鬼滅・ポケモンが最強 コンテンツの"リーチ力・支出喚起力"ランキング

口コミアカデミー 0円すべて無料 口コミサイトの運営やノウハウが学べる、店長限定の無料のオンラインスクール

博報堂などが共同で実施した「コンテンツファン消費行動調査2023」。これによると、コロナ禍で大きな打撃を受けたコンテンツ業界ですが、生活者のコンテンツへの年間平均支出額が前年調査から7,874円増加し、6万8,527円に達するなど、堅調に回復していることがわかる結果となりました。

また、コンテンツの「リーチ力」ランキングでは「鬼滅の刃」、「支出喚起力」ランキングでは「ポケットモンスター」がそれぞれ1位を獲得しました。

店舗集客のアイデアが毎日届く!口コミラボのメルマガに登録する

コンテンツへの支出がコロナ禍以降、最高を記録

新型コロナウイルスの影響を受けたコンテンツ業界が、徐々に回復の兆しを見せています。

株式会社博報堂DYホールディングス、株式会社博報堂、株式会社博報堂DYメディアパートナーズの共同研究プロジェクトであるコンテンツビジネスラボが「コンテンツファン消費行動調査2023」を実施。

この調査によると、コロナ禍以降、生活者のコンテンツへの年間平均支出額が前年調査から7,874円増加し、6万8,527円に達しました。これはコロナ禍以降で最高の水準であり、コンテンツへの支出が急速に増加していることを示しています。

▲コンテンツへの平均支出金額の推移:コンテンツビジネスラボ「リーチ力・支出喚起力ランキング」~「コンテンツファン消費行動調査2023」より~

リアルイベント市場の復活とリベンジ消費

注目すべきは、リアルイベントやレジャー、ファンクラブ市場の急激な回復です。なかでもリアルイベント市場は大きな成長を遂げています。

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、リアルイベントでは収容人数や声出しに制限が課せられていました。しかし2022年半ばから徐々に緩和され、現在では声を出してアーティストやアスリートを応援する「声出し解禁」が進行中です。

音楽のライブ・コンサートの推定市場規模は前年比で53%増加。野球の生観戦も67%増加するなど、リアルイベント市場が堅調な成長を遂げていることでファンクラブやグッズなどへの支出も増加したとみられます。

▲各カテゴリの推計市場規模の推移:コンテンツビジネスラボ「リーチ力・支出喚起力ランキング」~「コンテンツファン消費行動調査2023」より~

リーチ力ランキング1位は「鬼滅の刃」

どれだけ多くの生活者に接触できるかを示すリーチ力ランキングにおいては、『鬼滅の刃』が2年連続で1位に輝きました。

『鬼滅の刃』はコロナ禍中もテレビアニメの放送があったほか、過去の作品が再編集されて劇場上映されたりグッズやコラボレーション商品が販売されたり、多くの生活者の目に触れ続けたことが高いリーチ力を維持している要因です。

また、『SPY×FAMILY』が2位、『チェンソーマン』が11位にランクインしました。『SPY×FAMILY』はテレビアニメのヒットでマンガの販売が伸びた一方、『チェンソーマン』は毎話異なるエンディングテーマ曲を流すなど意欲的なプロモーションで幅広い年代にリーチした結果であることが伺えます。

支出喚起力ランキング1位は「ポケットモンスター」

コアファンによる、年間の関連市場規模の指標を示す支出喚起力ランキングでは、『ポケットモンスター』が1位に輝きました。『ポケットモンスター』はゲームやテレビアニメ、グッズを展開しているだけでなく、自治体とのコラボレーションなど多様な接点を作って生活者との関係を深めるなどど話題づくりに成功。いずれも大ヒットを記録しました。

コンテンツ業界は多様なアプローチで生活者との接点を拡大し、支出を呼び込む成功例が増えています。

<参照>

博報堂:コンテンツビジネスラボ「リーチ力・支出喚起力ランキング」~「コンテンツファン消費行動調査2023」より~

口コミラボ 最新セミナー紹介&最新版MEOまとめ

口コミコム トレンドLIVE! Vol.2 〜Google、口コミなどのマーケティング最新情報をお届け〜

今、Web施策として注目されている「Googleマップ」や「口コミ」

これらをマーケティングに活用するために知っておくべき情報や、話題のニュースに関連した最新情報をお届けするトークシリーズ「口コミコム トレンドLIVE!」の第二弾!

第二弾となる今回は…

  • ローカル検索対策の最前線TIPS
  • エキスパートが語る、Googleマップの注目問題
  • Google・口コミ関連最新トレンドニュース 2024年6月版

など、今話題となっているGoogle口コミのあるべき姿や、施設運営者としての口コミへの向き合い方についてお伝えします。

登壇するのは、口コミコム のアドバイザーであり、Googleのダイアモンドプロダクトエキスパートとしても活動中の永山卓也氏。Googleマップや口コミ対応などに詳しい永山氏から、最新のニュースやマーケティングノウハウについてわかりやすく解説いただきます!

詳しくはこちらをご覧ください。
口コミコム トレンドLIVE! Vol.2 〜Google、口コミなどのマーケティング最新情報をお届け〜

【24年5月版 Googleマップ・MEO最新情報まとめ】

MEOに関わるサービス「Googleマップ」「Googleビジネスプロフィール」や、各種地図アプリ・口コミサイトは日々更新を続けており、その全容を把握するのは難しくなっています。

そこで口コミラボでは、MEO・口コミマーケティングに役立つ最新ニュースをまとめた「Googleマップ・MEO最新情報まとめ」を毎月発行しています。

本記事では、2024年4月〜5月の情報をまとめたレポートのダイジェストをお届けします。

※ここでの「MEO」とは、Google上の店舗・施設情報の露出回数を増やしたり、来店行動につなげたりすることで、Google経由の集客を最大化させる施策を指します。
※『口コミアカデミー 』にご登録いただくと、レポートの全容を無料でご確認いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。
Googleビジネスプロフィール「チャット機能(メッセージ)」終了、7月末で / ビジネス情報の停止報告相次ぐ、「非店舗型」ビジネスでは要注意【2024年5月版 Googleマップ・MEOまとめ】


口コミアカデミー 0円すべて無料 口コミサイトの運営やノウハウが学べる、店長限定の無料のオンラインスクール

関連するオススメ記事

    この記事の筆者

    口コミラボ編集部

    口コミラボ編集部

    口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。