美容室を「また利用したい」と思った瞬間は?施術以外でカギを握るのは「会計」「予約」

口コミアカデミー 0円すべて無料 口コミサイトの運営やノウハウが学べる、店長限定の無料のオンラインスクール

美容に関する調査研究機関である『ホットペッパービューティーアカデミー』が、美容室利用者2,600人を対象に「美容サロン顧客満足調査」を実施しました。

トップ3には男女とも「仕上がり確認」「施術」「カウンセリング」がランクインするほか、「会計時」にまた利用したいと感じているユーザーが男女ともに20%近くいることが明らかになっています。

店舗集客のアイデアが毎日届く!口コミラボのメルマガに登録する


美容室を「また利用したい」と思った瞬間TOP10

美容室利用者2,600人を対象に調査した「美容サロン顧客満足調査」から、顧客が美容室を「また利用したい」と思う瞬間が明らかになりました。

順番に多少の違いはあるものの、男女共にトップ3にランクインしたのは「仕上がり確認」「施術」「カウンセリング」。施術が終わった際に鏡で仕上がりを確認する瞬間や施術中が顧客のリピート意向に大きく影響していることが示されました。

そして施術前に実施するカウンセリングもリピートにつながる要因として高く評価されています。顧客の希望や要望をしっかりと受け止め、施術に反映させることが重要なようです。

興味深いのが女性編では7番目、男性編では8位にランクインしている「会計」です。2021年からの調査と比較すると男女共に「会計」の評価が上昇していて、キャッシュレス決済やオンライン決済の普及により、ストレスのない支払い方法がリピートにつながることがわかりました。

この調査からわかるように、美容室のリピート利用にはさまざまな要因が関与しています。施術の質や接客だけでなく、キャッシュレスによるスムーズな会計も顧客の満足度を高め、リピートを促す重要なポイントです。

美容室の競争が激化する中、顧客対応の水準を高めることが差別化の鍵となっています。男女別の詳しいランキングは以下をご確認ください。

▲美容室を「また利用したい」と思った具体的な内容(男性編)

▲美容室を「また利用したい」と思った具体的な内容(女性編)

<参照>

株式会社リクルート:美容室のリピーター増加のカギは「会計」時/リピート意向者(継続顧客)の2割以上は「来店前」に再来を決定

口コミラボ セミナー紹介&最新版MEOまとめ

【24年3月版 Googleマップ・MEO最新情報まとめ】


MEOに関わるサービス「Googleマップ」「Googleビジネスプロフィール」や、各種地図アプリ・口コミサイトは日々更新を続けており、その全容を把握するのは難しくなっています。

そこで口コミラボでは、MEO・口コミマーケティングに役立つ最新ニュースをまとめた「Googleマップ・MEO最新情報まとめ」を毎月発行しています。

本記事では、2024年2月〜3月の情報をまとめたレポートのダイジェストをお届けします。

※ここでの「MEO」とは、Google上の店舗・施設情報の露出回数を増やしたり、来店行動につなげたりすることで、Google経由の集客を最大化させる施策を指します。
※『口コミアカデミー 』にご登録いただくと、レポートの全容を無料でご確認いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。
ビジネスプロフィールにSNSの投稿が表示される / 宿泊施設のGoogleビジネスプロフィールでSNS登録が可能に ほか【24年3月版 Googleマップ・MEO最新情報まとめ】


口コミアカデミー 0円すべて無料 口コミサイトの運営やノウハウが学べる、店長限定の無料のオンラインスクール

関連するオススメ記事

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。