AIDMAは、Attention、Interest、Desire、Memory、Actionの頭文字をとったマーケティング用語で、消費者が商品やサービスを購入するまでの行動を説明するモデルの一種です。

1920年代にアメリカの作家、サミュエル・ローランド・ホール氏が提唱したもので、消費者が商品やサービスを購入する際、

  1. まず商品やサービスの存在を知り(Attention)
  2. 商品やサービスに対して興味を抱き(Interest)
  3. 欲しいと思うようになり(Desire)
  4. 商品やサービスの存在や欲しいという思いを記憶し(Memory)
  5. 最終的に購入へと至る(Action)

という流れがあり、これに沿ってマーケティング戦略を立てていくべきという考え方です。

類似の購入モデルとして、AISAS、SIPSがあります。

<関連記事>


口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に


 

役にたったら
いいね!してください