飲食店予約管理システム「ebica」、LINEで予約と連携/予約機会・消費者との接点増加へ

飲食店向け予約管理システム「ebica(エビカ)」を運営する株式会社エビソルは、LINE株式会社が運営する「LINEで予約」と連携することを発表しました。

飲食店予約管理システム「ebica」が「LINEで予約」と連携
▲飲食店予約管理システム「ebica」が「LINEで予約」と連携:PRTIMESより

コロナ禍の飲食業界を後押し

新型コロナウイルス感染症の拡大が収まらない中、飲食店では長期にわたり休業・営業時間短縮・酒類提供自粛など、様々な対応が求められています。また、消費者も外出自粛を心がけ、貴重な外食機会においては、店舗の評価や感染対策、さらには空席状況なども事前に確認する傾向がみられるようになりました。

このような厳しい状況を受け、エビソルは「LINEで予約」と連携することを発表しました。LINEアプリは月間アクティブユーザー数が8,900万人(2020年6月時点)にも及ぶため、今回の連携により消費者(ユーザー)との交流機会の増加や予約機会の増加が期待できます。

予約管理だけでなく、リピート促進も

飲食店向け予約管理システム「ebica」は、ネット予約管理と電話予約を自動化し、業界初のグルメサイトコントローラーを利用することで、ネット予約の自動取込や空席情報の自動反映を実現します。飲食店の業務効率化やスタッフの負担削減、予約ミスの防止が期待できます。

また「LINEで予約」は、消費者(ユーザー)がLINEアプリ内だけで飲食店の予約をできるサービスで、飲食店の公式アカウントのプロフィールから、オンラインやトーク画面を通じて行います。

今回、「ebica」が「LINEで予約」と連携することで、「ebica」利用者はLINEからも予約を受け付けることが可能になり、さらなる予約の増加やLINE公式アカウントの友達増加が見込めます。

友だち追加をしてもらい、メッセージを定期的に送ることで、再来店を促すことも可能です。

「ebica」と「LINEで予約」の連携が、コロナ禍で減少した利用客や売り上げを取り戻す機会になるかもしれません。

コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

「コロナで売上がガクッと落ちてしまったから新しい集客方法をやらないと…」「自粛で営業時間が頻繁に変わるがネット上の情報が変えられていない…」そんな悩みを「口コミコム」がまとめて解決します!

\10,000店舗以上が導入!詳細はバナーから/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」を運営する株式会社movが提供する口コミ集客支援ツールです。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。

<参照>
PRTIMES:飲食店予約管理システム「ebica」、LINEアプリで飲食店の予約作業が完結する「LINEで予約」と連携

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。