マスク氏 Twitter社買収完了 / LINE公式アカウント、料金プラン改定へ【SNSニュースまとめ 2022年10月】

口コミアカデミー 0円すべて無料 口コミサイトの運営やノウハウが学べる、店長限定の無料のオンラインスクール

毎月SNSの最新機能、ニュースなどをまとめている「SNSニュースまとめ」2022年10月版です。

10月は、マスク氏とTwitter社が和解し買収完了し、マスク氏がTwitter社の改革に動き出したといったニュースやLINE公式アカウントの料金プラン改定など、さまざまな動きがありました。

さらに、Facebookのフィードを個人の好みにカスタマイズできる機能やTikTokのLIVE配信を最大5人で楽しめる「マルチゲスト」機能、YouTubeのデザイン一新など新たな機能のリリース情報も多く発表されました。

この記事では「SNSまとめ 2022年10月」の資料の一部を紹介します。全編は以下のダウンロードリンクから見ることができますので、ぜひご覧ください。

レポートをダウンロードする(無料)


Facebookフィードに新機能登場、個人の好みに合わせて表示されるように


Metaは10月5日、Facebookのフィードをカスタマイズし、新機能を追加すると発表しました。

同社は、新機能について近日中に利用可能になるとしています。

フィードの新機能は、投稿に「フィードでこのような投稿をもっとみたいですか?」という問いと「表示を増やす」「表示を減らす」ボタンが表示され、いずれかをタップするとその意向が反映されるというものです。

同機能はユーザーが「自分にとって価値のあるコンテンツをより多く発見する」ための機能で、同社は今後フィードに表示される友達、グループ、ページ、著名人からのコンテンツの量をカスタマイズするための設定も検討すると述べています。

<参照>
Meta:Facebookフィードをカスタマイズできる新機能を発表

マスク氏Twitter社買収完了、騒動に終止符


日本経済新聞の報道によると、Twitterは10月28日までに、ニューヨーク証券取引所にイーロン・マスク氏による買収が27日付で完了したと届け出たことが明らかになりました。

マスク氏は2022年4月下旬に買収契約を結んだものの、その後に実態のない偽アカウントの多さに懸念を表明し、7月上旬に売買契約を破棄するとTwitter社に通達していました。

この一方的な買収契約破棄を不服としてTwitter社はマスク氏を相手取り訴訟までに発展していましたが、4月に同意した買収条件で同氏による買収が完了し、両者が和解する方向で騒動に終止符が打たれました。

両者の和解は訴訟を扱うデラウェア州の裁判所の承認などを経て正式決定となります。

買収総額は440億ドル(約6兆4000億円)です。

買収完了に伴いTwitter社は上場廃止となり、今後はマスク氏による改革が進みます。

<参照>
日本経済新聞:イーロン・マスク氏のTwitter買収完了 NY証取に届け出

LINE公式アカウント、料金プラン改定へ


LINEは10月31日、企業と店舗向けの「LINE公式アカウント」の料金プランを、2023年6月に改定すると発表しました。料金改定の適用対象国は日本のみです。

現在、LINE公式アカウントは、月額固定費、無料メッセージ通数、追加メッセージによって料金が異なる「フリー/ライト/スタンダード」の3つの料金プランを提供しています。

新プランでは、3プランの月額固定費は変わりませんが、各プランで送信できるメッセージ数が大幅に減ります。また、現ライトプランで利用できる「追加メッセージ」が、新プランでは利用できなくなります。

現在利用中のアカウントには、現行プランに相当する新プランが自動的に適用される予定で、詳細は2023年2月頃に発表される予定です。

<参照>
LINE:LINE公式アカウント、料金プラン改定のお知らせ

「マルチゲスト」機能登場、最大5人とLIVE可能に


TikTokは10月19日、新機能「マルチゲスト」機能をアップグレードしたと発表しました。

同機能は、LIVE配信をするホストがグリッドやパネルレイアウトを使って最大5人のゲストをLIVE配信を行い、視聴者と交流ができるというものです。

また、カメラの反転やエフェクトの追加、コメントのフィルタリング、ホストの代理として視聴者からのコメントを管理できるモデレーターの追加など、様々な設定が利用できます。

<参照>
TikTok:TikTok、機能追加やアップデート、ポリシー変更によりLIVE体験を強化

デザイン一新、ダークモードでも見やすく


YouTubeは10月25日、YouTubeのデザインを一新し、新機能「アンビエントモード」を導入したと発表しました。

「アンビエントモード」は動画の内容に合った淡い色に画面の背景色が微妙に変化する機能です。ウェブやモバイル(アプリ)でダークモードに設定することで利用可能になります。

また、ダークモードの背景をさらに暗くして、動画がさらに鮮やかに見える仕様になりました。同機能は、ウェブ、モバイル、スマートテレビ版で対応しています。

<参照>
YouTube:YouTube の新しいデザイン


ーーーーー

その他にも、レポートでは各SNSの最新機能・ニュースなどをまとめています。

以下のページから、無料でレポートをダウンロードできます。ぜひご活用ください!

レポートをダウンロードする(無料)


口コミラボ 最新セミナー紹介&最新版MEOまとめ

口コミコム トレンドLIVE! Vol.2 〜Google、口コミなどのマーケティング最新情報をお届け〜

今、Web施策として注目されている「Googleマップ」や「口コミ」

これらをマーケティングに活用するために知っておくべき情報や、話題のニュースに関連した最新情報をお届けするトークシリーズ「口コミコム トレンドLIVE!」の第二弾!

第二弾となる今回は…

  • ローカル検索対策の最前線TIPS
  • エキスパートが語る、Googleマップの注目問題
  • Google・口コミ関連最新トレンドニュース 2024年6月版

など、今話題となっているGoogle口コミのあるべき姿や、施設運営者としての口コミへの向き合い方についてお伝えします。

登壇するのは、口コミコム のアドバイザーであり、Googleのダイアモンドプロダクトエキスパートとしても活動中の永山卓也氏。Googleマップや口コミ対応などに詳しい永山氏から、最新のニュースやマーケティングノウハウについてわかりやすく解説いただきます!

詳しくはこちらをご覧ください。
口コミコム トレンドLIVE! Vol.2 〜Google、口コミなどのマーケティング最新情報をお届け〜

【24年5月版 Googleマップ・MEO最新情報まとめ】

MEOに関わるサービス「Googleマップ」「Googleビジネスプロフィール」や、各種地図アプリ・口コミサイトは日々更新を続けており、その全容を把握するのは難しくなっています。

そこで口コミラボでは、MEO・口コミマーケティングに役立つ最新ニュースをまとめた「Googleマップ・MEO最新情報まとめ」を毎月発行しています。

本記事では、2024年4月〜5月の情報をまとめたレポートのダイジェストをお届けします。

※ここでの「MEO」とは、Google上の店舗・施設情報の露出回数を増やしたり、来店行動につなげたりすることで、Google経由の集客を最大化させる施策を指します。
※『口コミアカデミー 』にご登録いただくと、レポートの全容を無料でご確認いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。
Googleビジネスプロフィール「チャット機能(メッセージ)」終了、7月末で / ビジネス情報の停止報告相次ぐ、「非店舗型」ビジネスでは要注意【2024年5月版 Googleマップ・MEOまとめ】


口コミアカデミー 0円すべて無料 口コミサイトの運営やノウハウが学べる、店長限定の無料のオンラインスクール

関連するオススメ記事

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。