テラス席の路上営業特例を延長、コロナ禍での飲食店支援

コロナ禍で打撃をうける飲食店に対し、国や地方公共団体はさまざまな支援策を実施しています。金銭的な補償だけでなく規制を緩和する動きもあり、こうした取り組みは市場の縮小に歯止めをかける効果も期待できます。

すでに2020年から道路占用に関するコロナ特例により規制緩和が進められていますが、9月10日に公開された国土交通省の資料で、この措置を再度延長し2022年3月末まで有効とすることが発表されました。

関連記事
コロナ禍で需要増「テラス席」Googleマップから指定予約が可能に。ヒトサラが「Googleで予約」にて機能追加

道路占用の規制緩和、再度延長 2022年3月まで

国土交通省資料、道路占用に関するコロナ特例について
▲道路占用に関するコロナ特例について:国土交通省

国土交通省は、コロナ対策の特例として認められている道路占用規制緩和を2022年3月末まで再延長することを発表しました。

緩和措置は2021年の9月までの予定でしたが、コロナウイルスの感染拡大が続いている状況を鑑みて、延長されました。

通常であれば、道路を交通以外の目的で使用する際には法令に基づいたさまざまな手続きや占用料の支払いが必要ですが、この緩和策においては、地元の協議会や民間団体が一括で申請した場合に占用料の支払いが免除されます。

国土交通省の発表では、ことし7月の時点で、約170の自治体で適用事例があり占用許可件数は全国で約420件となっています。

関連記事
道路占用基準緩和が開始、「新しい生活様式」に向け3密回避でテラス席・路上テイクアウト販売に期待

テラス席や路上でのテイクアウトによる集客に期待

この規制緩和によって屋外席の設置が可能になります。3密を回避することができ、屋内席に比べて感染リスクを抑えることができます。

夏が終わり屋外で過ごしやすい気候になっていくにつれて、テラス席は店舗の集客力強化につながることが期待できます。

また飲食店の路上利用においては、イートインのための座席の設営だけでなくテイクアウト商品の販売も可能です。

人の目につきやすい路上で商品を販売することで、コロナ禍で高まっているテイクアウト需要の取り込みにも効果を発揮するでしょう。

「ほこみち」への移行も

この措置で設置が許可されるのはテラス席とテイクアウト用の施設です。またコロナ対策を実施し、周辺の清掃に協力する必要があります。

同時に国土交通省では、全国を対象に特例区域での飲食店の道路利用を柔軟に認める歩行者利便性増進道路(ほこみち)制度を施行しており、これへの移行も視野に道路管理者と連携していくことを表明しています。

コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

「コロナで売上がガクッと落ちてしまったから新しい集客方法をやらないと…」「自粛で営業時間が頻繁に変わるがネット上の情報が変えられていない…」そんな悩みを「口コミコム」がまとめて解決します!

\10,000店舗以上が導入!詳細はバナーから/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」を運営する株式会社movが提供する口コミ集客支援ツールです。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。



p><参照>
道路:新型コロナウイルス感染症に対応するための沿道飲食店等の路上利用に伴う道路占用について - 国土交通省

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。