ぐるなび調査でわかったテイクアウトで重視されるポイントは「近い」「安い」「行きつけ」

ぐるなび調査でわかったテイクアウトで重視されるポイントは「近い」「安い」「行きつけ」

ぐるなび、テイクアウトに関する意識調査

株式会社ぐるなびは、2020年5月12日~5月13日に20~60代のぐるなび会員2,992人に飲食店のテイクアウトに関する調査を行いました。

回答者の61.5%が直近1か月でテイクアウトを利用していることが分かりました。

▲[直近1か月でテイクアウトを利用した割合]:株式会社ぐるなび
▲[直近1か月でテイクアウトを利用した割合]:株式会社ぐるなび

直近1か月でテイクアウトを「利用した」人は、全体の61.5%です。小学生以下の子供がいる家庭では75.4%、週2回以上外食する「外食ヘビーユーザー」では76.3%となっています。

直近1か月より前と比較し、「利用が増えた」と回答した人は40.1%で、「今後も利用が増えそう」との回答は32.4%です。

テイクアウト利用で重視するポイントは?今後試してみたいテイクアウトは?

増えそうと回答した人の理由を見ると、献立を考える、食器を洗う手間が不要で自由時間が増えること、テイクアウトをするお店が増えていること、選択肢が増えていること、行ったことのないお店の料理をテイクアウトで食べられるなどがあります。

▲[テイクアウトを利用する際に今、重視していることランキングと今後重視するランキング]:株式会社ぐるなび
▲[テイクアウトを利用する際に今、重視していることランキングと今後重視するランキング]:株式会社ぐるなび

テイクアウトを利用する上で重視されているのは「近い」「安い」「行きつけ」が多くなています。今後重視する点に関しては「安い」が1位で、今重視していることでは4位だった「自宅ではなかなか作れない料理」が2位に浮上しています。

自粛制限が緩和されていますが、今までと同じように外食することはすぐには難しく、今後はテイクアウトを購入する飲食店の幅を広げて楽しもうとする傾向がわかる結果となりました。

▼外部リンク

株式会社ぐるなびのプレスリリース
https://corporate.gnavi.co.jp/release/2020/20200521-019310.html

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボニュース

口コミラボニュース

口コミラボ編集部が選んだ、企業の口コミ・MEO対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。