【店舗向け】Kyashとは|利用方法や発行できる種類について詳しく解説

Kyashとはプリペイド式の決済サービスで、株式会社Kyashが提供しています。新型コロナウイルスの感染拡大とともに非接触決済を導入する店舗や、利用するユーザーが増加しその需要は高まってきています。

Kyashもそういった非接触決済のひとつであり、すでにVisa加盟店であったりApple Payを導入していたりする店舗では事前準備なしに決済できるという利点があります。

本記事ではKyashの利用方法や発行できるカードの種類、ポイントなどの特徴やメリットを解説します。

関連記事
キャッシュレス決済とはどんな仕組み?どんな種類があるのかやポイント還元・導入支援について一挙にご紹介

Kyashとは

Kyashとはプリペイド式の決済、送金サービスです。ユーザーはアプリで無料登録をして発行するカードを選び、使う分だけ入金することで利用できます。Kyashユーザー同士の送金や入出金の管理もアプリで進められます。

最初にKyashというサービスの概要について、その特徴や登録方法を紹介します。

プリペイド式決済サービス「Kyash」

Kyashトップページ:口コミラボ編集部スクリーンショット
▲Kyashトップページ:口コミラボ編集部スクリーンショット

株式会社Kyashが提供するプリペイド式の決済サービスであるKyashは、現在国内外3,800万店以上のVisaプリペイド加盟店で利用できます。

コロナ禍で非接触決済の利用意向が高まっている中、Kyashはタッチ決済にも対応しており、時代のニーズにも合ったサービスでもあります。

Kyashで発行しているカードはバーチャルとリアル2種類の全3種類あり、それぞれユーザーのニーズに合わせて選び、利用できることが特徴です。

また、アプリとカードが連動し、使った金額をリアルタイムで確認できる機能や送金機能も備わっています。

Kyashの登録方法

Kyashへ登録するには、まずKyashのアプリをダウンロードしなければなりません。SMSでの認証が必要なので、SMSを受信できる電話番号が必要です。

アプリをダウンロードすると、氏名、ユーザー名、メールアドレス、パスワード、生年月日、電話番号の情報を入力する画面が表示されます。氏名は公開されませんが、ユーザー名は公開されるため注意が必要です。

入力が終わるとSMS認証の画面に進みます。前の画面で登録した電話番号にSMSが送信されるので、掲載されている認証コードを入力して登録完了です。

Kyashで発行できる3種類のカード

Kyashではアプリ上でカードを発行または申し込みをし、銀行口座やクレジットカードなどから入金して決済を行います。

Kyashで発行しているカードは全部で3種類です。本項では3種類のカードの特徴について解説します。

このうち「Kyash Card Lite」「Kyash Card Virtual」は、本人確認の手続き済の場合は決済上限金額が変わるため注意が必要です。

1. Kyash Card

1つ目は「Kyash Caed」です。このカードは3種類のカードの中で唯一本人確認書類が必要です。

発行手数料が900円かかるものの、カードにはICチップが搭載されておりVisaのタッチ決済に対応しています。

利用可能範囲は国内外の対象店舗やオンライン決済、QUICPay+決済です。1回の決済上限額が30万、ひと月の決済上限額が100万円と決められており、ポイント還元率は最大で1%と3つのカードの中でも最も高い還元率です。

ポイント付与の上限は1200ポイントであり、3つのカードの中で最も高くなっています。

2. Kyash Card Lite

2つ目は「Kyash Card Lite」です。こちらは本人確認書類がなくとも作れるカードで、300円の発行手数料がかかります。

Kyash Cardとの違いは海外での利用はオンライン決済のみとなる点で、ICチップがなくタッチ決済も利用できません。

また決済上限額は1回の決済での限度額が5万円、ひと月の限度額が12万円です。

ポイント還元率は最大で0.5%で、ポイント上限は600ポイントと定められています。

3. Kyash Card Virtual

3つ目が「Kyash Card Virtual」です。このカードは実際には発行されず、アプリ上で発行されるカードです。

そのため基本的にはオンライン決済のみの利用になりますが、実店舗であってもApple Pay、Google Payに設定すれば、QUICPay+決済での利用が可能です。

決済上限額は1回あたり3万円、ひと月の上限額が5万円と3つのカードの中で最も低いですが、発行手数料がかからないというメリットもあります。

発行に際しての本人確認書類も必要ありません。ポイント還元率や上限はKyash Card Liteと同様の還元率と上限です。

Kyashのメリット

Kyashはカードによっては本人確認の手続きが不要で、登録料や年会費もかからないため、気軽に始められるサービスですが、ほかにも利用することで得られるメリットがあります。

Kyashにどのような利点があるのか、ユーザーが得られるメリットと加盟店が得られるメリットの2つの側面から紹介します。

ユーザーのメリット/ポイント還元や送金機能などの利便性の高さ

ユーザーにとって最大のメリットはその利便性の高さです。

店舗やオンライン決済に幅広く利用できるのみならず、タッチ決済にも対応しています。ユーザー同士であればアプリを使ってスマホから送金できるため、ATMに行く必要がありません。

