ワクチン接種後行きたい場所トップ3は「観光地」「温泉」「カフェ・レストラン」前年よりも強まる危機感・感染予防意識への影響は?

感染拡大防止措置下でつらいこと1位は「行きたい場所に行けない」

ビッグローブ株式会社は、6月7日、全国の20代~60代の男女1,000人を対象として「新型コロナウイルスワクチン接種後の生活に関する調査」を2021年5月26日~2021年5月27日に実施した結果を発表しています。

外出自粛や行政からの感染拡大防止措置下でつらいと思うことを尋ねたところ、1位「行きたい場所に行けない」(61.9%)、2位「常にマスクをしていないといけない」(52.1%)、3位「人に会えない」(36.9%)と続き、多くのストレスを感じて生活をしていることが明らかになっています。

新型コロナウイルスワクチン接種後の生活に関する調査 外出自粛や行政からの感染拡大防止措置下でつらいと思うこと 結果グラフ
▲新型コロナウイルスワクチン接種後の生活に関する調査 外出自粛や行政からの感染拡大防止措置下でつらいと思うこと 結果グラフ:BIGLOBE調べ ビッグローブ株式会社
 

ワクチン接種後のニーズは旅行と外食

ワクチン接種後に行きたい場所については1位「観光地」(41.9%)、2位「温泉」(36.5%)、3位「カフェ・レストラン」(28.7%)と、旅行・外食ニーズが高いことがわかっています。

また、ワクチン接種後における場所やサービスの利用頻度、業態について尋ねたところ「増えると思う」「やや増えると思う」と回答した割合が高かった業態1位は「飲食店」(53.6%)、2位「ホテル・旅館」(41.0%)、3位「温泉・サウナ」(40.1%)となっています。

1年前と現在の比較において新型コロナウイルスに対する危機感や感染予防の意識の変化については、「強まった」(25.9%)、「やや強まった」(48.5%)と回答した人が7割を超えた一方、ワクチン接種後の感染予防意識については「やや弱まると思う」(46.9%)、「弱まると思う」(5.2%)が5割を超える結果となり、危機感や感染予防の意識を強く持っている割合が高いことが明らかになっています。

※記載されている会社名および商品名は各社の登録商標または商標です。

コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

「コロナで売上がガクッと落ちてしまったから新しい集客方法をやらないと…」「自粛で営業時間が頻繁に変わるがネット上の情報が変えられていない…」そんな悩みを「口コミコム」がまとめて解決します!

\7,000店舗以上が導入!詳細はバナーから/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」を運営する株式会社movが提供する口コミ集客支援ツールです。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。

▼外部リンク

ビッグローブ株式会社 プレスリリース
https://www.biglobe.co.jp/pressroom/info/2021/06/210607-1

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボニュース

口コミラボニュース

口コミラボ編集部が選んだ、企業の口コミ・MEO対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。