スマホ集客の方法は?店舗の経営者必見のSEO対策・SNSやアプリ・Web広告

2019年に総務省が調査した「通信利用動向調査」で、個人のスマートフォン(スマホ)の保有者割合は67.6%と発表されています。調査結果から分かるように、今の時代ではスマホの保有は生活の中で必須項目です。

さらに最近では、スマホを使用して手軽に店舗集客やSEO対策をする経営者が増加傾向にあります。

本記事では、スマホを使用した集客方法やそれぞれの特徴、スマホ集客の重要性を解説します。

スマホ集客の方法1. SEO対策

スマホ集客を考える上で、まず挙げられるのがSEOの存在です。

スマホ集客を実施するにあたってSEOがどの程度重要になってくるのか、どのような具体策を講じるべきなのかを説明します。

関連記事
SEOとは?意味やメリット・デメリット、MEOとの違い、使用ツールを紹介

SEO=検索エンジン最適化が集客に重要なわけ

SEOは「Search Engine Optimization」の略称を指しており、「検索エンジン最適化」を意味しています。

実際に使用する際には、検索エンジンを最適化するための施策のことをSEOと呼んでいます。具体的には、店舗のWebページを検索した際に上位に表示させる対策を指している場合がほとんどです。

上位表示されることで、ユーザーがスマホ検索をした際にアクセス数を増やせます。

具体的なSEO対策とは?

メジャーなスマホのSEO対策としては、自店舗のサイトがスマホ対応していることが重要な要素として挙げられます。これはモバイルデバイス上で見やすく、使いやすいWebサイトであると認識されると、検索上位に表示される仕組みを応用している例です。

また、店舗の基本情報やタイムリーな情報をサイトに掲載するなどの対策を行うと、Webサイトが充実します。

コンテンツが充実するようになると、ユーザーへの有益性からその施策が評価されやすくなります。

スマホ集客の方法2. Web広告を活用

2つ目のスマホ集客方法として挙げられるのは、Web広告への出稿です。

本項では、スマホ集客をするうえで知っておきたい広告出稿の代表例を3つ紹介し、それぞれの特徴を詳しく解説します。

関連記事
Google広告の作り方|アカウント作成から広告出稿まで徹底解説

リスティング広告

リスティング広告は検索エンジンに設けられている有料の広告枠に登録し、ユーザーがクリックすると費用が発生する形態の広告を指しています。

特定のキーワードで検索したユーザーだけに広告が表示されるため、購買意欲の高い顧客にダイレクトなアプローチをしたい時に利用すると良いでしょう。

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告は、リスティング広告と同様にWeb広告として利用されています。

リスティング広告とは異なり、Webサイトに画像や動画を埋め込む手法を使っており、サービスを全く知らないユーザーにもアピールできます。

そのため幅広いターゲット層へのアピールが可能となり、潜在的なニーズを引き出す効果が期待できます。

リマーケティング広告

リマーケティング広告は、広告を閲覧したユーザーを追跡して、再アプローチを試みる手法です。一度広告を見ているユーザーにアプローチするため、ユーザーはサービスや商品に興味を持っている可能性が高いといえます。

そのため、コンバージョンにつながりやすく、集客効果を得られる可能性が高まります。

スマホ集客の方法3. アプリを使った集客

スマホ集客手法の3つ目には、スマホ向けアプリを利用した集客術が挙げられます。

この項では、代表的な集客アプリを紹介するとともに、それぞれのアプリに実装されている機能や特徴を解説します。

アプリを使って顧客にアピール

SEO対策やWebサイトでは、特定のユーザーにダイレクトなアプローチが難しいといえます。

しかしスマホ用アプリを使用すると、スマホに直接通知が送れるため、定期的にサービスや店舗の存在を思い出してもらうきっかけになります。

また、アプリのダウンロードやログイン回数に応じてクーポンを配布するなどの工夫で顧客を長期的に引きつけられます。他にも「誕生月クーポン」や「お正月クーポン」などを定期的に送付することで、リピート顧客の確保が見込めます。

集客アプリの事例は?

