吉野家が呼びかけ、全国9,400店舗が参画「#外食はチカラになる」割引や特別メニューで来店促進

新型コロナウイルス感染拡大の影響で打撃を受けた外食業界では、消費の機運を高めようとさまざまな取り組みが実施されてきました。

10月14日から、飲食店への来店促進や活性化を図るプロジェクト「#外食はチカラになる」が開始されました。

関連記事
1都3県時短、25日に解除 いま飲食店が読むべき記事リスト

外食企業が大型プロジェクト始動

外食企業各社と「ぐるなび」などの外食サポート企業が連携し開催する「#外食はチカラになる」は、コロナ禍で落ち込んだ外食業界にふたたび活気を戻すことを目的としたキャンペーンです。

このプロジェクトは吉野家ホールディングスにより7月から呼びかけが始められていました。

コロナの感染拡大状況を鑑み開始時期の調整が図られ、このたび緊急事態宣言の解除や、ワクチン接種率の向上を受け、10月14日に開始されました。

対象は全国約9,400店舗で複数のサポート企業も

同プロジェクトへの参加企業は28企業で、大手外食チェーンや外資系レストランを含み、対象店舗数は全国約9,400店舗です。

参加企業には鳥貴族ホールディングスや松屋フーズホールディングス、リンガーハットや串カツ田中ホールディングスなど誰もが知るブランドを展開する各社が名を連ね、対象店舗にはデニーズや牛角、焼肉きんぐやリンガーハット、ロイヤルホスト、かっぱ寿司など主要チェーン店が並びます。

PayPayなど外食サポート企業では、対象店舗での利用で通常よりも多いポイント還元などを展開しています。

多種多様な特典

特別価格での提供や限定メニュー、SNS投稿により適用される割引など、多様な特典が用意されています。

居酒屋チェーンの磯丸水産ではワンドリンクサービス、うどん店のはなまるうどんではテイクアウト20%オフ、365酒場では餃子半額、居酒屋の甘太郎ではサイコロステーキを通常価格で倍量にして提供といった、消費意欲を刺激する価格設定と特別メニューが並びます。

コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

「コロナで売上がガクッと落ちてしまったから新しい集客方法をやらないと…」「自粛で営業時間が頻繁に変わるがネット上の情報が変えられていない…」そんな悩みを「口コミコム」がまとめて解決します!

\10,000店舗以上が導入!詳細はバナーから/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」を運営する株式会社movが提供する口コミ集客支援ツールです。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。

<参照>
#外食はチカラになる 外食推進キャンペーンサイト:参加企業一覧
#外食はチカラになる:「#外食はチカラになる」店舗特別特典
#外食はチカラになる:公式サイトトップページ

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。