インスタで店舗の位置情報を追加する方法:Instagramの「場所」検索とは?

目次

https://lab.kutikomi.com/resources/bf7f2dd4e6079c35a551/

店舗集客では、ユーザーに店舗の場所を知らせることが重要になってきます。

特に若い世代で人気のInstagramには、場所の名前で検索できる「場所」検索が存在するため、店舗の場所を登録しておくと集客につながる可能性があります。

そこで本記事では、Instagram上の地図に店舗の位置情報を登録する方法や、プロフィールや投稿に店舗の場所を載せる方法を、画像付きで解説していきます。


2021年版「SNS動向まとめ」レポートを作成しました。
Instagramの「いま」を知ろう
\5分でSNSマーケティングの最新動向が丸わかり!/

資料を無料でダウンロードする


Instagram(インスタグラム)の「場所」検索とは?

Instagramの「場所」検索では、投稿に紐づけられた「場所」で検索できます。

まず、調べたいキーワードで検索します。たとえば、画像のように、Instagramの検索ボタンから「渋谷」とワード検索します。上のメニューの一番右に「場所」が表示されるのでタップすると、キーワードに関連する場所が表示されます。

▲Instagram 場所検索画面:口コミラボ編集部スクリーンショット

該当する場所をタップすると、マップとその場所に関連する投稿が表示されます。

たとえば、画像のように「渋谷スクランブルスクエア」で検索すると、渋谷スクランブルスクエアの場所を追加して投稿された画像を一覧で見ることができます。

▲「渋谷スクランブルスクエア」の検索画面:口コミラボ編集部スクリーンショット

また、地図画面で検索したい位置を画面に表示させてから、上部に表示される「このエリアを検索」をタップすると、表示しているエリアの近くにある人気の店舗や場所を表示してくれます。

▲「このエリアで検索」で表示される画面:口コミラボ編集部スクリーンショット

ユーザーが「場所」検索をしたときに店舗を見つけやすくするためにも、店舗公式アカウントのプロフィールや投稿に店舗の位置情報を登録、記載しておくことは重要です。

また、ユーザーが店舗の場所を追加して投稿してくれることもあります。この場合そのユーザーのフォロワーにも投稿を見てもらえるため、自然な宣伝効果が生まれます。口コミを通じて店舗の魅力を広げることをめざす「口コミマーケティング」の仕掛けの一つにもなるでしょう。

