ノイジーマイノリティとは、「声高な少数派」を意味する言葉です。マーケティング用語では、企業や店舗に対し強い批判を行う人々が顧客全体の中で少数である場合に使われます。

マーケティングにおいて、声高に批判を行うノイジーマイノリティの意見に流されて判断してしまうと、声を上げない大多数の顧客「サイレントマジョリティ」が離れていき、施策が失敗する恐れがあります。

ソーシャルリスニングなどを活用してマジョリティの意見を取り入れ、本当に必要な施策について見極める必要があるといえます。

<関連記事>


口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に