宿泊予約”No Showリスク”をスコア化 悪質な予約を防ぐ

TIS株式会社は、オンライン予約に関する性質をスコアリングし、宿泊予約を入れながら当日訪れない「No Show(ノーショー)」の可能性を診断できる「Reservation Eye」を、2022年1月より、日本国内のオンライン旅行予約サービスに提供することを発表しました。

関連記事
ホテル・旅館業者99.4%で売上減、”50%以上減”割合緩やかに回復

年間推定94億円にも達する”No Show”被害

近年、旅行業界の取引額でオンラインが占める販売比率は右肩上がりで増えています。

一方で、予約のタイミングで支払いが不要な宿泊施設も多く、予約を入れるだけで実際には宿泊しないなどの不正予約被害も拡大しています。

同社の調査によれば、不正予約の代表格であるNo Show(ノーショー)だけでも年間推定94億円の被害があります。

このような背景からTISは、No Showの軽減に向けたサービス「Reservation Eye」を開発しました。

No Showリスクをスコアで診断

「Reservation Eye」は、これまでのNo Show予約の内容から、No Show傾向に関連する複数の要素を抽出し、危険度を診断します。要素には、宿泊金額、宿泊人数、宿泊期間、予約日から宿泊日までの日数、予約した時間帯などが含まれます。

オンライン旅行予約サービスや宿泊施設はNo Showリスクの高い予約客に対し、事前決済を予約完了の条件にすることで、被害の発生を防ぐことができます。


Reservation Eye
▲Reservation Eye:プレスリリース


コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

「コロナで売上がガクッと落ちてしまったから新しい集客方法をやらないと…」「自粛で営業時間が頻繁に変わるがネット上の情報が変えられていない…」そんな悩みを「口コミコム」がまとめて解決します!

\10,000店舗以上が導入!詳細はバナーから/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」を運営する株式会社movが提供する口コミ集客支援ツールです。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。


<参照>
TIS株式会社:TIS、宿泊施設などオンライン予約のNo Show(ノーショー)※1リスクを可視化し、悪質な予約を予防する「Reservation Eye」を提供


関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。