Go To Eventキャンペーンとは?対象イベントや割引内容など解説

Go To Eventキャンペーンとは?対象イベントや割引内容など解説

新型コロナウイルスの影響を受けた事業者に対して、国や自治体から「Go To Eventキャンペーン」などの様々な支援や補助の案内が発表されています。

支援や補助は嬉しい反面、支援政策のすべてを把握することは、多くの事業者にとって負担や手間となっていることも考えられます。

この記事では、イベントやエンターテインメント関連の事業を営む方に関わる支援の1つである「Go To Eventキャンペーン」に焦点を絞り、具体的な支援内容や今後の動向について説明していきます。

関連記事
Go To キャンペーン事業とは?
Go To Eat キャンペーンとは?
Go To 商店街 キャンペーンとは?

Go Toキャンペーン事業とは

「Go To キャンペーン」は、官民一体となって新型コロナウイルスの影響で落ち込んだ国内の観光業、飲食業、運送業、エンターテインメントの需要を喚起し、需要を取り戻すことによって、苦しい状況に置かれている事業者を支援することを狙いとしています。

令和2年4月に発表された補正予算では、新型コロナウィルス感染症の流⾏により大打撃を受けている事業者を対象に、約1兆6,000億円がこのキャンペーンの予算として確保されました。

「Go To キャンペーン」は、大きく4つのカテゴリーに分けられます。

Go To キャンペーン事業とは?政府主導の経済対策について

新型コロナウイルスの影響で、宿泊業を始めとした観光業、飲食業、イベントなどのエンターテイメント業界、地域の商店街など、多くの業界は苦戦を強いられています。そんな中、政府は冷え込んだ需要を活性化するため、これらの業界に対し「Go To キャンペーン」で支援を行うと発表しました。現在、観光業を支援する「Go To Travelキャンペーン」が他に先立って開始されています。この記事では、Go To キャンペーン事業の概要や、Go To Travel事業の対象商品や期間、導入にあたっての申請方法や...

Go To Travelキャンペーン

「Go To Travelキャンペーン」は、国内の旅行需要の喚起を目的としたキャンペーンです。

具体的に、消費者は指定された旅行代理店や予約サイトで旅の予約や旅行商品を購入した場合、支払った費用の半分(上限は2万円)が支払い金額から差し引かれる仕組みとなっています。

上限内であれば、半額で旅行をすることができるかなりお得なキャンペーン内容となっています。

「Go To Travel」キャンペーンとは?徹底解説:仕組み・対象をおさらい/期待と不安交じる事業者の声

Go To Travelキャンペーンが、本日7月22日に開始します。キャンペーンの開始を受けて、安倍首相は「国民の協力を頂きながら、慎重に経済活動を再開していく方針に変わりはない」と、キャンペーンを継続する意向を示しています。一方、ここ数週間で新型コロナウイルス感染が再拡大していることから、東京発着が対象外となるなど、キャンペーンの仕組みに変化もみられました。本記事では、Go To Travelキャンペーンの仕組みや対象について、改めて解説します。関連記事Go To Travel 7月22...

Go To Eatキャンペーン

「Go To Eatキャンペーン」は、オンラインにより飲食店予約サイトから予約し来店された方に対して、飲食店来店時に使用できる1,000円相当のポイントを付与したり、登録飲食店で使用できるプレミアム付き商品券などを発行したりするキャンペーンとなっています。

自粛期間で落ち込んだ外食需要を高める狙いがあります。

Go To Eat キャンペーンとは?期間や施策内容、参加条件について紹介

江藤農林水産大臣が7月21日の会見で事務局の公募開始を発表した「Go To Eat(イート)」キャンペーンは、新型コロナウイルスの感染拡大で大きな影響を受けた飲食業界の需要喚起策です。開始に向け政府が着々と準備を進めるGo To Eatキャンペーンには、飲食店が参加するための条件が設けられています。1日でも早く落ち込んだ売り上げを元に戻したい飲食店にとっては、Go To Eatキャンペーンの期間や詳細は早めに押さえておきたい内容です。そこで、本記事ではGo To Eatキャンペーンの実施期...