Instagram(インスタグラム)に店舗の位置情報を登録する方法を解説

Instagramの位置情報は、Facebookから位置情報・場所名を登録することで表示されるようになります。

では、以下で店舗の位置情報を登録する手順を解説します。

1. まずFacebookにログインします。「その気持ちシェアしよう」(投稿機能)をタップし、遷移したページから「チェックイン」をタップします。

▲Facebookで「その気持ちシェアしよう」をタップし、遷移したページから「チェックイン」をタップ:口コミラボ編集部スクリーンショット

2. 一番下の「新しいスポットを追加」をタップし、「カテゴリを検索」または「カテゴリの提案」リストから、登録したい位置情報のカテゴリを選びます。

▲「新しいスポットを追加」をタップし、登録したい位置情報のカテゴリを選ぶ:口コミラボ編集部スクリーンショット

3. 登録したい位置情報の「市町村」を検索ウィンドウに入力します。「渋谷区」の場合は「sibuya」と入力すると候補に出てきます。

▲登録したい位置情報の「市町村」を検索ウィンドウに入力:口コミラボ編集部スクリーンショット


4. 位置情報に名前や住所を追加し、「作成」をタップして完了です。

▲位置情報に名前や住所を追加し、「作成」をタップして完了:口コミラボ編集部スクリーンショット

その後、Instagramで位置情報が作成されているか確認しましょう。

すぐに反映されない場合もあるので、場所が見つからないという場合は、少し時間を置いて確認すると良いでしょう。

プロフィール・投稿に店舗の位置情報を載せよう

プロフィールに店舗の位置情報を掲載するには、Instagramのビジネスアカウントが必要です。

ビジネスアカウントの設定方法については、以下の記事をご覧ください。

弁当屋のInstagram活用事例

画像や動画の投稿をメインとしたSNSであるInstagramを活用し、自店舗の弁当を宣伝することで、商品のイメージや魅力が伝えやすくなります。本記事では、通常のアカウントよりもビジネスに便利な機能を利用できる「ビジネスアカウント」への変更方法、弁当屋でInstagramを導入し活用している事例、Instagramを使うメリットやデメリットを紹介します。関連記事パン屋が取り組むInstagram活用事例集ケーキ屋が取り組むInstagram活用事例集弁当屋のFacebook活用事例集目次In...

では、以下でビジネスアカウントのプロフィール欄に店舗の位置情報を載せる方法を解説します。

プロフィールに店舗の位置情報を載せる方法

1. まず、Instagramのプロフィール画面より「プロフィールを編集」をタップします。

▲Instagramのプロフィール画面から、「プロフィールを編集」をタップ:口コミラボ編集部スクリーンショット

2. 「連絡先オプション」をタップします。

▲「連絡先オプション」をタップ:口コミラボ編集部スクリーンショット

3. 「ビジネスの住所」を選択します。

▲「ビジネスの住所」を選択:口コミラボ編集部スクリーンショット

4. 店舗の住所を入力します。

▲店舗の住所を入力:口コミラボ編集部スクリーンショット

5. 入力したら、右上のチェックボタンをタップします。

▲右上のチェックボタンをタップ:口コミラボ編集部スクリーンショット

6. 連絡先オプションの下の「プロフィール表示」が「連絡先を非表示」になっていると、住所が表示されません。

▲「連絡先を非表示」になっていると、住所が表示されない:口コミラボ編集部スクリーンショット

7. タップし、「連絡先情報を表示」をオンにします。

▲「連絡先情報を表示」をオンにする:口コミラボ編集部スクリーンショット

8. 右上のチェックボタンをタップして保存し、プロフィール画面に位置情報が掲載されたことを確認しましょう。

▲Instagram プロフィール画面:口コミラボ編集部スクリーンショット

投稿に店舗の位置情報を載せる方法

投稿に店舗の位置情報を載せる方法を解説します。

1. まず、ホーム画面の右上にある「+」ボタンをタップし、新規投稿を開きます。

▲ホーム画面の右上にある「+」ボタンをタップし、新規投稿を開く:口コミラボ編集部スクリーンショット

2. 写真を選んで右上の「→」をタップします。

▲写真を選んで右上の「→」をタップ:口コミラボ編集部スクリーンショット

3. フィルタなどを用いて写真を編集したら、右上の「→」をタップします。

▲フィルタなどを用いて写真を編集したら、右上の「→」をタップ:口コミラボ編集部スクリーンショット

4. 「場所を追加」をタップします。

▲「場所を追加」をタップ:口コミラボ編集部スクリーンショット

5. 店舗名で検索し、店舗を選択したら、投稿をシェアします。

▲店舗名で検索し、店舗を選択したら、投稿をシェア:口コミラボ編集部スクリーンショット

Instagram(インスタグラム)に店舗の位置情報を登録して、効果的な集客を

Instagramに位置情報を登録すると、公式アカウントのプロフィールや投稿に場所を追加できるほか、ユーザーにも店舗の場所を追加して投稿してもらえることがあります。

まだ登録していないという店舗では、早めに登録することが得策でしょう。

[cta_last_kcombanner_kcomTOP]

口コミラボに「いいね」をして最新情報を受け取る

関連するオススメ記事

Googleマップからの集客を3倍にしませんか?

口コミコムはGoogleマップ・Yahoo!地図などの地図アプリで,もっと集客できるようにする一括管理ツールです。ご利用店舗は10,000以上!

「口コミコム」を詳しく見る