山手線の通勤利用、コロナ前の50〜70%で推移 「オフピーク」へのシフト傾向も

JR東日本は、山手線の利用状況がコロナの影響でどのように変動したか、調査を行いました。

利用者の大きな減少がみられたほか、世代や性別、駅の系統、利用時間帯によっても減少率に差があることがわかりました。

関連記事
JRの年末年始予約数 前年比181%に、帰省・国内旅行が回復傾向

山手線通勤利用者、コロナ前の50%~70%

東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)は、ユーザーの改札通過時のSuicaデータをもとに、新型コロナウイルス感染症が山手線の利用状況にどう影響したかを調査し、2021年11月4日に調査結果を発表しました。

山手線の利用者は、感染状況によるものの、コロナ前のおよそ50%~70%で推移していることがわかりました。

同調査によると、年代別では30~40代がもっとも利用を控えており、2020年1月から2021年7月までの減少率は男性が30・40代ともに-42%、女性は30代が-35%、40代が-39%だったとのことです。

シニア層の減少率はほかの世代に比べて低く、2021年1月以降の利用状況回復傾向も顕著でした。

通勤利用者数と新型コロナウィルス感染者数の推移(山手線全駅)
▲通勤利用者数と新型コロナウィルス感染者数の推移(山手線全駅):ニュースリリースより

ピーク時間帯や駅のタイプによる違いも

同調査では東京駅、新橋駅、品川駅などを「オフィス駅」、渋谷駅、新宿駅、池袋駅、上野駅を「商業駅」とし、減少率はオフィス駅より商業駅のほうが低いということもわかっています。テレワークの浸透により、オフィス駅の方が打撃を受けているようです。

また、通勤のピーク時間帯(8時~9時)とオフピーク時間帯(7~8時、9~10時)で比較すると、ピーク時間帯の減少率が大きいこともわかりました。2020年1月の利用者を100%とした場合、山手線全体の平均はピーク時間帯が40%、オフピーク時間帯が32%となっています。

【口コミを売上に変える】最新レポート・セミナーのご紹介

口コミラボ運営会社の株式会社movでは、コロナ禍の影響もあり集客に課題を抱える店舗のご担当者様向けに、

「口コミを集めて売上につなげたい」
「ネガティブな口コミが投稿された…どう対処すればいい?」
Googleマップや口コミ管理をもっとカンタンにしたい」

といったお悩み・課題解決を支援すべく、最新レポートの公開やセミナーの実施などを行っております。

ネガティブな口コミへの対処法を解説


Googleマップなどの口コミは、ネガティブな意見が入ることも・・・。

  • 批判的な口コミが入ってしまった。どうしよう・・・
  • 悪い口コミは消せないの?
  • 返信するときはどういう風に書いたらいい?

本資料では、このようなギモン・お悩みにお答えします。

無料でレポートをダウンロードする

Googleマイビジネスアプリ終了前にやることマニュアル


今後、Googleマイビジネスのアプリが使えなくなるかもしれないということを知っていましたか?Googleは2022年、スマートフォン向けGoogleマイビジネスアプリを終了するとしています。

そこで今回、アプリ終了前に準備しておきたい「Googleビジネスプロフィールをスマートフォンで使いやすくする」ためのマニュアルを作成しました。

無料でダウンロードできますので、ぜひご利用ください。

無料でレポートをダウンロードする

Googleマップ・Googleビジネスプロフィールの最新情報レポート【ローカルSEOニュースまとめ】


毎月GoogleマップGoogleビジネスプロフィール(マイビジネス)などの最新情報をお届けする「ローカルSEOニュースまとめ」です。

主なニュース:

Googleビジネスプロフィール(マイビジネス)をはじめ、ローカルSEO対策に役立つ情報が満載です!ぜひご一読ください。

無料でレポートをダウンロードする


<参照>
東日本旅客鉄道株式会社:コロナの影響による駅利用の変化をSuicaのデータで分析・調査

関連するオススメ記事

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。