Go To Eventキャンペーン

「Go To Eventキャンペーン」は、スポーツ観戦や舞台などのエンターテインメント関連のチケットを購入された方に対して、支払い金額の2割相当にあたるポイントや割引券を付与するキャンペーンとなっています。

Go To 商店街キャンペーン

「Go To 商店街キャンペーン」は、商店街の賑わいを回復することを目的に、商店街への集客につながるプロモーションやイベント実施の支援をする仕組みです。

具体的には、広報やイベント実施資金、必要な人材の派遣などが支援内容となっています。

Go To Eventキャンペーンとは

新型コロナウイルスの影響により、「密」となる空間を作りだしてしまう可能性を回避するため、開催予定だったイベントは次々と自粛に追い込まれました。

しかし、現在は各サービス事業者が独自の対策を行い、「密」の回避や「接触」の回避対策をとったうえで営業を開始しています。

そのような事業者を支援するために、このたび「Go To Eventキャンペーン」が企画されました。

「Go To Eventキャンペーン」の具体的な支援の流れや、支援内容について詳しく説明していきます。

キャンペーン内容

このキャンペーンの目的は、イベントやエンターテインメント業界への需要を喚起することです。この時期にチケットの購入をした消費者は、2割相当分の割引・クーポン等を国から受け取ることができ、お得にイベントやエンターテインメントを楽しむことができます。

具体的な利用の流れは以下の通りになります。

  1. 対象となるチケット購入サイトや販売店でチケットを購入する
  2. その際、割引のオプションを選択する
  3. 2.1. 定価の2割引で購入する

    2.2. 定価で購入し、その2割分のポイントかクーポンを受け取る

Go To Eventキャンペーンは、消費者が支援内容を自由に選択できる点が特徴です。

Go To Eventキャンペーンの対象

Go To Eventキャンペーンの対象となるのは、前提として新型コロナウイルスの影響を受けたスポーツイベントや文化芸術に関するイベントです。

不特定多数の人を集客の対象としており、有償でサービスを提供していることが条件になります。

たとえば、映画館やコンサート、伝統芸能や、試合観戦などが該当します。

また主催者側だけでなく、主催者からチケット販売の業務を委託されたチケット販売業者もGo To Eventキャンペーンの対象となります。

キャンペーンの開始時期

「Go To Eventキャンペーン」の正式な開始時期は未定となっております。

キャンペーン発表当初は7月末の開始と言われていましたが、現在は早くとも8月の下旬から開始となると予想されています

しかし、第2波の可能性を考慮するとさらなる延期も十分に考えられるため、常に最新の情報確認が必要なキャンペーンとなっています。

イベント開催の対策事例

「Go To Eventキャンペーン」が始まるまでに、各事業者は必要最低限のコロナ対策を練り、実行する必要があります。

その際、同業他社のコロナ対策を知っておくことで、対策の抜け漏れを防ぐことができます。

今回は「映画館」「遊園地」「スポーツ観戦」3つの事例について解説していきます。

映画館のコロナ対策事例

愛知県の興行協会は、映画館が3密空間にならないことをアピールした映像を記者会見で発表し、視覚情報を駆使して、映画館のコロナ対策をアピールしました。

具体的には、映画館の高性能な喚起システムによる喚起能力を実際の煙の動きを使って表現し、3密で空気が籠るイメージがある映画館のイメージを変える効果があります。

このように、対策の効果が目に見えてわかるアピールの方法は、安心や安全という気持ちを醸成しやすい効果的な対策事例と言えます。

遊園地のコロナ対策事例

常に密のイメージが強い遊園地では、細かいルールを設定することで、消費者の安全を守る姿勢が伺えます。

今回は「東京ディズニーリゾート」のコロナ対策を参考にしていきます。

「東京ディズニーリゾート」では、パーク内での密を避けるために、目玉コンテンツであるパレードの休止やキャラクターとの触れ合い禁止をルールとして設定しています。

またアトラクションに乗車する際も、乗車間隔を開けたり、待機する列の間隔を従来よりも広く取る措置を設けています。

ほかにはショップへの入場制限を設けたり、チケットの抽選などによって入場者数を制限したりすることで、パーク内が人で溢れる状態にならないようにコントロールできる管理体制を構築しています。

スポーツ観戦のコロナ対策事例

スポーツ観戦では、観戦する側だけでなく、プレーをする主催者側の対策も重要なポイントになります。

日本野球機構(NPB)が発表しているガイドラインでは、まず一人ひとりの行動記録表を作成し、万が一当事者がコロナウイルスに感染しても接触した人を特定しやすくし、感染の拡大を防ぐことにつながる仕組みを整備しています。

またプレー中などはハイタッチや近距離での円陣を禁止し、ボールやバットを使用したあとに目や口を触ることを禁止にすることで、感染経路を事前にできる限り断つ努力をしていることがわかります。

安全対策をした上でイベントの開催を

Go To Eventキャンペーンの実行は、売上の減少などで事業の存続に苦しむ事業者にとって、希望となる施策の1つと言えます。

一方でGo To Eventキャンペーンが盛り上がるほど、人の移動や密集の機会は増えることになります。

そのためイベントを主催する側は、事前に十分かつ念入りな対策シミュレーションを考え、準備をしていく必要があります。

同業他社のコロナ対策事例を参考にし、より一層万全な対策をとっていくことが、イベントの主催者に求められるようになるといえるでしょう。

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。