酒提供再開で「飲みに行った」17.8% 家飲み需要引き続き

口コミアカデミー 0円すべて無料 口コミサイトの運営やノウハウが学べる、店長限定の無料のオンラインスクール

リカー・イノベーション株式会社は、「緊急事態宣言解除に伴うお酒への意識調査」をインターネット上で行いました。

関連記事
吉野家が呼びかけ、全国9,400店舗が参画「#外食はチカラになる」

宣言解除でお酒を飲みに「行った」17.8%、家飲み需要継続へ

緊急事態宣言が解除され、お酒に対する意識が変わったかという質問に対して「変わった」と感じている人は約32%であったのに対し、約67%の人が「変わらない」と答えました。

また宣言解除後に飲食店へお酒を飲みに「行った」と答えた人は17.8%となりました。その一方で69.4%の人が「まだ行っていない」と回答しました。

「まだ行っていない」と回答した人の中には、もうしばらく様子を見てから判断するといった人や、外で飲酒をすると感染対策を怠ってしまう可能性があるからといった人が多くみられています。

宣言解除後も家飲み需要は続くものとみられ、87.0%の人が家飲みの頻度が変わると思うかという質問に対し、「変わらないと思う」と答えました。

通販やお取り寄せなどを用いて家で美味しいお酒を楽しむといった声が挙げられており、テイクアウトや宅配なども引き続き多くの人に活用されそうです。


<調査概要>
表題:緊急事態宣言解除に伴うお酒への意識調査
調査対象:「KURAND」メールマガジン会員
調査方法:インターネット調査
調査期間:2021年10月8日(金)18:00~10月11日(月)12:00
調査人数:432名
調査エリア:全国

口コミラボ 最新セミナー紹介&最新版MEOまとめ

口コミコム トレンドLIVE! Vol.2 〜Google、口コミなどのマーケティング最新情報をお届け〜

今、Web施策として注目されている「Googleマップ」や「口コミ」

これらをマーケティングに活用するために知っておくべき情報や、話題のニュースに関連した最新情報をお届けするトークシリーズ「口コミコム トレンドLIVE!」の第二弾!

第二弾となる今回は…

  • ローカル検索対策の最前線TIPS
  • エキスパートが語る、Googleマップの注目問題
  • Google・口コミ関連最新トレンドニュース 2024年6月版

など、今話題となっているGoogle口コミのあるべき姿や、施設運営者としての口コミへの向き合い方についてお伝えします。

登壇するのは、口コミコム のアドバイザーであり、Googleのダイアモンドプロダクトエキスパートとしても活動中の永山卓也氏。Googleマップや口コミ対応などに詳しい永山氏から、最新のニュースやマーケティングノウハウについてわかりやすく解説いただきます!

詳しくはこちらをご覧ください。
口コミコム トレンドLIVE! Vol.2 〜Google、口コミなどのマーケティング最新情報をお届け〜

【24年5月版 Googleマップ・MEO最新情報まとめ】

MEOに関わるサービス「Googleマップ」「Googleビジネスプロフィール」や、各種地図アプリ・口コミサイトは日々更新を続けており、その全容を把握するのは難しくなっています。

そこで口コミラボでは、MEO・口コミマーケティングに役立つ最新ニュースをまとめた「Googleマップ・MEO最新情報まとめ」を毎月発行しています。

本記事では、2024年4月〜5月の情報をまとめたレポートのダイジェストをお届けします。

※ここでの「MEO」とは、Google上の店舗・施設情報の露出回数を増やしたり、来店行動につなげたりすることで、Google経由の集客を最大化させる施策を指します。
※『口コミアカデミー 』にご登録いただくと、レポートの全容を無料でご確認いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。
Googleビジネスプロフィール「チャット機能(メッセージ)」終了、7月末で / ビジネス情報の停止報告相次ぐ、「非店舗型」ビジネスでは要注意【2024年5月版 Googleマップ・MEOまとめ】


<参照>
緊急事態宣言解除後のお酒に関する意識調査 | リカー・イノベーション株式会社プレスリリース

口コミアカデミー 0円すべて無料 口コミサイトの運営やノウハウが学べる、店長限定の無料のオンラインスクール

関連するオススメ記事

    この記事の筆者

    口コミラボ編集部

    口コミラボ編集部

    口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。