飲食店、売上減でも65%が「黒字化」理由は時短協力金

飲食店専門の支援サービスを展開している「飲食店.COM」が、「協力金・融資・支援金の活用状況と用途、資金繰りの工夫などに関するアンケート 」を実施しました。

その結果、2021年7月の飲食店では、売り上げが減少している一方で、65%が黒字化していることが判明しました。

関連記事
居酒屋、宣言解除で10月売上33.4ポイント回復(2021年11月)

飲食店の半数以上が売上5割以上減少

同調査ではまず、「7月の売上」を対象に、2019年の同月比を聞いています。その結果「2019年7月より70%以上減った」(32.6%)という回答が最多でした。

次いで12.9%の人が「50%以上減った」と回答しており、全体として「2019年同月より50%以上減った」と回答した飲食店が5割以上を占めました。

黒字化の要因に「時短協力金」

しかし「協力金を補填したうえでの7月の収支結果」を聞いたところ、65.0%の飲食店が「黒字」と回答しています。

そこで「赤字化しなかった理由として最も当てはまるもの」を聞いたところ、「協力金の支給」と回答した飲食店が87.0%に上りました。そのほかの回答には、「人件費や食材費などのコスト削減による効果」(28.3%)や、「テイクアウトデリバリーの売上利益」(20.1%)が上がっています。

黒字化の要因として協力金の支給が最大の要因と捉えている飲食店が多いことがうかがえる結果となりました。

【口コミを売上に変える!】最新セミナー&レポートのご紹介

口コミラボでは、集客・Webマーケティングに課題を抱える店舗のご担当者様向けに

「口コミを集めて売上につなげたい」
「ネガティブな口コミが投稿された…どう対処すればいい?」
Googleマップや口コミ管理をもっとカンタンにしたい」

といったお悩み・課題解決を支援すべく、最新レポートの公開やセミナーの実施などを行っております。

“ここでしか学べない“Googleビジネスプロフィールの最新ノウハウを無料で提供中!

仕込みの合間に通うお店の学校「口コミアカデミー」では、GoogleマップGoogleビジネスプロフィールの教科書を無料で公開いたしました!

Googleビジネスプロフィール ダイアモンドプロダクトエキスパートとしてGoogleから公式に認められている永山氏監修のもと作成した、“ここでしか学べない“内容となっております。

飲食店・観光施設・小売店・宿泊施設などの店長や店舗マーケター向けに、最新のWeb集客手法を【無料】でご提供いたします。

「Googleマップの教科書」を見てみる

【最新】Googleマップ・ビジネスプロフィール更新情報レポート


毎月GoogleマップGoogleビジネスプロフィール(マイビジネス)などの最新情報をお届けする「MEO・口コミマーケまとめ 【2022年7月版】」です。

Googleビジネスプロフィール(マイビジネス)をはじめ、ローカル検索対策や口コミマーケティングに役立つ情報が満載です!ぜひご一読ください。

Googleマップ・MEOの最新情報を知る【資料DL】

ネガティブな口コミへの対処法


Googleマップなどの口コミは、ネガティブな意見が入ることも・・・。

  • 批判的な口コミが入ってしまった。どうしよう・・・
  • 悪い口コミは消せないの?
  • 返信するときはどういう風に書いたらいい?

本資料では、このようなギモン・お悩みにお答えします。

ネガティブ口コミへの対応方法を知る【資料DL】

Googleビジネスプロフィールの「インサイト」活用マニュアル


Googleビジネスプロフィールの「インサイト」は、Googleのローカル(地域)検索で「検索者がどれくらい見ているか」「どれくらい行動に移したか」など、ここでしか見られない情報が集まっている解析データです。

そんな「インサイト」を活用するためのマニュアルを作成しました!

Googleビジネスプロフィールのインサイトについて知る【資料DL】

<参照>
【飲食店リサーチ】飲食店.COM:コロナ禍で売上減も65%の飲食店が時短協力金で「黒字化」。87%が店舗の運転資金に
【飲食店リサーチ】飲食店.COM:協力金・融資・支援金の活用状況と用途、資金繰りの工夫などに関するアンケート

関連するオススメ記事

    この記事の筆者

    口コミラボ編集部

    口コミラボ編集部

    口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。