稿に表示される氏名は、本名以外でも登録でき、登録した名前が口コミ画面に表示されます。

本名以外で登録していれば、基本的に身元が分かることはありません(来店した日と口コミの投稿日・内容からある程度類推することは可能かもしれませんが)。

プライバシーに配慮された仕様ではあるものの、本名を出さずに気軽に口コミ投稿できることから、投稿へのハードルが低くなり根拠のない事柄や誹謗中傷等を書き込むユーザーも出てきてしまうのが実情です。

法的に発信者を特定できる場合も

ただし、悪質な口コミが投稿され、店舗経営に大きな損害をもたらすなどの影響があった場合、店舗側は投稿者に対して法的な措置をとり、身元を特定することができます。

この場合、Googleに投稿者のIPアドレス、プロバイダに発信者情報(投稿者の個人情報)についてそれぞれ開示請求を行い、違法性が認められると情報が提供されます。投稿者相手に訴訟を起こし、口コミの削除を求める・損害賠償や弁護士費用を請求するといったことが可能となります。

関連記事
Google口コミの投稿者を特定するには

口コミ削除がGoogleに認められない場合は?

また、Googleのガイドラインに違反する不適切な口コミはGoogleに申請すれば削除してもらうことができます。しかし、店舗側で悪質な口コミだと考えても、Googleに削除が承認されない場合があります。

このとき、店舗として取るべき行動が2つあります。

まずは、口コミに対して返信します。たとえ根拠のない内容であっても、店舗側の主張を織り交ぜつつ誠意ある対応をすれば、ほかのユーザーが見たとき好印象を与えられるでしょう。

次に長期的な施策にはなりますが、ネガティブな口コミが目立たなくなるように、高い評価の口コミを積極的に集めます。このときも寄せられた口コミに真摯に向かい合い、いただいた意見を店舗改善に反映させるなど迅速な行動を取って、評価を上げるアクションが重要です。

コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

「コロナで売上がガクッと落ちてしまったから新しい集客方法をやらないと…」「自粛で営業時間が頻繁に変わるがネット上の情報が変えられていない…」そんな悩みを「口コミコム」がまとめて解決します!

\10,000店舗以上が導入!詳細はバナーから/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」を運営する株式会社movが提供する口コミ集客支援ツールです。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。