五輪開会式で話題のピクトグラムに「小売店」向け2点が新登場。非接触を呼びかける図案、コロナ禍の買い物体験を支える

シンプルな図案で情報や注意を伝える「ピクトグラム」は、言語の壁を超えひと目で情報伝達できるツールです。2021年夏のオリンピック開会式では、「実写版」ピクトグラムはテンポよく展開され、大きな注目と称賛を集めました。

小売業態での「新たなルール」の周知と浸透に向けたピクトグラムが、多言語対応協議会小売プロジェクトチームにより追加されました。

関連記事
五輪記者が気づいた日本の「おもてなし」に反響

小売店向けピクトグラム「現金はトレーで受け渡し」「商品への接触の禁止」を追加

一般社団法人ジャパンショッピングツーリズム協会等で構成される、2020年オリンピック・パラリンピック大会に向けた多言語対応協議会小売プロジェクトチーム(以下「小売PT」)は、これまで店頭で利用できる表示・POP・ピクトグラムの画像データを複数公開してきました。

今回、訪日旅行客に安全な環境で安心感を持ちながら買い物を体験してもらえることを目的に「安全・安心のための取り組み表示」に関係する2つのピクトグラムを制作しており、それぞれ「現金はトレーで受け渡し」「商品への接触の禁止」です。

このピクトグラムは、日本政府観光局(JNTO)が2021年2月26日に公開した「日本の新型コロナウイルス感染症対策等を伝えるピクトグラム」にも追加されています。

現金はトレーで受け渡しピクトグラム
▲現金はトレーで受け渡しピクトグラム:プレスリリースより

商品への接触の禁止ピクトグラム

▲商品への接触の禁止ピクトグラム:プレスリリースより


店舗や観光地で役立つピクトグラム

「日本の新型コロナウイルス感染症対策等を伝えるピクトグラム」は、観光関連事業者等が実施している新型コロナウイルス感染症対策と訪日旅行中の緊急時対応をわかりすく伝えることを目的に制作されました。言語や文化的背景の異なる旅行者に、滞在中や訪問先で必要となる情報を分かりやすく伝え、安心感を与える役割があります。日本の地方自治体やDMO、観光関連事業者等が利用できるものです。

ピクトグラムはJNTOだけにかぎらず、企業など各種組織が公開し、無料利用ができるようにしているものも少なくありません。

EXPERIENCE JAPAN PICTOGRAMS公式サイト
▲EXPERIENCE JAPAN PICTOGRAMS:公式サイト

たとえば日本デザインセンターが公開する「EXPERIENCE JAPAN PICTOGRAMS」では富士山や新幹線、寿司やラーメンといった「日本文化」を表現するデザインが公開されています。

新幹線での移動の所要時間や駅からのアクセスを示す簡易的な地図に利用したり、飲食店での提供メニュー、あるいは営業時間と組み合わせた情報提供に利用できるでしょう。

関連記事
無料・商用利用可、日本文化を伝えるピクトグラム「EXPERIENCE JAPAN PICTOGRAMS」が公開 | 訪日ラボ

<参照>EXPERIENCE JAPAN PICTOGRAMS

小売店でのルール表示にも有効

ピクトグラムは文字での情報提供に困難があるケースで特に有効です。食品などの返品不可のルールや、試着の可否、試着室で靴を脱ぐかどうかなどを提示することは、トラブルの防止にもつながり店舗での体験を高めることにもつながります。

顧客が日本語に不自由ない場合にも、店頭でのルールを図案を用いて伝えることにもなり、店員に話しかけることを煩わしく感じる顧客にとって快適な購入体験ができると考えられます。

小売店ではこのほか「商品の特性」「利用できる決済手段など」の情報をピクトグラムを通じて提供することにより、購入の決断を後押しすることもできるでしょう。

コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

「コロナで売上がガクッと落ちてしまったから新しい集客方法をやらないと…」「自粛で営業時間が頻繁に変わるがネット上の情報が変えられていない…」そんな悩みを「口コミコム」がまとめて解決します!

\10,000店舗以上が導入!詳細はバナーから/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」を運営する株式会社movが提供する口コミ集客支援ツールです。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。

<参照>
小売店向けの安全・安心の取り組み表示を公開しました。|JSTOのプレスリリース
小売PTとは|小売業の多言語対応

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。