ぐるなびの食文化継承「今年の一皿」2020年は「テイクアウトグルメ」に決定!

世相を反映・象徴する食文化を選出「今年の一皿(R)」

株式会社ぐるなび総研は、その年に反映される食文化の象徴「今年の一皿(R)」を選出しています。2020年は「テイクアウトグルメ」に決定したと12月8日に報告しています。

72d303b5-7315-4d2c-9ece-19ff1b3268be
▲[今年の一皿・選出]:株式会社ぐるなび総研
 

テイクアウトの需要が上昇、市場では「飲食店の存在価値」が再認識された

「テイクアウトグルメ」が選ばれたのは、新型コロナウイルスの影響により、新たな収益源としてテイクアウトを行う飲食店が急増したことがあげられます。

人々の在宅時間が増え、テイクアウトのニーズが高まりました。また日常から外食の機会が減少し、改めて外食の楽しさと飲食店の存在価値を体感することにつながりました。

飲食店はテイクアウトサービスの開始にあたっては、多種多様なメニューの提供や、決済方法や包材についての工夫が見られ、こうした取り組みもテイクアウト市場の成長に貢献したといえるでしょう。今後も定着する兆しが見られ、将来性があることが評価されています。

ノミネート「シャインマスカット」「代替肉」「ノンアルコールドリンク」

ほかにノミネートされた食文化として、レシピのバリエーションを広げた「シャインマスカット」、食糧危機や環境問題への意識を高めた「代替肉」、健康への意識を高めた「ノンアルコールドリンク」があげられています。

「今年の一皿」は、優れた日本の食文化を保護・継承する目的で共通の遺産として記録するものです。

4万9,469店のぐるなび加盟店の一次情報、1,935万人のぐるなび会員のビッグデータを活用し、政府の後援で行われています。

▼外部リンク

ぐるなびのプレスリリース
https://corporate.gnavi.co.jp/

「今年の一皿」公式サイト
https://gri.gnavi.co.jp/dishoftheyear/

コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

「コロナで売上がガクッと落ちてしまったから新しい集客方法をやらないと…」「自粛で営業時間が頻繁に変わるがネット上の情報が変えられていない…」そんな悩みを「口コミコム」がまとめて解決します!

\10,000店舗以上が導入!詳細はバナーから/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」を運営する株式会社movが提供する口コミ集客支援ツールです。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボニュース

口コミラボニュース

口コミラボ編集部が選んだ、企業の口コミ・MEO対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。