代表的な集客アプリとして知られている「LINE@」では、店舗側の負担なしでクーポン発行ができます。顧客とのコミュニケーションを強化したい場合や、キャンペーンの情報発信をする際に利用すると集客効果が得られやすいでしょう。

無料集客アプリ「みせめぐ」は、株式会社ビジコムが提供しています。無料でランニングコストがかからないうえ、株式会社ビジコムではPOSシステムを扱っており、アプリではPOSレジと連動して店舗の顧客管理が可能です。

また、店舗の紹介ページを作成し、ユーザーにアピールすることもできます。

他にも「アプリーチ」では店舗SNSとの連動ができ、「GMOおみせアプリ」ではニュースやクーポンなどの多彩な機能が利用できるなど、アプリによって特色が異なります。

関連記事
小売店向け「POSレジ」15選まとめ!在庫・商品管理や免税対応がカンタンに。各ツールの機能解説
飲食店向け「POSレジ」17選まとめ!顧客管理・売上分析がカンタンに。各ツールの機能解説

スマホ集客の方法4. SNSを利用して集客

4つ目の集客方法は、InstagramやTwitter、FacebookなどのSNSを運用する方法です。

各SNSごとに異なる客層への発信力があり、その特徴や集客しやすいターゲットなどを紹介します。

SNSを利用した集客の重要性とは?

SNS上での集客で最も重要とされているのは、ユーザーと直接コミュニケーションが取れる点です。

顧客のニーズを感じやすく、ユーザーからの直接的な意見やアドバイスも得られるため、サービスの改善などに役立てられます。

またどのSNSも拡散力に長けており、既存の顧客だけでなく、新規ユーザーにも店舗や事業についての認知が深まります。愛されるSNS運用をしていくためには、ユーザーのためになる内容を発信し、ユーザーファーストの対応を心がけましょう。

各SNSの特徴

Facebookの年齢層は、他のSNSユーザーに比べて比較的高いことが特徴です。そのため、よりコアなファン獲得が目指せます。

Twitterは、拡散力と話題性に優れています。旬な話題に絡めたツイートや、流行りに乗った投稿は若年層のユーザーに届きやすいでしょう。

Instagramは、写真や動画が必要なSNSです。そのためユーザーの視覚に訴える写真が話題になりやすく、飲食店や美容関連事業などの集客に適しています。

メッセージアプリのLINEでは、ユーザー個人に向けて商品やキャンペーン情報を発信できます。友達登録をしてもらうまでの過程を工夫しなければいけませんが、その後はサービスの利用につながりやすい情報やクーポンが打ち出せます。

関連記事
Twitterの集客方法|ツイッターの特徴や投稿のコツ・注意ポイント
Instagramを利用して集客の向上を図るには|7つのポイントを解説

スマホ集客の方法5. Webサイトのレイアウト表示をモバイル検索向けにする

最後に紹介する集客方法は、スマホ向けのホームページ制作に力を入れることです。この取り組みはレスポンシブデザインとも呼ばれており、スマホに限らずタブレットやPCでどのようにページが表示されるかを調整する手法のことです。

Googleの発表によると、2015年時点でモバイル検索がPCからの検索数を抜いています。よってGoogleは、スマホ検索をした際に見やすいサイトになっているかをSEOの視点から重要視しているといえます。

レスポンシブデザインで意識すべきことには、画像の左右にテキストを配置しないことが挙げられます。同現象は、一つの段落に文章と画像を混合させないことで解決できます。

スマホの集客方法はさまざま、店舗にあった選択を

スマートフォンを用いた集客は店舗の形態やターゲット層、予算などによって異なります。

しかし集客のコンサルタントに依頼しなくても、店舗内でできる集客方法は数多くあります。SEO対策やSNSの運用、アプリの利用など、店舗の実態によって、導入しやすいスマホ集客術を検討してみると良いでしょう。

コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

「コロナで売上がガクッと落ちてしまったから新しい集客方法をやらないと…」「自粛で営業時間が頻繁に変わるがネット上の情報が変えられていない…」そんな悩みを「口コミコム」がまとめて解決します!

\10,000店舗以上が導入!詳細はバナーから/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」を運営する株式会社movが提供する口コミ集客支援ツールです。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。