陳列棚の品切れをAIが検知 あらゆる商品に対応できる新システムの提供開始

小売業界ではDXの推進により、自動決済やキャッシュレス化、POSレジの導入が進み、消費者の利便性は高まりました。需要の予測や、商品についてのパーソナライズしたレコメンドなどによる販売促進へのデータの活用も進んでいます。

一方、陳列や品出しは変わらず人の目で確認し、手作業で行うことも少なくありません。このような領域での自動化をすすめる「AI品切れ検知ソリューション」が8月11日に提供開始となりました。

商品陳列状況をAIが検知、対応の遅れふせぐ

このサービスは、スーパーマーケットなどの店舗において、商品の陳列状況をAIが自動で確認し品切れを通知で知らせるものです。

商品の陳列が遅れることにより欠品と誤解されたり売れ残りの印象を与えてしまったりし、機会損失や購買意欲の低下に繋がってしまいます。

AIによる状況確認により、店舗はこのような事態の発生を防ぐことができると考えられます。

あらゆる商品に対応できるシステム

「AI品切れ検知ソリューション」仕組み
▲「AI品切れ検知ソリューション」仕組み:プレスリリース

「AI品切れ検知ソリューション」では、商品の外観を認識するという従来のやり方ではなく、商品棚などの背景状況を学習し、そこから在庫がどれほどあるかを把握する仕組みとなっています。

商品外観を学習させる方法と比べ、大幅に学習と解析にかかわるコストが削減されたことも特徴です。

また、外観の学習が不要なことから、頻繁に商品が入れ替わる店舗でも導入が可能となりました。

「AI品切れ検知ソリューション」メイン画面
▲「AI品切れ検知ソリューション」メイン画面:プレスリリース

コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

「コロナで売上がガクッと落ちてしまったから新しい集客方法をやらないと…」「自粛で営業時間が頻繁に変わるがネット上の情報が変えられていない…」そんな悩みを「口コミコム」がまとめて解決します!

\10,000店舗以上が導入!詳細はバナーから/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」を運営する株式会社movが提供する口コミ集客支援ツールです。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。


<参照>
【スマートリテール推進】陳列棚の在庫確認をAIが自動化する「AI品切れ検知ソリューション」の販売を開始|フューチャースタンダードのプレスリリース
AIで陳列棚の品切れを検知、映像解析ベンチャーが新システムの提供開始 _小売・物流業界 ニュースサイト【ダイヤモンド・チェーンストアオンライン】


関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。