入金は銀行口座やコンビニ、クレジットカードなどから可能ですが、3,000円〜5万円までの金額を入金し、後払いすることもできます。後払いは手数料がかかりますが、必要な金額をすぐ入金できることもメリットの一つです。

利用履歴もスマホに通知され、決済情報をジャンル別に確認できるため、何にいくら使ったかが分かりやすい点も利便性の向上に一役買っています。さらに使った金額に応じでポイントが貯まり、貯まったポイントは1ポイント1円で利用できます。

加盟店のメリット/カード決済の促進に期待できる

加盟店のメリットとして、販促に期待できるという点が挙げられます。

Kyashでの決済を導入する際には、すでにVisaやGoogle Pay、Apple Pay、QUIQPayの加盟店であれば新しく準備をする必要がなく、今ある設備で導入できます。

また、ユーザーの利便性が高く決済が促進されることで、販売機会の増加が期待され、ひいては売り上げの増加が期待されることもメリットです。

店舗で独自のポイントシステムを導入していなくとも、決済するだけでポイントが還元されたり、Kyash独自のキャンペーンが開催されている場合もあるため、商品購入時のインセンティブとして活用できます。

さまざまな決済手段、細かなユーザーニーズを満たすキャッシュレス市場

Kyashはプリペイド式決済サービスで、発行されたカードを利用してVisa加盟店での決済やオンラインショッピングの決済などに利用できます。

登録もアプリをダウンロードして必要事項を入力するのみで、本人確認書類が必要ないカードもあり非常に簡単です。また、アプリから送金できたりポイントが貯まったりと、ユーザーの利便性が高いことも特徴です。

コロナ禍の状況もふまえ今後もキャッシュレス決済の利用は増加していくと考えられています。カード決済やタッチ決済を導入している店舗では、Kyashの利便性の高さについて理解しておくとよいでしょう。

【口コミを売上に変える!】最新セミナー&レポートのご紹介

口コミラボでは、集客・Webマーケティングに課題を抱える店舗のご担当者様向けに

「口コミを集めて売上につなげたい」
「ネガティブな口コミが投稿された…どう対処すればいい?」
Googleマップや口コミ管理をもっとカンタンにしたい」

といったお悩み・課題解決を支援すべく、最新レポートの公開やセミナーの実施などを行っております。

Googleビジネスプロフィール&MEO、1時間で"ゼロ"から攻略!


Googleマップ上の店舗・施設情報を管理するツール「Googleビジネスプロフィール」や、Googleビジネスプロフィールなどを用いて店舗・施設情報を最適化する施策「MEO」について、

「よく知らない」
「ゼロから教えてほしい」

という方向けに、セミナーを実施いたします!日程は9月28日(水)15時〜16時です。

セミナーに申し込む(無料)

“ここでしか学べない“Googleビジネスプロフィールの最新ノウハウを無料で提供中!

仕込みの合間に通うお店の学校「口コミアカデミー」では、GoogleマップGoogleビジネスプロフィールの教科書を無料で公開いたしました!

Googleビジネスプロフィール ダイアモンドプロダクトエキスパートとしてGoogleから公式に認められている永山氏監修のもと作成した、“ここでしか学べない“内容となっております。

飲食店・観光施設・小売店・宿泊施設などの店長や店舗マーケター向けに、最新のWeb集客手法を【無料】でご提供いたします。

「Googleマップの教科書」を見てみる

【最新】Googleマップ・ビジネスプロフィール更新情報レポート


毎月GoogleマップGoogleビジネスプロフィール(マイビジネス)などの最新情報をお届けする「MEO・口コミマーケまとめ 【2022年7月版】」です。

Googleビジネスプロフィール(マイビジネス)をはじめ、ローカル検索対策や口コミマーケティングに役立つ情報が満載です!ぜひご一読ください。

Googleマップ・MEOの最新情報を知る【資料DL】

ネガティブな口コミへの対処法


Googleマップなどの口コミは、ネガティブな意見が入ることも・・・。

  • 批判的な口コミが入ってしまった。どうしよう・・・
  • 悪い口コミは消せないの?
  • 返信するときはどういう風に書いたらいい?

本資料では、このようなギモン・お悩みにお答えします。

ネガティブ口コミへの対応方法を知る【資料DL】

Googleビジネスプロフィールの「インサイト」活用マニュアル


Googleビジネスプロフィールの「インサイト」は、Googleのローカル(地域)検索で「検索者がどれくらい見ているか」「どれくらい行動に移したか」など、ここでしか見られない情報が集まっている解析データです。

そんな「インサイト」を活用するためのマニュアルを作成しました!

Googleビジネスプロフィールのインサイトについて知る【資料DL】

関連するオススメ記事

    この記事の筆者

    口コミラボ編集部

    口コミラボ編集部

    口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。